呑むさんの九州の蝶図鑑・16

今日は良い天気の一日でしたが・・・・・
昨日より気温もあがりそうとは言え・・・・
蝶が飛びそうな気温ではありません。

と、言うことで今日も完全休養日にいたしました。
で、画像がないので・・・掟破りではありますが・・・・
ま、ええか(笑)。

リュウキュウムラサキ、ひょっとしたら一番好きな蝶かも知れません。
同じ”紫の幻光”の蝶の中でも、何故かこの蝶の紫が一番好きです。

初めて見たのは1976年7月の屋久島でしたが、この時はちらっと
眺めただけでした。
そして、初めて手にしたのは1995年8月の与那国島でしたが・・・・
その妖艶な紫を間近に見た瞬間・・・・・・脳みそがとろけましたね(爆)。

八重山で見るこの蝶はどれ一つとして同じ模様がない感じで、変異を
楽しませてくれますね。

生態画像 2007年9月17日 鹿児島県揖宿郡頴娃町(現南九州市)
標本画像 ♂ 上段左1998年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)ブリブチ
         上段右 2001年5月21日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)ブリブチ
         下段左 1996年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(竹富島)冨嘉
         下段右 1996年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(竹富島)冨嘉
       ♀ 上段左 2001年5月21日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)ブリブチ
         上段右 2001年10月7日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)ブリブチ
         下段左 1998年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)南
         下段右 1998年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(波照間島)ブリブチ
c0065260_1892657.jpg
c0065260_1893737.jpg
c0065260_1894744.jpg

by nomu376 | 2008-12-07 18:11 | | Comments(20)
Commented by kenken at 2008-12-07 19:22 x
♀の右側の個体達って、少し赤の部分がありますよね。実は、リュウキュウムラサキの♀も、場合によっては遺伝子の関係で、メスアカムラサキの♀のように、カバマダラ系に擬態した個体が出現しうるのです・・・ってな発表が、いずれどこかであるような・・・
(うおっと、これ、H・レイスさんかっ?誰かの擬態か?)
Commented by nomusan at 2008-12-07 21:15 x
kenkenさん、下段右の個体は飛んでるときから赤い部分が見えて、心臓バクバクになりました(笑)。海洋島型なんて可能性あるかもですね(笑)。
(はいな、これは擬態ではなくほんまもんのレイスさんです(笑)。)
Commented by EM@67 at 2008-12-07 22:38 x
リュウキュウムラサキに反応してしまいました。67年の屋久島合宿で初めて採集しましたが同期のK君がパラオ型を採集しました。当時は超がつく珍品でした。まだ沖縄が返還されていなかったので私達には夢のチョウでした。K君に頼んで三角紙から出して見せてもらいました。翌年、奄美大島の赤尾木?の小学校の校庭で見つけましたが全力疾走の甲斐なく逃げられました。その後今に至るまで自然界では見ていません。呑むさんの標本箱の♀のオレンジがかった個体が1頭ではないのに昔の蝶屋は衝撃を受けました。右下の個体がパラオ型に近いのでしょうか?
Commented by nomusan at 2008-12-07 23:04 x
EM@67先輩、そうですね、この個体はパラオ型の特徴が良く出てるかなと思います。その上の個体は同じ場所で2年後に採ったものですが、こうなるとパラオが混じってるのかな?って感じになりますね。八重山ではいわゆる大陸・台湾・フィリピン・パラオ(赤班)型が雑交して、その子孫達がそれぞれまた雑交して・・・・って感じできちんと「○○型」って決めれない個体が多いように思えます。右下の個体は飛んでる時から赤いのが見えまして、心臓バクバク、滅茶苦茶興奮しました(笑)。トップクラスのお気に入り標本です。
Commented by ダンダラ at 2008-12-07 23:24 x
そういえば、昨年はこの生態写真を拝見したような気がします。
今年は現れなかったのでしょうか、それとも探しに行かれなかったのかな。
こんなのが自分のフィールドを訪れてくれたら、感激しますね。
Commented by thecla at 2008-12-07 23:33 x
今日は寒いですね~、私も引きこもってPC周りのおそうじなんてしておりました。
リュウキュウムラサキの生態写真撮ってみたいものです。
Commented by ブルメイ at 2008-12-07 23:45 x
赤班型、良いですねー。八重山には長年通っていたのですが、赤斑(パラオ)型を見たのは波照間島で一回だけです。石垣、西表では赤班型は一度も見たことがありません。波照間は赤班型が出やすいのではないかと思っています。しかし、そのとき何を血迷ったか、振り逃がしてしまい、今もそのときの悔しさが忘れられません。ああ残念。
Commented by imai at 2008-12-07 23:56 x
「はぁ~」リュウキュウムラサキ溜息が出てしまいます。これにメスアカムラサキ冬眠が長かったせいか、両種共まだお目にかかった事が有りません。正に憧れの蝶であります。来年こそは鹿児島のあの山に!
Commented by luehdorf at 2008-12-08 00:19 x
急いで「標準図鑑」を取り出して見比べました。そして、呑むさんが「惚れる」理由が分かりました。
出会ったら、確かに「心臓バクバク」で追いかけそうです。

そうかぁ、レイスさんもこの技を得意にしてましたっけ…。
Commented by luehdorf at 2008-12-08 09:41 x
昨晩書き落としました。
↓吉永小百合さんは、ラジオドラマでは千葉周作の娘「さゆり」役でした。
主題歌はトリオスカイラインのリーダーだった、故東八郎氏(「アズMAX!」とかやってる、東貴博の父上)が、酔っ払いの真似をしながら、♪バンガレ強いぞ僕らのナマカ…♪ってやっていたのが面白かったもので…(笑)。
Commented by nomusan at 2008-12-08 19:35 x
ダンダラさん、昨年は鹿児島に9月と11月に行って、どちらも見れたのですが、今年は11月に行きましたが、残念ながら見れませんでした。その代わり今年は初めて福岡県で見れたので、裏面しか撮れませんでしたが満足しています。迷蝶狙いはギャンブルに似て、あたるとやたら嬉しくて抜け出せなくなってしまいますよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2008-12-08 19:40 x
theclaさん、今年は暖冬って言ってたような気がするのですが・・今日も寒かったですね。リュウムラ、九州では一応迷蝶ですが、毎年のように何処かで一時発生してるみたいですね。前の年見れたけど翌年は見れない・・・・・迷蝶はだから見れると嬉しいですよ(笑)。
Commented by nomusan at 2008-12-08 20:22 x
あ、ブルメイさんだ。お元気ですかぁ~(笑)。私も赤いのは波照間で見たこの2頭だけです。むむ、振り逃がされたとな・・・。ひょっとしたらこの赤いやつはその子孫かもしれませんねぇ~(爆)。
>今もそのときの悔しさが忘れられません。ああ残念。
 よ~くわかりますよ! この世界に長くおりますと、誰でも1回や2回、3回や4回はこんな思いをしているのではないでしょうか・・・・。けど、パラオとは・・・・って塩すり込んでどうする(爆)?
Commented by nomusan at 2008-12-08 20:26 x
imaiさん、鹿児島とは言わずに、一気に八重山まで行かれてはいかがでしょうか(笑)? さすれば私が南方御三家と呼んでるリュウキュウ、メスアカ、ヤエヤマムラサキが一挙に見れるかもしれませんよ~!さらにマルバネルリマダラ、シロオビマダラ、etc・・・。そして夜は泡盛で”ああこりゃこりゃ”それはもう極楽でございますよ。
・・・ただし、はまってしまうと社会復帰出来なくなる恐れもありますが・・・(笑)。
Commented by mmerian at 2008-12-08 20:27
一番上って・・あそこですね!私が凄い迷蝶を見た場所!!
まさか、その正体が大型サツマニシキだったとは(汗
御世話になりました~
Commented by nomusan at 2008-12-08 20:33 x
luehdorfさん、例えばオオムラサキのムラサキが”清く・明るく・正しい”ムラサキだとすると、リュウムラのムラサキは”妖しく・艶めかしく・あだっぽく”脳みそをとろ~りと溶かしてしまうのですよ~(笑)。先日も写真撮るために久々に標本箱眺めてたらちょっと危なかったです(爆)。

レイスさん、後半はダイビング・ヘッドを極めに使ってましたが、若い頃は結構これ使ってたような気がします。
Commented by nomusan at 2008-12-08 20:39 x
luehdorfさん、私・・・・・・赤銅鈴之助ってほとんんど記憶にないのですよ~・・・。なので・・・誠に申し訳ないのですが今回のコメントにはちゃんとレス出来そうにありません・・・・。あ、東八郎さんはうっすらと憶えてますよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2008-12-08 20:42 x
mmerianさん、はい、”謎の青光りする迷蝶”のあそこでございます~・・・・。いや、あれはでかいサツマニシキでしたね(爆)。けど、正体がわかって良かったですね(笑)。昨年の9月には6~7頭いたんですけどね~・・・。お見せできずに申し訳ありませんでした・・・。
Commented by itsuki at 2008-12-09 00:15 x
憧れのリュウキュウムラサキ・・・・・
 ただ・・ただ 見入ってしまいました
 この妖艶な紫の輝きは飛んでる時でもはっきり見えますね
 6年間で数度目撃していますが 手にしたことがありません
 秋の遅い時期にやや高いところを飛ぶ大きめの固体が
 メチャ光って見えました

 今年も地元の友人が撮っています
 まだ可能性がありますよ~~~
Commented by nomusan at 2008-12-09 05:45 x
itsukiさん、採集してる時は、ほんの一瞬しか見れませんが、撮影はじくり見れるって言う楽しみがありますね。流石にこの蝶はそう何回も撮れませんし、今年は裏しか撮れなかったのですが、肉眼では結構表のムラサキを楽しめました。ってちょっと言い訳っぽいかな~(笑)。
<< ヒメウラナミジャノメ@小城市 完全休養日@自宅 >>