呑むさんの九州の蝶図鑑・20

うう~・・・・・・・
また降ってきました・・・・。
明け方にかけてかなり降るとか・・・・
流石に、どないかしてくれ~って感じですねぇ・・・。

今日は終日降ったりやんだり・・・・
昼過ぎにはちらっと陽も射しましたが・・・・
たっぷり水を吸った山間に行く気にはなれませんでした・・・。
と言うことで、休養日になってしまいました・・・。

画像がありません。うう・・・・オフのネタがまた一つ減ってしまう・・・。
ウスキシロチョウ、私が蝶を始めた頃はギンモンウスキチョウとムモンウスキチョウでした。
個人的には、ギンモン・・・ムモン・・・の呼び方の方が好きだな(笑)。
もちろん迷蝶ですが、南九州では毎年見れますし、気が向けば一時的に発生したりしてますね(笑)。
生態画像はどちらも2005年10月9日 鹿児島県揖宿郡山川町(現指宿市)岡児ヶ水
c0065260_207867.jpg
c0065260_207206.jpg


標本画像①左・1996年7月20日、右・1996年7月27日 ともに長崎県西彼杵郡野母崎町(現長崎市)脇岬
c0065260_2073344.jpg

個体の鮮度から見て、多分一時発生したのでしょう。
標本画像②左・①の右と同一個体。右・1996年11月3日 沖縄県八重山郡竹富町(竹富島)西屋敷
c0065260_2075343.jpg

私、赤い♀持っていません。
標本画像③
左・1995年10月8日 鹿児島県名瀬市(奄美大島)拝山 右・1993年9月24日 鹿児島県名瀬市(奄美大島)らんかん山
c0065260_2082754.jpg

ムモン型です。
by nomu376 | 2009-07-25 20:09 | | Comments(16)
Commented by Noreen05 at 2009-07-25 22:50
そちらも雨降りなのですね~こちらも降りっぱなしです(泣)
ウスキシロチョウってギンモン型とムモン型とあるのですね~色や斑紋も様々あるようで面白そうです!逢えるとは思えませんが・・・・

先日コメントし損なっていたのですが・・・「エルマーと16ぴきのりゅう」愛読書です!「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」も・・・・最近は読んでいませんが何度も繰り返し読んだものです!
Commented by nomusan at 2009-07-25 23:20 x
Noreenさん、そちらも雨ですかぁ~・・・。せめて週末くらいは何とかして欲しいですよね~・・・。
ウスキシロチョウ、ちょっと馴染みがないですよね(笑)。ギンモン、ムモンは裏面に紋があるかないかで昔は別種扱いでした。あと、ギンモンは②の裏面の茶色っぽいところが、かなり濃い赤茶色が発達する個体があるのですよ。お見せできないのが残念です・・・。

おお、「エルマー」の3部作、愛読書ですかぁ! これ、面白いですよね。私も何回も読み直したものです。実は「エルマーのぼうけん」、「エルマーとりゅう」の画像も用意していたのですが、竜の絵が載っていたのが「16ぴきのりゅう」だけだったので、これにしたのでした。いや、嬉しいなぁ(笑)。
Commented by luehdorf at 2009-07-26 01:43 x
「降る!」と言われて歩いて仕事に行ったパートナーが、「まるであてにならない…」と…。
ホント、ミョーな天気が続いております。

このところ、睡眠薬代わりに「横山図鑑(’64刊)」を読んでおります。
ウスキは本編では「ウスキシロチョウ」、増補部分に「ギンモン」と「ムモン」が分かれてまして、「ムモン」が「ウスキ」と同じ学名になってます。
当時は迷蝶扱いされていたんですね。

キーロックを後転して返し、膝を支点にして持ち上げる。
高校時代に練習した記憶が…。
でも、ジャンボさんをここまでかつぐとは…。
で、ダレでしたっけ…(涙)。
ジャンボさん若いなぁ…。
Commented by nomusan at 2009-07-26 07:04 x
luehdorfさん、こちらはまともに予報が当たり、今もかなり激しく降っております。県内ではかなり被害も出ており、マジで心配です。

手持ちの図鑑では、’66に発刊された「標準原色図鑑全集1 蝶・蛾」、’72年に発刊された「原色日本昆虫生態図鑑Ⅲ チョウ編」ではギンモンウスキチョウCatopsilia pomonaとムモンウスキチョウCatopsilia crocaleに別れており、’76年に発刊された「原色日本蝶類図鑑」ではウスキシロチョウCatopsilia pomonaで同一種になっています。
当時は沖縄でも迷蝶だったようですね。

>高校時代に練習した記憶が…。
何でこれを”練習”されたのでしょうか(爆)。
luehdorfさん、お仕事のしすぎでは・・・私のご贔屓ジョナサンさんをお忘れになるとは・・・(涙)。ジャンボさんをこの状態で担ぎ上げるなんて、そんなにできるもんではございません(笑)。
Commented by itsuki at 2009-07-26 07:34 x
ギンモンウスキチョウ・・・・・懐かしいです
 この蝶は高校2年の夏の終わり・・・頃 今、ボルネオで遊び呆けてる先輩が
 採集して 大いに刺激されました
 この頃 先輩はサツマシジミも採集して とても羨ましかったです
 当時見せてもらったギンモンウスキはとても綺麗な固体でした
 その後 ボクも2回目撃したことがありましたが採集できませんでした
 
Commented by nomusan at 2009-07-26 10:10 x
itsukiさん、私が初めてこの蝶を見たのは大学1年の夏に行った屋久島で、見つけた瞬間その蝶は先輩のネットの中に・・・。見せてもらうと綺麗なギンモン♂でした(笑)。
九州にいるとかなりの確率で見れる蝶になりましたが、今でも見るとときめきますね。びゅーんと飛んでいくのを「あっ」って見送るのがほとんどですが(笑)。
 
Commented by kk at 2009-07-26 15:27 x
こちらもずーっと雨ですが、北九州はすごいことになっていますね。nomusanさんのところは大丈夫ですか?
北海道のシロチョウは、エゾシロをはじめとしてどれもふわふわゆっくり飛ぶので、初めて沖縄に行ったとき、ウスキシロチョウやツマベニチョウがびゅーんと飛ぶのを見てびっくりしました。同じシロチョウ類でも北と南ではこうも違うのだなと感心しました。
おかげで撮影はさっぱりでしたが。
Commented by thecla at 2009-07-26 17:38 x
九州の雨は本当にすごいことになっているようですね。これ以上被害が拡大しないことを祈ります。
一瞬、「迷蝶始めました」シリーズ開始か?と思ってしまいました(笑)スタートは秋でしょうか。
Commented by 婆・まっちゃん at 2009-07-26 19:24 x
 こんばんは。
皆さん褒めるから、また降ってきたではあ~りませんか。(笑
これほど降られると、蝶がどこかへ飛んでいきそうです。

カメラの使用は我が家のみ。
よって、「肉」の画像しかありません。(爆

そうだ、クロセセリが遊びに来てくれてたんだ!
Commented by nomusan at 2009-07-26 20:56 x
kkさん、私の地域は大事なくどうやら、やまを越えたようですが・・・。県内でもかなり被害が出てしまいました・・・。これ以上ひどくならないように祈るだけです・・・。
そうですね、南方のシロチョウは・・・ウスキ、ツマベニ、ナミエ・・・皆ダイナミックに飛び回りますよね~。まだまともに撮れていません・・・。
Commented by nomusan at 2009-07-26 20:58 x
theclaさん、北部九州は本当にひどい被害が出てしまいました。これ以上ひどくならないように祈るだけです・・・。
そうですね・・・早くて8月・・・おそらく9月に入ってからですね(笑)。宮崎と鹿児島では今年もすでにクロマダラソテツが発生していますよ~。
Commented by nomusan at 2009-07-26 21:00 x
まっちゃんさん、よく降りましたね~・・・。そちらは大丈夫でしたかぁ~。
この二日、ほとんど引き篭もり状態でした。もうそろそろ梅雨明けといきたいところですね~。

クロセセリですかぁ、まだ見ておりません・・・。
Commented by fanseab at 2009-07-26 22:36
九州北部の大雨はようやく峠を越えたのでしょうか?
心配ですね。ウスキシロ、幼虫画像が珍ですね。
食痕を見ると左右対称に食い切るのが特徴ですかぁ~メモメモ。
Commented by nomusan at 2009-07-26 23:09 x
fanseabさん、どうにか峠を越えたようで、明日は午後から晴れマークも出ておりますが・・・。その後はまた曇り~雨の予報です。心配です・・・。
基本的に成虫のみの追いかけなので・・・よっぽど幸運に見つからないと幼虫は撮れません。この時はたまたま・・です(笑)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-07-29 12:33 x
まとめて こんにちはです

シロチョウ科とは思えないような迫力のちょうですね。
ツマベニほどではありませんが。
この仲間のチョウたちは、東北地方の者にはまるで見たこともない、しかし、このチョウだけ狙って見に行こうとは思わないチョウさんたちです。
九州へ旅行でもしたら、時期が合えば、お目にかかれるチョウなんだと思います。

でも、私はこういうのは好みです。つまり、ツマベニさんのように派手じゃないのに、よくみるとしっかりシックなチャームポイントは持っているみたいな。この幼虫は飼ってみたいですね。スネーク系ですね。
Commented by nomusan at 2009-07-29 22:15 x
カトカラおんつぁんさん、まぁ、迫力あるシロチョウと言えば何と言ってもツマベニですね~。初めて見たときはびっくりしました。とにかく速い!あと、南方系のシロチョウはやっぱり速いですね。ナミエシロなんて、絶対採れないって思いました(笑)。

ウスキシロは、秋以降に南九州へ行けばかなりの確率で見れると思います。この蝶はええですよ。個人的には♂の表の何とも言えないレモンイエローが大好きです。幼虫もお手頃の大きさかもしれません(笑)。
<< 完全休養日@自宅 『7月24日』 >>