呑むさんのお気に入り迷蝶図鑑・7

あ~・・・・・・今日はよく寝ました(笑)。

いつもより遅く、7時半過ぎに起きて、新聞読んで朝食食べて・・・・。
さて、どうしようかと思っていると何となく眠たくなったので・・・・至福の二度寝です。
目が覚めると12時半でした・・・・。
この時間からお出かけする気にはなれず、のんびり読書と音楽鑑賞・・・。良い休日でした(笑)。

と言うことで、今日は標本画像です。シロウラナミシジミ、この蝶も憧れの蝶でした・・・。
1993年春の八重山で復活した後、諸事情によって2003年以降ご無沙汰の沖縄~八重山ですが、それまでは平均すると年に1回くらいは行っていました。しかし、この蝶とはなかなか会えませんでした。行けるときと発生とのタイミングがなかなか合わなかったのです。

ようやく会えたのは2000年の秋でした。前日に与那国島でコモンタイマイを採って、翌日は福岡へ帰る予定だったので、その晩は石垣島へ戻っていました。で、お宿で一緒になった蝶屋さんのお話しによると、どうやら石垣で発生しているらしいとのこと。この時は情報が入ってなかったので、もうドキドキです。当日は、14時発の直行便だったので、朝食もそこそこにして同泊の方と3人して某所へ・・・・。

で、食草の付近をうろうろしていると、いきなりやや大型のシジミが飛び出したので、驚きながらもネット一閃。間違いない!と思いながらも半信半疑でネットの中を確認すると・・・・輝く水色が目の中に・・・!もう感激でしたね。人と一緒でなければ間違いなく「やったー!」って叫んでましたね(爆)。画像が拙くて綺麗さをお伝えできないのが残念です・・・。
1枚目と3枚目は同一個体。2000年10月31日 沖縄県石垣市(石垣島)。
2枚目は2001年10月6日 沖縄県石垣市(石垣島)
c0065260_18475955.jpg
c0065260_18481058.jpg
c0065260_18481963.jpg

by nomu376 | 2009-11-28 18:49 | | Comments(8)
Commented by ブルメイ at 2009-11-28 22:33 x
私も与那国で初めて採集したときは非常にうれしかったです。雨模様の中、ずぶ濡れになりながら、一日探し回ったものです。その後、小浜島でも採集。数年後、石垣島のウコン畑で大発生したときは、ずいぶん簡単に採れてしまうので、何だか拍子抜けしてしまいました。迷蝶の発生は予想が付かないものですね。
Commented by nomusan at 2009-11-28 23:33 x
あ、ブルメイさんだ、お元気ですかぁ~(笑)。何と、与那国と小浜でシロウラナミですかぁ。私はそれこそ、石垣島のウコン畑で発生したやつしか採っていませんが、幸か不幸か大発生って感じではなかったので、かなり感激しましたよ(笑)。

>迷蝶の発生は予想が付かないものですね。
そう、だから楽しいのですけどね(笑)。
Commented by luehdorf at 2009-11-29 00:41 x
妖しい水色です…。
ミッションKの酔乱の夜の、K様の「南へも行きましょうよぉ~!」という、やはり妖しいお誘いの言葉が甦ります。

このビルドアップされた上半身、思わず40年前の自分を思い出しました。それにしても今は…(爆)。
面影がありますねぇ~。バックランドさん!
Commented by nomusan at 2009-11-29 06:49 x
luehdorfさん、
>妖しい水色です…。
そうなんですよ、妖しく脳みそをとろ~りととろけさせてくれる魅力が、南の蝶にはあるのですよ~(笑)。一度行ったら・・・病みつきになりますよ。

>このビルドアップされた上半身、思わず40年前の自分を思い出しました。
はい、いつぞやの”青春画像”を彷彿とさせてくれますね。まさにbefore and・・・(爆)。問題としては優しすぎましたね~(笑)。
Commented by OIGATO at 2009-11-29 20:03 x
呑むさん、こんばんは
呑むさんのお気に入り迷蝶図鑑の蝶はどれも・・・
普通種マニアの私には目の毒です(笑)
透き通る様な妖艶なブルー 実物はさぞや美しいのでしょうね~♪
Commented by kk at 2009-11-29 20:45 x
こんばんは。私は迷蝶には縁がないのですが、シロウラナミシジミは台湾で見ました。「輝く水色」、美しかったです。今でも目に焼き付いています。多くの蝶がそうですが、生きているときの美しさは標本には表れないものですよね。写真にも表れないし、記憶の中に一番美しく保存されますよね。
Commented by nomusan at 2009-11-29 22:18 x
OIGATOさん、
>普通種マニアの私には目の毒です(笑)
はい、まっとうな人生を送るには、この世界には足を踏み入れない方がよろしいですよ~。”やいまのやまい”は根治不能と言われてますので(爆)。
この蝶、とまってるときは開きません(多分)。実物はこの画像の何倍も綺麗ですよ。もっと水色が明るく輝いています。
Commented by nomusan at 2009-11-29 22:22 x
kkさん、
>多くの蝶がそうですが、生きているときの美しさは標本には表れないものですよね。
はい、私も”蝶は野外で生きているのを見るのが一番美しい。”と思います。もちろん、標本にしてみなければ見えてこない面もあるとは思いますが、やはり、生息している環境で生きた個体を見るのが一番綺麗だと思いますね。
撮影については、私のレベルでは発言する言葉を持ちません。

けど・・・綺麗ですよね~、この蝶!
<< 今日は無題ですな クロマダラソテツシジミ@佐賀県 >>