はじめてのやいま・その2

今朝は冷え込みましたね~・・・。
福岡県内でも、最低気温が氷点下になったところもあったとか・・・。
まぁ、今日は”大雪”、いよいよ冬の訪れですね・・・。

”はじめてのやいま”、気が向くうちは続けますね(笑)。

さて、一夜明けて3月10日。この日から西表島へ移動です。イリオモテヤマネコやカンムリワシが棲む秘境の島・・・・。もちろん、見れるわけないのですが憧れの島でした。で、この話は昭和52年、今から32年前の話しです。当時は高速船もなく、石垣港から舟浦港まで4時間くらいかかりました(今は1時間)し、もう揺れるの揺れないのって・・・・。そりゃぁ、大変でした。ひたすら荷物の上に腰掛けてじっとしておりましたね(笑)。港も確か待合所もなく、ただ桟橋があるだけって感じでしたね。もちろん舗装道路なんてありませんでしたし、たまに車が通るともうもうと土煙がまいあがっていたような・・・。確か、島の東部と西部は道路で繋がっていなかったと思います(この話はわかる人にはわかる?かな)。

で、まずはお宿に荷物を置いて、早速活動開始です。この日一番感激したのは、カラスアゲハ(八重山諸島のカラスアゲハ、今はヤエヤマカラスアゲハと分類される事が多いと思いますが、ここでは便宜上カラスアゲハにします。)でした。実は初めてのカラスアゲハでした。子供の頃、家の近所で見れる黒いアゲハはナガサキアゲハがほとんどで、たまにクロアゲハやモンキアゲハが見れるくらいでした。カラスアゲハなんて滅多に見れませんでした。なので、カラスアゲハは高嶺の花的な存在だったのです。ちなみにミヤマカラスアゲハなんて・・・“自分には縁がない蝶“でしたね(笑)。

前年の秋にT先輩に標本を見せて頂き、その美しさや採集行にまつわるエピソードを聞かせて頂いて“蝶屋になるんだ。”と誓った私でしたが、実は不安で一杯でした。“こんな綺麗な蝶を、ほんまに自分で採れるんか?、その前に見つけられるんか?”・・・・・全く自信がありませんでした。

それが、西表に来たら目の前をカラスアゲハが飛んでいます。そして、採る事が出来ました。これはかなりの感動でした(笑)。そして、その時こう思ったんですね“どんな蝶でも、その蝶がおる所に行ったら採れるんや。”って・・・。当たり前すぎることで、「何言うてんねん?。」って笑われるかも知れませんが、全く知識も経験もない当時の私には新鮮な感激だったのですよ(笑)。ちなみにこの時「カラスアゲハで一種類増えました。」と言うと皆さんから「ええなぁ~。」って祝福してもらいましたよ(爆)。

この日のお初は・・・カラスアゲハ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウヒメジャノメでした。

画像は久々の(ほんまでっせ)お昼休み画像です。いつもの公園で・・・。
c0065260_20362845.jpg

by nomu376 | 2009-12-07 20:40 | なんやかんや | Comments(20)
Commented by maeda at 2009-12-07 21:38 x
私は沖縄本島以南のを知りません。本島も観光で数日居ただけです。
さぞかし楽しいのでしょうね。
来年は行くかもしれません。
Commented by Mura at 2009-12-07 22:30 x
当時は、東と西は通じていませんでしたね。
東部は大原から古見の先まで。
西部は船浦から白浜までだったと思います。
だから両方に行くとしたら、一度石垣港に戻る必要がありました。

懐かしいですね。
Commented by kk at 2009-12-07 22:32 x
こんばんは。私はnomusanさんとは逆で、幼い頃から黒いアゲハと言えばカラス、ミヤマカラスでしたので、九州や沖縄に行ったとき他の黒いアゲハがわんさか飛んでいるのを見て驚喜しました。次から次から飛んでくるものを片っ端から捕りました。捕っているうちに慣れて来て初めのうちに捕ったスレ個体をリリースする余裕ができてくるとあまりありがたい感じがしなくなったものです。北海道のカラス系よりももっと普通種たちなのだと気づいたら急に興味が失せたような、我ながらげんきんさにあきれたというか、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざの意味を実感したというか、そういう思い出があります。採集を止めた今、また違う目で沢山飛んでくる黒いアゲハたちをもう一度見て(撮影して)みたいと思っています。
Commented by miyagi at 2009-12-07 22:40 x
私は西表は先月が初でした。石垣港から大原港まで30分そこらだったと思います。林道まで舗装されていましたので今回、イメージが大分修正
されました(笑)でも本島とは趣や蝶相も違い良かったです。いつか又でかけてみたいと思っています。
Commented by pulala-2 at 2009-12-07 23:19
わぁ~っ!カワセミですね!
さすが川の宝石!コバルトブルーがとても綺麗です!
何年か前、川の対岸に飛んできたのを見たことがありますが、
遠くからでも宝石のように輝いて・・それはそれは綺麗でした☆
写真を撮ったのですが、ゴマのように小さく写っているだけで
トリミングしてもカワセミとはわからない画像でした・・(>_<)
この鳥をお昼休みに見られるなんて~いいなぁ~
一度近くで見てみたい・・そして写真を撮りたいです☆
Commented by itsuki at 2009-12-08 00:16 x
やいま・セカンドステージ・・・・・
 昭和52年ですか・・・
 僕は その頃、仕事が忙しい時期でしばらく中断していた頃ですね
 56年から再開して近隣のポイントで採集していました
 その頃 tsuisouを読んでいて 南の島に憧れていましたね・・・・・
 56年の宮古島に行きましたが 3月末で蝶は見られずに帰りました
 
 昼休みにカワセミをゲットですか・・・・・・驚きですね~~♪
 OFFの今の時期は鳥もいいですねぇ~~
Commented by nomusan at 2009-12-08 05:56 x
maedaさん、お、来年と言いますと、もうすぐではありませんかぁ?
個人的感想ですが、本島と八重山は違う場所のように思えます。
また観光で行く場合と蝶で行く場合も・・・。
楽しいですよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2009-12-08 06:00 x
Muraさん、やっぱりそうでしたね。ありがとうございます。この時は西部に滞在して、主に白浜あたりをうろうろしてたように思います。西表は、その後’96年に19年振りに行きましたが、変貌ぶりに驚かされましたよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2009-12-08 06:04 x
kkさん、そうですかぁ・・・・・・。私が、いつの日か一度は見てみたいと念じてやまぬ、北の大地の美麗ミヤマカラスを・・・・・・私がナガサキアゲハを見るような感覚でみて育ってこられたのですねぇ・・・・。九州のミカラ、きっとミカラには見えなかったでしょうね(爆)。
Commented by nomusan at 2009-12-08 06:13 x
miyagiさん、西表は、このあと’96年に19年振りに1回行きました。その時にはもう道路はすっかり舗装されて、観光バスまで通っていたのには驚かされました。そして、かくいう自分も、昔はほとんど徒歩で歩いた場所をレンタカーで廻っておりましたが・・・何カ所か、昔と同じ雰囲気の場所もあって、とっても懐かしい感じがしましたねぇ~。また行きたいです。
Commented by nomusan at 2009-12-08 06:18 x
pulalaさん、カワセミは大好きです。いまだにこのブルーが目にはいるとドキッっといたしますよ。で、”川の宝石”と書かれておられるように、私も数年前までは結構山間の渓谷に行かないと見れない、と言うイメージがあったのですが、佐賀県南部では結構平野部に近い池にもいるのですよ。ここも佐賀市内の市民の憩いの場的な公園なのですよ。イメージが変わっちゃいましたか(笑)?
Commented by nomusan at 2009-12-08 06:26 x
itsukiさん、石垣まで行けば3月上旬くらいでもそこそこ蝶がみれるようですが、沖縄と言ってもやっぱり春先はあまり蝶は多くないみたいですね。夏~秋が数も種類も多いようですね~。南の島は・・・ええですよねぇ~(笑)。

カワセミは、↑にも書きましたが、結構身近で見れるのですよ。
少なくとも珍しい鳥では無いようです(笑)。
私のコンデジでは・・・・鳥は厳しいです・・・。
Commented by ブルメイ at 2009-12-08 08:48 x
何年も通い詰めるうち、イリオモテヤマネコもカンムリワシも見ました(笑)。
大学2年で初めていった西表、移動手段はレンタサイクルでした。もう東部と西部はつながっていました。
異常なほど大発生していたヤエヤマムラサキや、アオタテハモドキ、ルリウラナミの美しさに感動し、ウスアオオナガウラナミシジミに至っては、これ何?としまびと氏に聞き、迷蝶?迷蝶って何?というレベルでした。その後、迷蝶目当てに毎年訪れるようになるとは思いもしませんでした(笑)。
Commented by ダンダラ at 2009-12-08 11:05 x
八重山、懐かしいです。
私の場合はさらにそれより数年前に行っただけで、何の情報もなかったので宿の周囲を散策しただけでした。
それでもずいぶんたくさんの蝶が撮影できました。
実はこの年末にちょこっと行ってきます。
冬なのでそれほどの蝶はいないと思いますが、数年先に時間が取れたときのために土地勘を養ってこようと思います。
Commented by luehdorf at 2009-12-08 14:44 x
先日、池袋のジュンク堂に行きました。熱心にチョウチョの本を読む小学生が…。
思わず「チョウチョが好きなんだ?」って聞くと、「えぇ」と…。
「何が好きなの?」、「マルバネルリマダラです」、「ずいぶん南へ行かなきゃ行けないから大変だ」、「9月に行って採ってきました」…。参った!(笑)
さてさて、ボクは「還暦八重山デビュー」を目指しましょうか…。

このカワセミ君の視線の先には何が…?
ホント、いい色だなぁ~。

やっぱりこれですよね。「あのこと」があるから、コワルスキーさんがトップロープに上ると、恐ろしさを感じました。
Commented by nomusan at 2009-12-08 20:17 x
ブルメイさん、おお、カンムリワシはともかく、ヤマネコもご覧になりましたかぁ。それは凄いですね。ええなぁ~・・・。我々は、集落で猫を見かけては、「おお、イリオモテイエネコやっ!」って騒いでましたよ。って、これはネタです(笑)。え~・・・私より○歳若いブルメイさんなので(笑)・・・そうですか、その頃には東部と西部は繋がっていたのですねぇ~・・・。私は西表はこのあと19年後に行って、結局2回しか行っていません。いつかまた行きたいですねぇ~。
Commented by nomusan at 2009-12-08 20:21 x
ダンダラさん、久々のやいまですか?もし、この時より前に行かれて、それ以来だったら・・・・びっくりされると思いますよ~(笑)。年末に下見ですかぁ、ええですね。私も11月初旬よりあとには行った事ありません。それなりに寒いのでしょうかねぇ~(笑)?
Commented by nomusan at 2009-12-08 20:27 x
luehdorfさん、おお、やりますか?”ルーさん還暦祝い@やいま”(爆)。
けど・・・・若い蝶屋の卵がいるのは喜ばしい事ですが・・・・小学生でマルバネってのは・・・・ちょっと生意気ですな(爆)。

眼下には池の水面があったのですが・・・この時は何を見ていたのでしょうか・・・・もの思う冬のひとときって感じでしょうかね?

私は例の、デストさんにビンタ喰らった時は見ていないので、まともに見たのはS46年の秋でした・・・。この画像も多分その時のではないかと思うのですが・・・。何か鬼気迫るものがありましたよねぇ・・・・。
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-12-10 12:32 x
カワセミ、町の近くでも見られますか。こちらでは、昨年しばらくぶりに山奥のきれいな沢スジで見かけました。
もう少し大きいと迫力段違いになるんでしょうが。まあ、小さいから格好いいのかも知れませんね。何でも大きければエエということではないと思います。小粒でもダイヤの輝きは凄いですからね。
Commented by nomusan at 2009-12-10 21:54 x
カトカラおんつぁんさん、佐賀市内ではかなり町中の公園でも見れてびっくりしました。国道沿いのあまり綺麗でない堀割で見れたときは、むしろがっかりしたくらいです(笑)。
そうですね、やっぱりカワセミはこの大きさで良いのだと思います。あまりでかすぎるとかえって嫌らしくなるような気もしますね。よく出来てるもんだと思います(笑)。
<< はじめてのやいま・その3 はじめてのやいま >>