はじめてのやいま・その5

今日も雨です。
今日も終日内勤です。
ささいな事に一喜一憂しながら
今日も一日が終わろうとしています。
♪明日は少しましになれ~♪と思います。

長かったですねぇ~・・・・ようやく今日で終わりです。
さて、西表島での生活も後半を迎えます。このとき、島にはやはりクラブの同期のHS君(彼はこの年に蝶班に入りました。)も来ていました。彼は高校時代の先輩と一緒に来ており、私は17日の夜からHS君が泊まっている民宿へ移りました。ここから・・・私の生活はがらっと変わってしまいました。

全く蝶を追いかけなくなったわけではないのですが・・・・・。そこは健全なる19歳の青年ですから・・・女の子と一緒に、海に行ったり、貝殻でペンダント作ろうとしたり(出来なかった)、おばぁがミンサ織りを織っているのを見学に行ったり・・・夜は泡盛を呑んだりするのも、また楽しかったりするわけでありまして・・・(爆)。18日から21日に島を出るまでに見たお初の蝶が、ネッタイアカセセリだけだったと言うのが全てを物語っておりますなぁ~(笑)。

いよいよ帰る日がやって来ました。21日の午後西表島を出て石垣島に戻り、この日の夜行フェリーで22日に那覇に戻りました。この辺りの記憶がかなり曖昧でございまして、多分SKさんとHS君と3人だったと思います。で、当初は帰りも大阪までフェリーの予定だったのですが、何故かしら飛行機に乗れたら飛行機で帰ろうかと言うことになり、空席があったのでしょう、飛行機で大阪まで帰りました。もちろん、正規料金ではありません。当時は“スカイメイト(確か半額でしたよね)”と言う強い味方があったのですよね~(笑)。日も暮れた頃、伊丹空港に着きました。3月とはいえ、八重山は連日気温30℃を越え、まさに“真夏”でした。そこから一気に大阪へ・・・・飛行機を降りた瞬間の寒さが、この行程の最後の記憶のような気がします・・・。

ところが、復路についてはおまけの話がありまして・・・。実は往きに石垣まで一緒だったNT君、私たちは「21日の夜に石垣を出るフェリー」で帰りも合流する約束だったと思っていたのですが、彼はこの船に乗って来ませんでした。なので、「多分、予定を変えたのだろう。まぁ、子どもじゃないんだし。」とこちらは思っていたのですが・・・。京都で彼に会うなり、えらく怒られてしまいました。彼は「22日に那覇から出るフェリー」に合わせて行動していたのでした(笑)。「皆、後から乗ってくるだろうと思ってさぁ、俺、一人で3人分のスペース必死で確保してたんだよなぁ。そしたらよぉ、誰も来ねぇじゃない。俺、何か、格好悪りいしよぉ、すっごく寂しかったんだよなぁ~!」。「えっ?そやったかぁ?」とは思いましたが、どちらが勘違いしていたかは藪の中・・・。“携帯”なんて、想像も出来なかった32年前のお話しでしたぁ(笑)。  おしまい。

今年はあちこちで見かけます。流行っているようです。それにしても大層な名前ですな。皇帝ダリア。
c0065260_22112655.jpg

by nomu376 | 2009-12-10 22:18 | なんやかんや | Comments(8)
Commented by kk at 2009-12-11 06:14 x
おはようございます。またまた私のようなものが一番乗りして良いのでしょうか。
nomusanさんの青春の甘酸っぱい思い出(途中語り口が北の国からの純君のようになってますね)、大変共感できます。タイムマシンさえあれば、「ここはこうして」とか「それはやめておけ」とか、若い自分にアドバイスするのに・・・
次のシリーズは何でしょう?期待しております。
Commented by nomusan at 2009-12-11 06:38 x
kkさん、いえいえ、連続の一番乗り、ありがとうございます~(笑)。
まぁ・・・青春の想い出には甘酸っぱいものもあれば、とてもここには書けないような”思いっきり痛い”やつまであったりするわけで・・・(笑)。
>タイムマシンさえあれば、「ここはこうして」とか・・・・・・
私の場合、そんな事が多すぎて、きりがなくなりそうですわぁ(笑)。

次のシリーズは・・・・・期待しないでくださいね~(笑)。
Commented by luehdorf at 2009-12-11 08:23 x
こちらは夜半から降り始め、走る車のタイヤの音が「湿って」おります。

同じ年頃に「オトコ」だけの中に引き篭もり、昼夜を問わずに「緑のマット」の上での闘いにうつつをぬかした身…。「甘酸っぱい」思い出のかけらもなく、「からぁ~い」思い出ばかりです(爆)。
でもチョウチョ採りだけは行ってましたね。展翅をしているときに招集がかかり、「あと2つだから…」とか…。

これ……? 連敗です(涙)。
Commented by pieris at 2009-12-11 15:26 x
nomusanにくっついてやいまに行ってきた感じです。
多少旅の疲れも感じております(爆)

わたしが琉球へはじめて渡ったのが今から44年前、まだ米軍の統治下でしたー。たばこの銘柄も懐かしいなぁ。その当時はPINKというタバコもあったような、なかったような・・・
Commented by nomusan at 2009-12-12 08:04 x
luehdorfさん、レスが遅くなってしまいました。昨夜は職場の忘年会でした。最終のバスで帰宅したのですが・・・・。中途半端に呑んだあとに1時間もバスに揺られると・・・・変な酔い方しますねぇ~(笑)。

おお、四角いジャングルで神経を研ぎ澄ませた、死闘の日々ですねぇ(爆)。
>展翅をしているときに招集がかかり、「あと2つだから…」とか…。
あ、これは私も下宿で経験あります(笑)。

ふふふ・・・・嬉しいです。この方も”なんだぁ~”ですよ。とりあえず貼りかえましょう。
Commented by nomusan at 2009-12-12 08:08 x
pierisさん、今から44年前と言うと・・・・・昭和40年・・・・私は7歳でしたねぇ~(笑)。若い頃にバイブルのように読んでた、北杜夫さんの”どくとるマンボウ昆虫記”に沖縄行きのくだりがあったと思いますが・・・あんな感じだったのかなぁ?

>多少旅の疲れも感じております(爆)
これからまた不定期更新になりますので、ゆっくりと疲れをおとりください(笑)。
Commented by luehdorf@再び at 2009-12-12 11:54 x
えぇ~っ!あのビルドアップされた体型は…、って、人のことをいえた義理ではありません(大爆)。
髪の毛の長さの違いだけでも印象って変わるものですね。
Commented by nomusan at 2009-12-12 16:36 x
luehdorfさん、
>人のことをいえた義理ではありません(大爆)。
それはお互い様でございます(爆)。
S45年の来日の時はそんなに太ってた感じはしなかったんですけどねぇ~・・・。

さて、今日は前に在籍した職場OBの忘年会です。今夜は落ち着いて呑めそうです(笑)。
<< 休肝日ぢゃ はじめてのやいま・その4 >>