今日も寒かった・・・。

これではあきまへん。
ほんまに寒いです。
外勤中も風は冷たいし、雪は舞ってくるし・・・。
これではせっかくお昼休みがゆっくりとれても、どないもなりまへん。
明日も雪が降るやら降らんやら・・・。わやですわ。

と言うことでネタ切れもネタ切れ・・・何でもありですわ。
先日、奥本大三郎さんの「虫の宇宙誌」探してたら、こんなんがありました。
この人のこの手の本(写真文集言うんかな?)は、やっぱりウィスキーをロックでやりながら・・・・かな(笑)?
c0065260_20503975.jpg

c0065260_20523257.jpg

by nomu376 | 2010-01-05 20:53 | 書籍 | Comments(16)
Commented by OIGATO at 2010-01-05 22:35 x
呑むさん、こんばんは~
正月休明け寒い中の外勤お疲れさまで~す。
福岡もお昼頃から小雪が時々舞い始め北風が寒い一日でしたぁ~

>大人と子供のちがいは・・・携帯・自分専用のパソコン・ゲーム機・デジカメ・メモリーオーディオ・…とか結構高価なので?ある意味余り変わらないかも~(爆)
↓何処へ飛んで行ったのでしょうかねー (せっかくの定点観察ネタだったのに? 笑)
Commented by saunterA at 2010-01-05 22:35
今日は風が強くてさむかったですね。
私の子供のときのおもちゃといえば リカちゃん人形でしたね~。
天地〇理さんの自転車もお気に入りでした~。
呑むさんの子供のときのお気に入りのおもちゃは、なんでしたか?(笑)
Commented by nomusan at 2010-01-05 23:04 x
OIGATOさん、寒かったですね~・・・・。
ただ、言ってみれば仕事日和ではありまして、折角のお休みにこの
お天気は・・・・・ですよね(爆)。

>携帯・自分専用のパソコン・ゲーム機・デジカメ・メモリーオーディオ・・・
私の場合は5年間使ってる携帯、8年目のPC、壊れかけのコンデジ・・・どれも高価とは言い難い・・・なぁ(爆)。

そう、これでしばらくネタに困らないと思ったのに・・・帰ってきてくれないかなぁ(爆)。
Commented by nomusan at 2010-01-05 23:10 x
saunterAさん、今日は全国中寒かったようですねぇ~。明日も寒そうです・・・。
おおっ、奇遇ですねぇ、私もリカちゃん人形でしたよ!ってもちろん嘘です(爆)。
まぁ、あの頃の男の子のおもちゃといえば・・・やっぱりプラモデルでしょうかねぇ~・・・。戦車や戦闘機、ウルトラシリーズも結構買いましたが、印象に残るのはサンダーバード関連でしょうかねぇ。1~5号まで揃えましたし、ジェットモグラタンクやペネロープ号など・・・。けど、欲しくてたまらなかったサンダーバード基地は・・・・・・お金持ちの子どもしか持ってなかったですねぇ・・・。欲しかったなぁ・・。
Commented by luehdorf at 2010-01-06 01:06 x
秋の終わり、気○庁の長期予報では「暖冬」と…。これで?
12月中に長袖を着始めたのは何年振りでしょうか?決して年のせいで寒さに弱くなったのではないと思ってますけど…。

釣りは釣った魚を食べる楽しみがあるけど、チョウチョは食べられないからと言われました。

分っかりません!記憶の襞に引っかかってこないんです(涙)。
Commented by MatsuHImeji at 2010-01-06 01:10
思いっきり出遅れましたが、nomusanさま、新年のご挨拶・・・させていただいたでしょうか?
正月ボケしております。m( __ __ )m
重なるかもしれませんが、あけましておめでとうございます。ヾ(ーー )ォィ
今年もどうぞよろしくお願い致します。

で、開高健といえば~サントリーロイヤル☆彡
ベトナム従軍にびっぐフィッシング!
今もし存命中ならば、ニコルさんとどんな対談を聴かせてくれるだろう?と遠い目をしてしまいます。
実にフットワークよく地球を駆け回って醍醐味を堪能した方でしたね~。
この写真集の写真もご本人さんの撮影になっていましたか?
Commented by nomusan at 2010-01-06 06:32 x
luehdorfさん、そう、私もこの耳ではっきりと聞きました。「今年は暖冬でしょう。」と・・・。しかるに何なんででしょうね、この寒さは・・・。今日も雪になるかも?とか・・・。

う~む、食べて食べれない事はないかも知れませんが・・。
「お腹はいっぱいにならないけど、心は満たされる。」って・・・思いましょう(笑)。

ふ・ふ・ふ・今年の初タップですね(爆)。今宵の更新で・・・。
Commented by nomusan at 2010-01-06 06:47 x
MatsuHImejiさん、ん!そう改まって言われますと、こちらの方こそ・・・暮れのご挨拶はさせて頂きましたが、新年のは・・・・???
明けましておめでとうございます~(爆)。

最初のアマゾンに次いでこのアラスカ編、あともう一冊持ってたはずなんですけど、それは見つかりませんでした。そう、サントリーロイヤルでございましたねぇ~。こんなふうにお酒が似合う大人になりたいと憧れた若い頃に買った本でございました(笑)。写真は高橋 ○さんとなっております。別に伏せ字にする必要はないのですが、漢字が変換できません。時間がないので後日(汗)。
Commented by itsuki at 2010-01-06 08:42 x
「オーパ オーパ」 開高健さんは憧れの方でしたね
 南米やモンゴルで大物を釣る姿が思い出されます
 獲物を仕留めたときの笑顔が・・・クシャクシャな顔が印象的でしたね
 >持ってる玩具の値段の違い・・・・・
 そうですね!   大人になると趣味の道具にお金を掛けられるからね~~
 僕もロットやリールに随分掛けていましすよ(内緒ですけど・・・・・・)
 今のリール 高額なものでが5万、10万は当たり前のようです
 憧れのリール・・・・S社のステラ20000は12万くらいかな・・・・・
 ・・・高嶺(値)の花ですねぇ~~~~
Commented by pieris at 2010-01-06 19:50 x
昨日夕刻は、近畿地方で複数頭採集された新種のミヤモトアゲハ関連ののテレビを見ていました。
ググッてみるとかなりの反響があっているようです。
さぁ急いで検索してみよう。
Commented by nomusan at 2010-01-06 20:52 x
itsukiさん、開高さん、格好良かったですよねぇ~。若い頃はあんな大人の酒呑みになりたいと思ったものでした(笑)。
そう、確かに大人と言うか、社会人になって多少趣味にもお金をかけれるようにはなりましたよね。けど、気持ちはいつまでも子どもの頃のように、いろんなものに憧れるままでいたいものですよね。
釣りの道具は・・・・高いですよね~(笑)。
Commented by nomusan at 2010-01-06 20:55 x
pierisさん、「ミヤモトアゲハ」、どこかで聞いたことあったような・・・・?と思いながら検索したら、何と!pekeさんのブログがヒットしました(爆)。
まさに↑にコメント頂いたitsukiさんがTVで見られて、pekeさんのブロウにコメント入れておられていたのでした~(笑)。
Commented by pieris at 2010-01-06 23:09 x
そーかー、妙な時間に放送があっていましたので再放送とは思っていましたが、再々放送だったみたいですね。
「飛べない沈黙」「黄色い皇帝」「きらきらと闇に落ちて」など時々蝶を題材とした映画やドラマがありますね。
出来はともかくも、思わずあら捜しをしたくなります(笑)
Commented by nomusan at 2010-01-06 23:34 x
pierisさん、期待に添えずにすみませんでしたぁ~(爆)。おそらく再々放送だったのでしょうねぇ~。「飛べない沈黙」、「きらきらと闇に落ちて」は知りません。「黄色い皇帝」は遠~い昔に見ましたが・・・。と、ここでふと思う・・・・。pierisさまって、結構ドラマっ子ですかぁ~(爆)?
Commented by pieris at 2010-01-07 13:59 x
はるか昔、アートシアターなるミニ映画館が出現し、名もない監督の試作あるいは芸術はたまた前衛映画を映写していた中に「飛べない沈黙」というのがありました。なぜか映画の筋の展開に伴ってナガサキアゲハの幼虫が九州から北海道にたどり着くというものでありました。
「きらきらと闇に落ちて」は前年だったか文学賞のひとつを受賞した山崎洋子氏の書き下ろした作品のひとつがTVドラマになったもので、バリ島だったかシンガポールだったかで土産に昆虫商から購入した蝶の額が重要なファクターとなった筋書きでしたよ。

ドラマっ子は我が家では家内です。一日中いまだに韓流ドラマが流れており、チャンネル権は連れ添った当初から剥奪されております。たまたま敵がいないときにたまたまチャンネルをまわしていたら引っかかってきたのをちょいの間に見ただけでござんす。
Commented by nomusan at 2010-01-07 20:52 x
pierisさん、ご丁寧にありがとうございます。アートシアター・・・pierisさんが”はるか昔”と言われるくらいなので、本当に昔のことなのでしょうねぇ~(爆)。私が子どもの頃、天神にセンターシネマってのがあって安い料金で3本立てが見れましたが・・・関係ないですね(笑)。
しかし、ナガサキアゲハが成虫ではなく、幼虫で九州から北海道にたどり着くと言うのは・・・・凄い設定ですねぇ~・・・。驚いてしまいます。
私にとっての蝶のドラマは、先日も書きましたが、「黄色い皇帝」と、題は忘れましたが、「冬彦さん」が印象に残ってますねぇ~。言われなき偏見と戦ったものでした(笑)。
<< 柳の下に・・・ぢゃ いなくなった・・・・・。 >>