蛹ぢゃ

寒い日が続いておりますが、今日は少しだけ寒気が緩んだような・・・。
午後の佐賀市郊外の気温は9℃。ただ、風は冷たい・・・。

仏の顔も三度まで・・・・。今日は書籍画像はあかんやろ、と思いまして、
”何か撮れないか?”と思って昼休みにいつもの公園へ行きましたが、やっぱり何もいません。
で、帰ろうとしたら、何やら懐かしいものが・・・・。アゲハの蛹です。
周囲に柑橘系の木はなく、一体何処から歩いてきたのやら・・・。
しかも結構目立つところに・・・・。あと2ヶ月半くらい・・・・無事に飛び立てるでしょうかねぇ~・・・。
で、何で、懐かしいかと言いますと・・・・・
中学1年でこの道に入って、初めて飼育した蝶がアゲハだったのですよね~(笑)。
c0065260_21482740.jpg

若い頃に、こんな本も買ってました。って結局今日も書籍画像かい(笑)。
S58(1983)年初版です。社会人4年目、ぼちぼち休眠に入った頃ですねぇ~。
c0065260_21485393.jpg

で、とりとめもなく続きです。

明けて5月3日。朝からよい天気です。そして予定ではこの日の夕方には山を降りて、松本でT先輩に合流する予定になっていました。そう、この日しかありません。と言うことで、この日は結構プレッシャーも感じておりました。「とれるやろか・・・とれへんかったらT先輩に会われへんな・・・。」。林道を歩きながら期待と不安で心臓バクバクでした(笑)。そしてポイント付近に着いて斜面を登っている途中、またしても突然、足元から一頭の蝶が飛び出し、今度は目の前の杉の木にとまりました。「!」、見まごうはずもない黄色と黒のダンダラ模様。今度は冷静にイモ網一閃。・・・・・・ネットの中を見る前に周囲を見回しますが、何もいません。「入ってる!」と確信してネットの中を確かめると、そこにはぱたぱたと一頭のヒメギフチョウが・・・。「やった!ヒメギフや。」震えながら手にとってみると・・・・「あ~ほんまにギフより小さいんやぁ。」って思いましたね。で、じわじわと感激がこみ上げてきて・・・。嬉しかったなぁ・・・・。その後尾根道まで登ってそこそこ見れて・・・・一生忘れられないヒメギフとの出会いでございましたぁ~・・・。

昼過ぎに切り上げて山荘へ戻りましたが、この日も帰りはばてばてでした。数分歩いたら小休止。って感じで本当にしんどかったですねぇ~。ただ、そのときに眺めた真っ青な空の下の銀嶺をかぶった山々の美しさ・・・これも一生忘れられるものではありません。素晴らしい想い出の風景です。

そして・・・・実はこの日に同じく忘れられない想い出をもう一つ作っちゃいまして・・・。
二人して山荘に戻ると、宿兼食堂のおばちゃんが「どうだった? とれたね?」と尋ねて来られました。この宿は蝶屋さんの客が多く、おばちゃんもよく知っているのです。なので、私が今日で最後だと言う事もわかっておられまして・・・。で、「うん、とれたよ!。あ~お腹すいた。山菜そば頂戴。」と答えると「良かったねぇ。はいはいちょっと待ってね。」

空腹だった私たちはあっという間に蕎麦を平らげ、「じゃあね、また来年も来るからね!」、「はいはい、また来年ね。」と感動的な別れを済ませ、一路山を降りて駅へと向かったのですが・・・。途中、あることがふと気になった私は・・・・。
私「S、お前蕎麦代払ろたか?」
S「え?、お前払ったんちゃうの?」
私「・・・・・・」
S「・・・・・・」
私「・・・・来年、払おか?。」
S「そやな・・・、来年払おう。」
そう、宿代は朝林道に向かう時点で精算しており、荷物も玄関先に置いていて、いつでも帰れる状態にしていたのです。で、その時は本当に翌年も来るつもりだったのですが・・・月日は流れ・・・次にここを訪れたのは1999年夏、何と22年後でございました(爆)。いや、本当にあの時は、喰い逃げするつもりはなかったのですよ~(笑)。

「初めての信州」自体はこのあとも続くのですが、とりあえず今回はここでおしまい。
by nomu376 | 2010-01-08 21:58 | | Comments(20)
Commented by MatsuHImeji at 2010-01-08 22:41
で、22年後に清算はお済になりましたか?(^^)
Commented by nomusan at 2010-01-08 22:57 x
MatsuHImejiさん、さぁ・・・・・どないでっしゃろ(爆)?
Commented by itsuki at 2010-01-08 23:42 x
アハハ~・・・・
 「来年払おう!」・・・が  22年後でしたか~~~(笑)
 学生の頃は1年、2年がとても長くて充実していましたが
 歳を取ってからの1年は早いものです・・・・・
 ヒメギフが採れたことが嬉しくて 蕎麦代なんて頭に無かったのでしょうね
 お陰でこの日の事が より鮮明に記憶されてしまったので
 それは それでまた良かったのでは・・・と思いますよ~~
Commented by kk at 2010-01-08 23:58 x
こんばんは。とってもおもしろかったです!冬場はこの思い出シリーズで行きませんか。
おそらくそばはおばちゃんのおごりだったのでしょうね。そば代払いそびれたという引け目がこの思い出を鮮明にしているのではないでしょうか。
22年ぶりの訪問、nomusanさんにはさぞかし感慨深かったでしょうね。
Commented by pieris at 2010-01-09 00:33 x
私には学生時代に同じ?ような経験があります。
そのころはまだ福岡市内には市電が走っていました。
我が家近くの駅に着いたので、友達と二人で話しながら車掌さんの前を通って降りて、歩き出してから二人とも手に切符をまだ持ったままなのに気づきました。後部乗降口から降りたのは私たち二人だけだったのですよ。
もう電車は何事もなかったように走り出していました。
会魔が時とはちょっと違うかとは思いますが、まったく意識しない瞬間がくしくも一緒に訪れるものだと、あとで友達と話したものでした。
nomusanの場合はきっと純粋な心で喜んでいる気持ちが、おばさんにストレートに伝わったのでしょうね。
Commented by nomusan at 2010-01-09 06:28 x
itsukiさん、はい、”初恋はカルピスの味”ならぬ、”初ヒメギフは山菜蕎麦の味”になってしまいましたぁ~(爆)。いや、あの時は本当に興奮状態だったのでしょうねぇ~。
>「来年払おう!」・・・が  22年後でしたか~~~(笑)
いえ、それが・・・・いまだに未精算でございまして・・・(爆)。
Commented by nomusan at 2010-01-09 06:33 x
kkさん、気付いたときはもう1時間以上歩いた頃で・・・・あの時は本当に翌年も来るつもりだったので、「来年払おう。」って事にしたのですが・・・(笑)。22年後に行った時は、2~3時間近くをうろうろしたくらいで、お宿にもよっていないのです。ただ、新しく建て直っていたみたいなので、安心しましたよ(爆)。
Commented by nomusan at 2010-01-09 06:38 x
pierisさん、何と、無賃乗車ってやつではあ~りませんかぁ(爆)。
路面電車、懐かしいですね。原団地に住んでいた頃、白金町の親戚の家に行くときは城南線に乗って行ってましたよ~(笑)。
全く意識してない瞬間ってあるのでしょうね。悪意がないからする方も堂々としてて・・・(笑)。今でも山菜蕎麦をみるとこの日のことを思い出しますね(笑)。
Commented by clossiana at 2010-01-09 08:40
どの蝶でも最初に出会った時のことは忘れられませんね。私はヒメギフを初めて見たときは時は残雪の上を飛んでいましたが必死になって追いかけまわしました。未だ小学生のころです。私の場合はお金を踏み倒す思い出とは結びつきませんがヒメギフというと何故か「かわいいベィビー」って曲と結びついているのです。その頃流行っていたのかな?謎です。
Commented by mmerian at 2010-01-09 09:04
蛹ってありそで見つからないんですよね~
私も壁や杭をいつもチェックする癖が・・・

22年たっても同じ店があるって嬉しいですよね
ギフもヒメギフもまだ見たことがないので、いつかカタクリの里に出かけてみたいです

いよいよ~斜め!
楽しみにしています(^0^)
Commented by pieris at 2010-01-09 13:09 x
ああっ、思い出したぞ。
数年前、東京に行った際に中華料理を食べに行こうと横浜で乗ったバス。
前から乗車、後ろから降車のワンマンバスで、このバスに前から乗りました。で、目的地までの料金がわからないものだから走行中に車内を見回したけれども料金表の表示されていません。不安になって駅に止まるたびに観察していたら皆前払いをして乗り、後ろのドアから降りている。どうも均一料金で、乗り込む際に前もって払うものだと鈍い頭がやっと気がついたもののこの時点でわざわざ前までいって払うのはなんとなく気恥ずかしい。
そのまま払わずに目的地でありがたく感謝して降りてきました。
バスは郷里の慣れたバスしか乗らないものだから、前払いがあるとは気がつきませんでした。このときも運転手さんは何も言いませんでした(大恥)。
Commented by luehdorf at 2010-01-09 13:48 x
>宿兼食堂のおばちゃんが…
この頃だと恐らく2代目の奥さんですね。結構アバウトで…、ボクも同じような経験が…。
3代目が「星好き」で、天体望遠鏡のドームを作ったのもこの頃だったような…。

調整はうまくいきました。
さぁ!行くぞぉ~!

ブラッシーさんのこの技、キレがとってもよくって…。
ウチのオヤジもこれを得意技にしてまして、受身のヘタな弟にはかけませんでしたが、ボクはよくやられましたね(爆)。
Commented by thecla at 2010-01-11 12:44 x
信州での初ヒメギフ、心臓バクバク感が出ていて、その後の山菜蕎麦の件では思わず画面の前で噴出してしまいました(^^;
私の信州のヒメギフは、小海線から延々歩いて沢に取り付きそこからまた歩いて・・・・、歩いた記憶ばっかりで。あっ、でも甲州だった(爆)
Commented by nomusan at 2010-01-11 23:01 x
clossianaさん、どの蝶にも初めて会ったときの想い出はありますが、特にギフ、ヒメギフやキリシマなど、憧れが強かった蝶にはやっぱり感激の度合いが違ったように思えますね。
う~ん、悪意のない”食い逃げ”と”踏み倒し”というのは違うような気がしますが・・・・(爆)。
Commented by nomusan at 2010-01-11 23:03 x
mmerianさん、お疲れさまでした~(笑)。
いつか、”カタクリとギフ、ヒメギフ”撮れると良いですね。
Commented by nomusan at 2010-01-11 23:07 x
pierisさん、地域によってルールが違うのには困りますよね。私も3年前の秋に横浜でバスに乗るり機会がありましたが、連れがいたので悩まずに済みました(笑)。昨日は京都で市バスに乗りましたが、乗るバスによって定額料金だったり、距離で違ったりと、結構悩まされましたよ(笑)。
Commented by nomusan at 2010-01-11 23:10 x
luehdorfさん、お疲れさまでしたぁ~。体調は大丈夫でしょうか?
天体望遠鏡のドーム・・・知りませんでした。凄いなぁ・・・。

この画像にするか、噛みつきの流血画像にするか悩んだのですが、3日間流血画像のままってのもいかがなものか・・・と(爆)。
Commented by nomusan at 2010-01-11 23:13 x
theclaさん、おかげで”初ヒメギフ”の想い出は綺麗な信州の風景ではなく、食い逃げした山菜蕎麦の想い出になってしまいました(爆)。

昔は・・・・良く歩きましたよね。信州と甲州・・・よくわかりません(笑)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2010-01-13 13:04 x
こんにちは

無作為的無銭飲食行動と初ヒメギフ採集の思い出話で盛り上がってますね。
私はさすがにタダで逃げ出したことはないのですが、しゃべっていて気が合ったのか、ただにしてもらったことは何度かありますね。
別のことで頭がいっぱいだから、堂々と帰っていくことができるんで、最初から下心ある時は、できないと思います。

初ヒメギフは、隣町の境になっているトンネル脇の道路上で、友達とチャンバラしながら採集したものでした。今では、影も形も見あたりません。
町から20キロ以上も山の中に走っていかないと見れなくなりました。
Commented by nomusan at 2010-01-13 20:07 x
カトカラおんつぁんさん、そうですね、あの時は・・・・念願のヒメギフが採れて気分最高、空腹も山菜蕎麦で満たされて・・・・さぁ、山を降りて今夜は教えてくれた先輩に嬉しい報告が出来るぞぉ・・・・ってそっちに気持ちが行ってたんでしょうねぇ~。支払いのことは全く頭から外れてたんでしょうねぇ~(笑)。今となっては良い想い出です(爆)。

九州人にとって、ギフは西日本で何とかなりますが、ヒメギフはかなりハードル高くなってしまいます・・・。
<< ほりでぃ・いん・かんさい そのいち 今日も柳の下ぢゃ・・・ >>