モンシロチョウ@神埼市

ここしばらくなんやかんや、気ぜわしく忙しくて・・・・・・
お昼休みが取れないというわけではなかったのですが、気持ちの余裕がありませんでした。
今日はようやく3時過ぎですが、ちょいとばっかり余裕が出来たので・・・・
時間調整の間にいつもの公園へ寄ってみましたが、流石に何もおりませんでした。

で、一回りして帰ろうかと思っていたら、一頭のモンシロチョウが風に流されてひらひらと・・・。
流石に痛んでおりましたね。
明日は最低気温が0℃くらいになるそうです・・・・・・。
c0065260_2103552.jpg
c0065260_2104397.jpg
c0065260_2105369.jpg

by nomu376 | 2010-12-14 21:01 | | Comments(12)
Commented by カトカラおんつぁん at 2010-12-14 21:48 x
枯れ草だらけの中のモンシロ写真、こういうのは見た事がない風景ですよね。いつもは緑がバックなのに、季節感が出ていて、これはこれで季節を雄弁に物語る1枚になっているんじゃないでしょうか。

キャプションていうか、クレジットというのか、写真にコメントを入れなくても語りかけている写真がエエですね。それにしてもこのモンシロさんの擦れたはねを見ただけでも痛々しいですね。
あ、頑張ってきたんだね。って声をかけたくなりそうです。
Commented by K.M at 2010-12-14 21:54 x
モンシロチョウ…

なんか一番普通種のイメージですが、街中では意外と少なくて、あえてさがすといるのはキチョウとヤマトシジミだったりします。

ツマグロヒョウモンもみかけます。
越冬態がきまっていないのか幼虫もいろんな大きさのがいます。
Commented by OIGATO at 2010-12-14 22:59 x
呑むさん、こんばんは。
シッカリ元を取って(忘年会より)帰還しました。少々欲張りすぎてお腹が出てます(笑)でっ!体重計に乗ると・・・ギョ!!朝より800gも増えてる・・・撃沈。

おぉ!!タテハモドキのポイントですね。
初冬風景、枯れ草の中のモンシロチョウ。哀愁を感じる写真ですね!
福岡でも16日は雪だるまマーク!?初雪の予報がでてますね~
Commented by nomusan at 2010-12-15 05:36 x
カトカラおんつぁんさん、そうなんですね~。きっとそちらでは枯葉の季節にはもう成虫は飛んでないのでしょうねぇ~。とは言え・・・・・こっちも何年くらい前からかなぁ、この時期に成虫が飛ぶようになったのは・・・。
こどもの頃は間違いなく12月には飛んでなかったと思いますよ(笑)。

昨日見たのはこの一頭でした。そろそろ終見が気になる頃です・・・。
Commented by nomusan at 2010-12-15 05:42 x
K.Mさん、モンシロチョウ・・・・こちらは田舎なので最普通種の名に恥じぬよう、普通にみかける事が出来ますよ~。市街地でも結構見かけます(笑)。

ツマグロヒョウモン、まだ見れるのですね。こちらではもう成虫は見れないような・・・。
Commented by nomusan at 2010-12-15 05:47 x
OIGATOさん、おお、しっかり元を取られたこと、何よりです。
けど、夜食後に体重計に乗っちゃいけませんねぇ。私は毎朝、朝食前にしか乗りませんよぉ~(爆)。

昨日は風も冷たく、この一頭しか見れませんでした。他には何も・・・。
今朝の冷え込み・・・・クマソ君達も凍ってしまうかも?・・・・・・
Commented by kk at 2010-12-15 05:56 x
もはやモンシロのモの字もなく、緑も見られない北国からおはようございます。
私のところも農薬使用や都市化のせいでながらくモンシロは見られませんでした。網で捕っても捕ってもスジグロばかりという状況が長く続きましたが、昨今の低農薬、無農薬使用の傾向と家庭菜園ブームにより、再び普通種となりました。普通種がいるってよいことだなと実感しました。例え収集対象にならなくても被写体にならなくとも、日常何気なく目にすることは喜ばしいことです。
Commented by nomusan at 2010-12-15 06:06 x
おっとkkさん、おはようございます。たった今某所で足跡を拝見してきたところでございますよ(笑)。
そう言えば一時期北の大地ではモンシロチョウは珍品になってしまった・・・と言う話題を耳にしたような記憶もございますが・・・。復活したのはやっぱり嬉しいニュースですね。やはりこの蝶は人間の生活に影響されるのでしょうかねぇ~。
ところで、オオモンシロはもう話題にもならないのでしょうか?
Commented by luehdorf at 2010-12-15 18:26 x
こんなチョウチョを表す冬の季語があったような…?
まだ頑張っているのか、と健気さに声援を送りたくなります。

思い出しましたぁ~!「凍て蝶」でしたぁ~!

これもある意味で「師弟対決」なのでしょうね。J.鶴田さんはまだお若く、なのにドリーさんの「おぐし」は早くも…。
ファンク家伝統のこの技、ちょいと地味ですよね。

Commented by K.M at 2010-12-15 20:10 x
語弊があったかも…

つい、最近まで、日だまりで、モンシロチョウよりツマグロヒョウモンをよくみかけていた。に訂正させて下さい。

この寒ささすがにもう無理w
蝶が無理なのかはわかりません。が、寒さ嫌いの私の探索能力では、チョウの成虫は生活圏ではもう昆虫館でしか無理です。

本気になればルリタテハとかどこかに絶対いるはずなんですけどね。
Commented by nomusan at 2010-12-15 21:37 x
luehdorfさん、
>思い出しましたぁ~!「凍て蝶」でしたぁ~!
おお~っ、「凍て蝶」ですかぁ~・・・・・確かに・・・言い得てますねぇ~・・・。

ドリーさん、初来日の頃から・・・・でしたよねぇ~・・・。
スピニング・トー・ホールド・・・・これはかなり説得力のない技でしたよねぇ~(笑)。どこがどうなってギブアップに結びつくのか・・・いまだにわかりませんねぇ~・・・。
Commented by nomusan at 2010-12-15 21:39 x
K.Mさん、ご丁寧にありがとうございます。
この寒さは・・・成虫越冬じゃない蝶には・・・・厳しいでしょうねぇ~・・・。
はい、同じく寒さに弱い私もいよいよ諦めモードですねぇ~・・・・。
<< 寒いぞ寒いぞ クロマダラソテツシジミ@某所・後編 >>