立春ぢゃ

今日は二十四節気の”立春”ですね。
暦のうえでは今日から春です。嬉しいことです(笑)。

今日は気温があがりました。
佐賀市内でも14℃まであがったようです。
きっといろんな越冬蝶たちも・・・・日光浴にいそしんだのでないでしょうかぁ?
って・・・・・はい、今日は予想通りというか・・・・業務に追われて全く余裕なし・・・・。
なんでやね~ん? でした・・・。

と言うわけで・・・・唐突ですが、高校編の続き、大学編です。
舞台は京都市に移ります。この時点では蝶を本格的にする予定はありませんでした。実は入学当初は何かマイナーなスポーツのサークルか同好会に入ろうと思っておりました。と言うのも基本的に運動神経が発達していない私、例えば野球やテニスなどのメジャーなスポーツですと、同好会レベルでもそれなりに上手な経験者が多いと思われ、きっと楽しめそうにない・・。で、普通の高校にはないスポーツだったら経験者も少なく、技量的にもそんなに差がないのではないか?という姑息な発想をしていたのです(笑)。で、オリエンテーションの時期にキャンパスをうろうろしましたが、なかなかスポーツ系の同好会などに入る決心がつきません。そんなこんなで数日を過ごしてるうちに一枚の立て看板が目に入りました。『野へ山へ海へ。自然が好きなあなたへ・・・生物同好会』・・・・・「う~ん・・・どこにも入らないのも寂しいし・・・蝶が好きだからとりあえずここに入るだけ入っておこうかなぁ・・・。」はい、これが入部動機でございました(笑)。

で、とりあえず部室へ行ってみると・・・小汚い部屋の真中に大きなテーブルがあり、それを取り巻くように三方に長椅子が置かれています。で、2~3人の人がおられたのですが、特に声をかけられる訳でもなく、説明されるわけでもなく・・・仕方なしに棚にあった図鑑を見ていたのですが、何だか落ち着きません。ただ、女性の部員が入ってくると皆さんなんやかんや話し掛けておられて・・・・女性部員が出て行くとまた静寂が・・・。2回行ったのですが2回ともこんな感じでございまして、「何、ここ・・・?」って感じでその後足も遠ざかっておりました。そんな頃、私宛に一本の電話がかかって参りまして、「福岡県人会の某と申します。実は県人会の活動がここ数年停滞しておりまして、今年はあらたに組織を再編成したく、よろしければご参加頂けないでしょうか?」とのこと。別に断る理由がなかったので「いいですよ。」と答えますと、「それでは会合の日時が決まったらまたご連絡します。」との事でした。今の私ならこの手のお誘いはお断りしてたでしょうが、当時の私は高校の先輩もなく、卒業した高校から京都に来たのも私だけ。親類縁者も一人もおらず、京都に知人は誰一人いない状態でした。なので、とりあえず人と接する場所が欲しかったのかも知れませんね。

で、当時の生活の中心は下宿でした。って、これは当然の事なのですが、そのうち当然ではなくなった生活に変わってしまいまして・・・。ま、これはいずれ。私が下宿をしたのは京都市の東の外れ山科というところでした。で、下宿は四畳半一間の長屋つくり。こんなところにこの春同じ大学の下宿生が私を入れて7名、入ってきたのです。なので、しばらくは皆で一緒に食事に行ったり、日曜日はキャッチボールなんぞやったり・・・と言う生活をしておりました。で、生物同好会へも足が遠くなりかけた頃、一枚の案内はがきが届きました。生物同好会からの『総会及び新入部員歓迎コンパのお知らせ』でした。で、一瞬どうしようかと思ったのですが、断る理由もなかったので、『参加』のお返事をはがきで投函したのでした。そしてその翌日か二日後くらいに、今度は県人会の方から電話があって、会合の連絡だったのですが、何と、それが同じ日だったのですね。で、「ありゃ。」と思って、先約があるからと県人会の方をお断りしたのでありました。なので・・・もし県人会の案内が先に来ていたら・・・私は県人会の会合に行って生物同好会の総会&コンパには行っていなかったのですよ。と言うことは、今ここでこうしてこのブログを更新してる私もいなかった・・・・。まさにあの一枚の往復はがきの到着が・・・私の人生の分かれ道・・・だったのかもしれません(爆爆)。
                                                         とりあえず続く。
画像は入部2年目の頃の部室です。これは一夜限りってことで・・・(笑)
by nomu376 | 2011-02-04 22:21 | なんやかんや | Comments(10)
Commented by カトカラおんつぁん at 2011-02-04 23:04 x
運命を分ける1枚の往復はがき。
誰しもそんな思い出を持っているんでしょうね。
後から考えると、それが女神様のきれいなお手てだったのか悪魔のささやきだったのかは分れるとこでしょうが。

写真、時代を映してますね。
Commented by nomusan at 2011-02-04 23:26 x
カトカラおんつぁんさん、本当に、私の人生を導いてくれた一枚の往復葉書でしたよ。で、この話し、酔ったらいつもする話しでして、私の周囲の人間は何回となく聞かされてる話しでございますよ(爆)。

>それが女神様のきれいなお手てだったのか悪魔のささやきだったのかは分れるとこでしょうが。
これは断言できます。両方でした(笑)。
Commented by Rhetenor at 2011-02-04 23:45 x
わおっ、
やっと出会えた一夜限画像!

1枚の往復はがきが、ターンニング・ポイント!!
・・・ん~む、ドラマティックですねぇ。
Commented by K.M at 2011-02-05 00:12 x
ダイコク…いえ大学時代、北海道に行きました。西表にも石垣にも行きました。長野の高原にも何度もいきました。九州にも四国にも何度もいきました。
友達と馬鹿なことばかりして遊んで暮らしてました。
採集した昆虫は0w

受験前までのあの熱意がなくなるとは…

人生わかりません。

いまは、大人になって機動力を得て、情報化もあり、遠征して狙って虫捕りが出来る時代になり、また、ハマってしまいました。
Commented by luehdorf at 2011-02-05 00:48 x
すんごい話ですねぇ~。
郵便物がちょいと前後すれば、P様や千葉のK様とのボクの出会いがないわけですから…。
D.U.B.C.エライ!

でもこれはどなたでしょう? ビルさんが椅子を振り回したって、ないですよね?
Commented by nomusan at 2011-02-05 07:50 x
Rhetenorさん、おお、一夜画像ご覧になって頂けましたかぁ(笑)。
クラブの呑み班の連中はもう何回聞かされたかわからない・・・話しでございますよ(笑)。
Commented by nomusan at 2011-02-05 07:54 x
K.Mさんも充実された学生時代を過ごされたようですね。
私も同じような感じでしたが・・・・ちょっとだけ蝶を採った・・・かな(笑)。

機動力と情報力・・・本当に世の中変わりましたよね~。
学生時代にはまってなかった分、楽しみがたくさん残ってますね(笑)。
Commented by nomusan at 2011-02-05 07:59 x
luehdotfさん、本当に・・・あの葉書はあと2~3日あとに来てたら・・・
そして同期の、あの呑み班の連中と会えなかったら・・・
luhdorfさんともお逢い出来てなかったかも?ですねぇ(笑)。

むむっ?これは・・・・
’74年にNYで行われたWWWFの試合の小林さんでございますよ~。
それにしてもNYでブルーノさんをイスでしばくとは・・・ええ根性ですよねぇ(笑)。
そうですね、ビルさんは多分イスを振り回した事はないでしょうねぇ(笑)。
Commented by itsuki at 2011-02-05 08:30 x
懐かしい「春の頃」の画像でしょうか・・・・・・
 本当に「人の出会い」とは奇なり ですね
 ボクも高校時代に「生物部」に首を突っ込まなければ・・・・
 今のボルネオの先輩とも出会えなかったし、呑み友の親友とも
 出会えなかったと思います
 ・・・呑み友の親友とは 高校2年の時 3限目をさぼって外で酒を飲んだら・・・・
 4限目以降も出れない程、酔ったことがありましたっけ・・・・・・・
 いい思い出ですね
Commented by nomusan at 2011-02-05 19:03 x
itsukiさん、いや~、本当に人との出会いは奇なり・・・でございますよねぇ~。
やっぱり同じ趣味の人間は惹かれあうものがあるのでしょうかね。
その中で、さらにお酒が好きという要素も絡まって・・・(笑)。

>高校2年の時 3限目をさぼって外で酒を飲んだら・・・・
けど・・・・これは・・・・・一歩間違えば・・・・
>いい思い出ですね。
いい思い出になって良かったですね(爆)。
<< ほりでぃ いん ふくおか 不憫!証拠画像的野鳥達於佐賀県 >>