昨日の続き

週末の天気、少し良くなるかも?ですね。

さて、今日も書くことがないのでしょうもない話の続きです。
仕事で車を運転してるうちに自分の車が欲しくなってきた私ですが、その理由としては九州の田舎では車はあれば便利と言うよりもないと不便(笑)。さらには「車がないと採集に行くのにも不便である。」と実感したからでありました。

卒業して九州に帰った私は、まず「どこに行っていいかわからない。」という現実に直面いたしました。そう、学生時代は上級者の先輩や後輩の方々が近くにいてくれたので、「あれが採りたい。」と言えば「それならここへ。」と言ってポイントを教えてもらえたり、あるいは連れて行って頂けたので、『自分で探す。』事をしなくても採れていたのでした。そこへ、いきなりぽつんと一人きり。で、唯一の情報源と言えば内田老鶴圃新社の「新しい採集地案内」だけでございます。で、改めて読み直すとどうやら九州では阿蘇や九重あたりまで行かないと採りたい蝶は採れそうにありません。しかし、当時の国鉄やらバスを使うと移動にはかなり時間がかかりそうだし、まがりなりにも社会人、時間の制約がかかります。「う~む・・・。」と思ってるうちに仕事に追われるようになり、休みの日は本当に休むだけの日々・・・。結局卒業した1980年は福岡県のH山にフジミドリシジミを採りに行ったのと、何を目的とは言わずにW山に2回行ったくらいで終わってしまいました。で、「これは車で動かないと話にならん。」と思い、初の自家用車として「ワインレッドのミラージュ号」を導入したのですが、その1981年も阿蘇に2日行っただけ・・・。そのうち会社の友人とのつき合いも増えて、人並みの若者らしく海に行ったり、ドライブしたり・・・はたまたゴルフ(これは上司の指示ではじめた)に行ったり・・・・・その後、下心見え見えのテニス教室(爆)や陶芸教室なんかに通う日々を過ごし・・次第次第に蝶の世界から離れていってしまったのでありました。最後のまともな採集は1983年のハヤシミドリシジミだったと思います。そして、いつしか休眠状態に入ったのでありました(笑)。

そして9年の歳月は流れ・・・いつしかテニスもゴルフもしなくなり、何かもやもやしてた1992年の春の夜・・・私は突然、クモマツマキチョウが見たくなりました。で、F君に「F、クモツキが見たい。セッティングしてくれ!」と電話したのでありました。「クモツキでっか?わかりました、ほな考えてみますわ。」とF君が企画してくれたのがその年の6月の信州行きでありました。メンバーはT先輩、私、F君、P君、K君と彼の友人M君の6人でした。土曜の朝、新幹線で京都まで出まして、そこから関西の3人と合流して一路信州へ。お宿に着いたのは夜近くでこの日は久々の宴会となりました。そう、この頃は皆さんとももう何年も会っていなかったのですよ。久々の蝶班宴会は・・・楽しかったぁ!久々に心の底から笑ったような記憶がありました。で、呑んで話して横になり・・・夜明けを迎えたのですが、誰かが窓を開けたのでしょう、朝の冷気がさぁ~っと部屋の中に入ってきて・・・鳥のさえずりが聴こえてきた瞬間「これや!この感覚を忘れてたんちゃうか?あ~、ええ気持ちやぁ・・・・」その後、目的のクモツキを探しに行ったのですが・・・久々の、雪渓が残る信州の山々はそこにいるだけで気持ちが良くて・・・「いや、もうこれで十分やわ。これでクモツキまで見れたらばちがあたるで。」と私はF君とP君とゆったりと自然の中に身を任せていたのでした。もっとも、これについては後遺症の影響でまともに歩けなかっただけ、との見解もありましたが(笑)。で、これが私の仲間内で「すべてはここから始まった。」と言われる伝説の信州OB会となったのでありました。で、これが6月中旬の出来事でしたが、これで即復活!となったわけではありません。この頃、かなり仕事が忙しく、土曜日曜も現場の仕事が入っており、なかなか思うように活動できないうちに秋を迎えましまいした。

仕事が忙しいとは言いながら・・・10月のとある週末、私は当時ご贔屓だったお嬢さんと「呼子にイカを食べに行こう。」との約束をしておりまして、その前の晩、ご機嫌で前の職場の友人と呑んでいたのですが・・・・その夜めちゃくちゃリアルな夢を見ました。
T先輩「○っちゃん、クロツ、行ってくれたか?」
私「いえ、行ってません。」
T先輩「頼むし、行ってくれや。場所、わかるんやろ。」
私「(面倒くさそうに)ええ、まぁ・・・けど、Tさん九州来られませんかぁ?一緒行きましょうよ~。」
T先輩「(怒鳴る)行かれへんから頼んでるんやないかい!!」
はっと目が覚めました。頭がぐわんと痛みます。ひどい後遺症です(笑)。時計を見たら朝8時でした。呼子行きの待ち合わせは午後1時。「う~ん・・・行かなければ・・・」本当は午後にそなえてもっと寝ていたかったのですが、夢の中とはいえ、あそこまで怒られては行かないわけにはいきません(笑)。もそもそと起きだして大分県のクロツポイントへ向かったのでありました。
そう、実はこの当時、西日本のクロツバメシジミが注目されておりましてね、その頃電話でT先輩から九州北部のポイントを聞いていたのですが、何とほとんど仕事や遊びで行った事がある地名だったのですね。なので、「あ、そこやったらたいてい行けますわ。」と言っていたものの、当時の私はクロツにはあまり関心がなく、「行ってみてくれへんか?」と言われても「へえへえ。」と生返事をしていたのでありました(笑)。

そして、数日経った夜・・・T先輩から「九州、行くわ。」とのお電話が(笑)。で、拙宅をベースにして日帰りで、大分県・福岡県・佐賀県を3日ほど回ったのですが・・・この一緒に過ごして蝶を採った日々の楽しさが、6月の信州でくすぶっていた私の心に火を点けてくれまして・・・翌1993年3月の”16年振りの八重山ツアー”を皮切りに、本格的な(むしろ前以上に)復活へと繋がっていったのでありました(笑)。
by nomu376 | 2011-04-14 22:04 | なんやかんや | Comments(16)
Commented by shimabito3 at 2011-04-14 23:03
>で、これが私の仲間内で「すべてはここから始まった。」と言われる伝説の信州OB会となったのでありました。

ありますねー、そんな機会。私の仲間内の大キャンプ大会?も、道端キャンプが発祥、毎年集まろうねと、ずーーーと続いています。気兼ねなくワイワイやれるって、本当に楽しく思います。
Commented by nomusan at 2011-04-14 23:26 x
shimabitoさん、そうですね、そちらの”大キャンプ大会”も毎年大盛会のようですね~。

>気兼ねなくワイワイやれるって、本当に楽しく思います。
御意!にございますよ。実は京都での蝶班OB会が”斜めの会”のきっかけでもあります(笑)。
Commented by mmerian at 2011-04-14 23:31
nomuさまのサクセスストーリー、楽しませていただきました。
ずっと学生時代から続いていたのではないと、お聞きしていましたが、これがきっかけだったのですね。
私も、昆虫少年の母でなければ、今の姿はありません。

お互い、道を間違えてはいませんよね~爆
Commented by nomusan at 2011-04-14 23:56 x
mmerianさん、あは、”サクセス”かどうかは評価が分かれるかもしれませんが~(笑)。
そう、この時の信州OB会は本当に忘れていたものを想い出させてくれましたねぇ~。

>お互い、道を間違えてはいませんよね~爆
もちろんですとも! これが歩むべき道だったのだ、と確信しております。何かがきっかけになったのかもしれませんが、それは決して”偶然”だったのではなく、”偶然という名の必然”だったのだと思います。って、これ沢木耕太郎さんのパクリですけどね(笑)。
Commented by luehdorf at 2011-04-15 00:03
“二度惚れ”は最初のときよりも激しく燃え上がるんですよね(笑)。
同僚のY氏がそうでして、小4でオオムラサキをネットしてハマり、受験と就職で中断したんだそうです。
結婚後、奥さんの実家、旭川へ行った際、道内を観光していてオオイチを見つけて再燃、ご夫婦であちこちへ…。
ある年の春、今日みたいに暖かい日に、「何でこんな日に仕事なんか…。○○ではギフが…」ってボヤくと、「ねぇ、房総のルーミスのポイントは知らない?」といきなり…。それからは週に2日会うたびにチョウチョの話ばかり…。
周囲の人間は、「Yさんてあんなに明るく話す方だったんですね」と。

ルーミスのポイント? ある方のラベルを盗み読んで知った場所を教えたら、「採れたぁ!」と嬉しそうな報告が…。
ただ「この次は一緒に行こうよ」、「どうして?」、「ヒルが多いから…」。ボクをヒル除けにしようっていう魂胆なのですよ(笑)。

それにしてもP様の何とふくよかなこと…。

ドリーさんのキーロックをジョナサンさんが怪力で持ち上げたところですね。
掛けられたら後転して中腰になり、そこから膝に乗せて…。まぁ、相手が軽ければ出すけどね(笑)。
Commented by nomusan at 2011-04-15 06:51 x
luehdorfさん、復活した後あちたこちらで出会った同業の方とお話ししてますと、ずっと続けて来られた方もおられましたが、「しばらくやめてたけど復活した。」って方も結構おられましたね~。”二度惚れ!の方って結構多いのでは(笑)?
で、若い頃より多少は経済的も余裕があって、交通機関は発達してるし、情報量も多くなって、ますますはまり込んで・・・(笑)。

そうなんですよ、このころP君、結構・・・・(笑)。

>まぁ、相手が軽ければ出すけどね(笑)。
たしかドリーさん、重量級ではなくても・・・110~120kgくらいはあったのでは・・・。
Commented by itsuki at 2011-04-15 08:18 x
やはり皆さんも同じような道を歩まれたんですね
 僕も今の蝶撮り(採り)は3度目の再燃ですね・・・・・
 でも 今回はブログの皆さんにお会いして”底なし沼”に鼻下までどっぷりです~~
 特にネットを始めてからの情報量は圧倒的に多いですね
 でも 皆さんと呑みながら情報交換してる時の楽しさは格別ですね~~♪
Commented by カトカラおんつぁん at 2011-04-15 13:26 x
絶好のヒメギフ日和に、家庭内雑用でイカレンでした。
虫採りは、子どもの頃からずうっと続けている方のほうが少ないのではないでしょうか。
受験や結婚という大きな壁がありますんで、どうしても中断となりますよね。私も大学の頃から結婚後10年くらいはブランクでした。
焼け木杭に火がついたのは、昔の同好会会長さんからの会の再開を告げる一声だったような。

ネットを始めてからの情報量は圧倒的に多いとの皆さんの意見に激しく同意でございます。
そのうち,一緒に呑めたら,望外の楽しみとなるでしょうね。


Commented by kenken at 2011-04-15 19:11 x
えぇお話しですなぁ~ なんだか、ほっこりします。
以前、貴宅を強襲して、長崎まで乗せていただきましたが、マニュアル車を温厚に運転なさるお姿に、貴兄のお人柄がよく現れておりましたよ。お互いに安全第一でまいりましょう。
Commented by nomusan at 2011-04-15 19:33 x
itsukiさん、やっぱりitsukiさんもそうなのですね。
しかも、一回脱皮した数が多い(笑)。

>でも 今回はブログの皆さんにお会いして”底なし沼”に鼻下までどっぷりです~~
まさに、まさに御意にございます。だって、ブログ始めてなければitsukiさんとも知り合えてませんでしたし、ミッションGも出来てないわけでして・・・(笑)。
Commented by K.M at 2011-04-15 19:34 x
昆虫採集は中坊のころ自分の生活圏で甲虫メインであつめてました。
子供ができて一緒に虫取りでもするかぁということになったとき、インターネットのちからと車の機動力があったので、お父さんの夢をかなえる家族の昆虫採集というテーマで家族の協力あってミーハー路線走ってます。情報量と家族に感謝です。
Commented by nomusan at 2011-04-15 19:37 x
カトカラおんつぁんさん、家庭内雑用及びお片づけ、ご苦労様でございます。
やはり、カトさまも10年くらいのブランクだったのですねぇ~。

>そのうち,一緒に呑めたら,望外の楽しみとなるでしょうね。
ぜひぜひ、いつの日にか、呑んで馬鹿話(これは私だけか)やりたいものでございますよ。
Commented by nomusan at 2011-04-15 19:40 x
kenkenさん、まいどでございます。
いえいえ、何やらお恥ずかしゅうございますが、良い先輩後輩に恵まれたと感謝しておりますですよ。
今はオートマ車を安全運転しておりますが・・・
>お互いに安全第一でまいりましょう。
これを読んでふいに貴殿の前の車の事を思い出したのは・・・私だけでしょうか(笑)?
Commented by nomusan at 2011-04-15 19:43 x
K.Mさん、もともとは甲虫屋さんだったのですね。
けど、それだけ蝶との出会いが残ってるわけで、これからが楽しみですね。

>お父さんの夢をかなえる家族の昆虫採集というテーマで家族の協力あって・・・
ええお話しです。ある意味これが理想とするところなのでは?
Commented by kenken at 2011-04-15 22:17 x
思い出した!車1台、オシャカにしてたことを!
今では、懐かしい思いでですわっ。
Commented by nomusan at 2011-04-15 22:27 x
kenkenさん、不躾なレスで失礼いたしましたぁ~。
けど、あの衝撃画像は忘れらる物ではなく・・・(爆)。
<< 続きの続き どうでもいい話し >>