紅蜀葵ぢゃ

昨夜寝るまでは・・・
今日は阿蘇にゴマシジミを撮りに行こうかなと思っていたのですが・・・
はい、起きれませんでした。
と言うことで、今日は完全休養日にいたしました。
一応6時には目が覚めたのですが・・・・身体が起きてくれませんでした。
まぁ、こんな日もあります(笑)。

と言うことで、買い物に出たついでに紅蜀葵を見に行きました。
真夏になると咲くこの花・・・結構好きなんですよ~。
c0065260_18143342.jpg
c0065260_18144417.jpg
c0065260_18145347.jpg

by nomu376 | 2011-08-13 18:15 | 花/野草 | Comments(8)
Commented by pekeyama at 2011-08-14 18:57
おおっ!モミジアオイだぁ~!
幼い頃、祖父のお寺の庭に咲いていました。毎年夏休みの絵日記の最後のページはモミジアオイの押し花で飾られていました。先生から花をもらって手元に帰って来るときは、小さな種がページの隙間からこぼれ落ちたものでした。
長じて南の島での蝶採りに夢中になったのは、深層心理的には、この幼い頃の思い出が大きく影響しているのでしょうねぇ~!
Commented by pulala-2 at 2011-08-14 20:05
紅蜀葵が読めなくて・・(~_~)
↑ pekeyamaさんのコメントからモミジアオイを検索しまた・・
コウショッキと読むのですね。
しっとりした真紅の花は意外に涼しげで夏らしい風情がありますね。
シベはハイビスカスにそっくり! 
このお花、こちらでは見られないかもしれません・・私が知らないだけかな・?
たくさん咲いているところを見てみたいです♪
Commented by nomusan at 2011-08-14 20:54 x
pekeさん、和名はモミジアオイなのでしょうが、私には子どもの頃母から聞いた「こうしょっき」が馴染みやすい名前です。
転勤族だった父が一念発起して建てた家が・・・・私にとっての”実家”なのですが、その庭に母が植えていて、毎年夏になってこの花が咲くと過ぎ去った実家での日々を思い出させてくれるのですよ。
いざ入居という日、感慨深げに家を眺める親父の姿は・・・今は人手に渡ってしまったこの家のことを思い出すたびに鮮烈に蘇ってきます。
今でもあの庭に・・・この花は咲いているのかなぁ・・・と思うと・・・たまには母に電話でもしなくっちゃ・・・って思うのですよ・・・・。

と言うことで・・・・19日はヨロシク!
Commented by nomusan at 2011-08-14 21:08 x
pulalaさん、正式な和名はモミジアオイらしいのですが、昔住んでた家の庭に咲いてまして、母に聞くと「コウショッキ」と教えてくれました。
全くの憶測ですが、ハイビスカスと似たような感じもしますし、やっぱり南方系の花のかなぁと言う気はいたしますね。
母が庭に植えていた花で、気に入ったのがこの花と、アバガンサスなんですよ。花に全く興味がなかったあの頃でも、この二つは何故が気に入って・・・今でも咲いてるのを見かけると撮りたくなる・・・というか撮りたくなって探してるってのが本当かなぁ・・・。

転勤族だった父が一念発起して建てた家だったのですが、私と兄の事情で結局束手放すことになりました。この歳になって思うのですが・・・父との想い出がつまったあの家を手放すときの母の気持ちはいかばかりだったのか・・・
すみません、つまらないことを書いてしまいました。お盆のなせることと・・・お読み流し下さい。
Commented at 2011-08-14 21:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nomusan at 2011-08-14 23:02 x
非公開コメントさん、ありがとうございます。
まぁ・・・お盆スペシャルって事で・・・(笑)。

けど、やっぱりお盆ってのは大事な・・・・・・しきたり? 風習?・・・
いやいや、日本人の、先祖を敬う心なんですね・・・。
Commented by カトカラおんつぁん at 2011-08-20 19:48 x
吞むさんの父上と母上の心情を思いやる、そのお気持ちが伝わってまいりました。
やはり、お盆ならではの感慨なんでしょうね。
日本の夏も駆け足で過ぎ去ろうとしていますね。
Commented by nomusan at 2011-08-21 19:02 x
カトカラおんつぁんさん、まぁ・・・・・この歳になったからこんな風に思えるようになったんでしょうけど・・・。
あの時の私は本当に自分のことだけで精一杯で・・・母の気持ちまで思いやる余裕はありませんでしたねぇ~・・・。
で、この日は母に電話したら喜んでくれましたよ(笑)。
<< イチモンジセセリ増える 酔って候・・・ >>