薩摩へ五目撮りだったのぢゃ・その2

3連休も終わり・・・明日からまた日常ですね~・・・。

さて、続きです。
ワンツを撮った後は次の目的地へ移動です。
途中で撮った桜島。
この日は噴火しておりませんでした~。
c0065260_16422289.jpg

今回の鹿児島行きの一番の目的、実はツマベニチョウの撮影でした。
と言うことで、ハイビスカスの咲く公園へ。
c0065260_16424571.jpg

先日の長崎で、”真っ青な空の下の真っ赤なハイビスカス”をみたあと・・・
”純白のツマベニチョウ”との組み合わせが、とっても見たくなってしまったんですねぇ(笑)。
で、今回、見ることは出来ました。
が、撮影はわやでした。
吸蜜時間があまりにも短い・・・。かろうじてこの2枚だけでした。
c0065260_16432656.jpg

c0065260_21504257.jpg

さらに・・・・
ツマベニチョウを目で追っていると、いきなり目の前でコバルトブルーの閃光が瞬きました。
「え?、おるん?。」
そう、見間違うはずもない、ルリウラナミシジミでございました。
となると、こちらにも目がいってしまいます(笑)。
こちらもかろうじてこの2枚だけ。
c0065260_164587.jpg
c0065260_16452160.jpg

まだ数は少ないようでしたが、このあたりクズの量はハンパではなく、花もたくさん咲いてましたし・・・
また2年前のように大発生するのでしょうかぁ~(笑)。

おまけで、ルリウラナミシジミの標本画像。
1996年~2000年にかけて八重山諸島にて採集です。

この画像は展翅が不細工なので一夜限りにしとうございます・・・。
by nomu376 | 2011-09-25 16:51 | | Comments(12)
Commented by maeda at 2011-09-25 16:56 x
ツマベニのハイビスカスでの撮影は難しいです。吸蜜時間が極端に短いですから。止まった花に接近する頃には、吸蜜が終わって移動してしまいます。よく来る花の近くで待っているしかないようです。
Commented by K.M at 2011-09-25 17:56 x
いいなぁ~。
ど完品!
いいチョウチョですよね~。捕まえた時のバタバタ感はオオムラサキといちにを争う手応えありますよね~。
思い出しました。
あ~なんか仕留めたいなぁ~。
ボロでも、赤い花で待ち構えて捕まえてキャッチアンドリリースして楽しめる唯一のチョウチョな気がします。
バッティングセンターみたいなw
写真でも、仕留めがいありそうですね~。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2011-09-25 18:09
ツマベニとルリウラ、鹿児島にしっかりと土着していてエエですね。5年かけて約35頭。乱獲とまではいかないですよね。でも、展翅レベルはそれほど酷くはないと思いますが。
Commented by nomusan at 2011-09-25 18:27 x
maedaさん、何であんなに吸蜜時間が短いんでしょうねぇ~(笑)。
アゲハの類はそれなりに時間かけて吸ってくれるのですが、ツマベニは本当に一瞬ですよね。これは花に照準合わせて、その花に来た時でないと難しいような感じですよね~。
Commented by nomusan at 2011-09-25 18:29 x
K.Mさん、この日は綺麗なやつからかなり痛んだのまで結構差がありましたよ。
それにしても、樹上をびゅーんびゅーんと飛んでるさまは本当にシロチョウの仲間とは思えませんよね~(笑)。
見る分には結構見れましたのでね、結構楽しかったですよ(笑)。
Commented by nomusan at 2011-09-25 18:34 x
nozomuさん、ツマベニは九州島南部では土着ですが、ルリウラは”迷”でございますよん。2年に1回くらいは九州の何処かで一時発生してるみたいではありますが・・・。
けど・・・この蝶は憧れの蝶で・・・・八重山で初めて採った時の感激を思い出すと、九州には土着して欲しくないですねぇ~(笑)。
まぁ、何をもって”乱獲”と定義するのかと言う問題もありますが・・・この蝶を5年間で33♂13♀は・・・乱獲ではないと確信します(爆)。
Commented by pieris at 2011-09-25 22:06 x
標本はデータと現物がそろっていれば十分です。
モノにつかれた様に一糸乱れなく展翅や展足をなさるかたがいますが、そのかたの標本を見るとみんなコピー商品みたいで、見ていく途中で飽きてしまいます。
Commented by nomusan at 2011-09-25 22:26 x
pierisさん、う~ん・・・
>標本はデータと現物がそろっていれば十分です。
このお言葉は展翅が下手な私に対する暖かい言葉だと思いますし、私自身、展翅の仕方も人それぞれ、自分の”好み”にあった展翅をすればいいのだと思っておりますが・・・
出来れば自分も気に入って、見た人からも「格好いい展翅やな。」と思われたいとは思うのでありますよ~(笑)。
Commented by OIGATO at 2011-09-25 22:37 x
呑むさん、こんばんは。

ええですね~ 南国白熊・・・桜島・・・ぢゃなかった真っ赤なハイビスカスにツマベニチョウ。写真からの印象より実物は大きいんでしょうね。一度見てみたいで~す。
やっぱり南国だなぁ(白熊も? しつこいかなぁ 爆)
ルリウラは、一度福岡市内でも発生した時に1頭だけですが、見る事が出来ましたよ~
飛翔時の眩い強烈なコバルトブルーの輝き!クマソとは一味も二味も違う!!ドキドキ者でした。
Commented by nomusan at 2011-09-25 23:20 x
OIGATOさん、こんばんは~。

ツマベニチョウ・・・春型のアゲハくらいの大きさでしょうか・・・
ただ、飛ぶ速さは全然違いましてね、飛翔画像なんぞは夢のまた夢ですよ~(笑)。
今回行った場所は町ぐるみで増やそうとした活動をしてるみたいですのでね、『見る』のは難しくないと思いますよ(笑)。
ルリウラのコバルトブルーは本当に綺麗ですよね~。最後の方はとまったのを飛ばして眺めてましたよ(爆)。
Commented by ブルメイ at 2011-09-25 23:20 x
ルリウラの乱舞を初めて西表で見たときの感激は忘れません。それが本州でも見られるんですねー。
しかしルリウラの開翅写真は難しいですね。翅を開いて止まっているところを見たことがありません。飛翔写真でしか翅を開いた所は撮れないのかと思ってしまいます。
Commented by nomusan at 2011-09-25 23:31 x
あ、ブルメイさんだぁ。はい、私も初めてこの蝶を見たのは西表でした。
あの感激は今でも忘れられませんねぇ~・・・。

>それが本州でも見られるんですねー。
これ・・本土って事かな(爆)。
この蝶は・・・開いたところ見たことないですねぇ~。
飛翔画像は・・・是非とも挑戦されてくださいませ~(笑)。
<< 薩摩へ五目撮りだったのぢゃ・その3 薩摩へ五目撮りだったのぢゃ >>