北の国の友へ

あれ?この人2浪じゃなかったっけ?
辻褄が合わない・・・。

え? お前2浪っての信じてたの?
そんな歳に見えるか?
俺27年だよ。

27年? 
5歳上なの?
面白いなぁ、この人。

親が医者でさぁ、お前も医者になれって言われたんだけどさ
嫌だったから高校卒業して東京へ出たんだよ。
カメラマンになろうと思ったんだけどさぁ、うまくいかなくってよ
遊んでるんだったら大学行け。
って言われて、まぁそれもそうかなと思ってさ、
しばらく東京にいたから今度は京都もいいかなと思ってさ。

こんな、小説に出てくるような人本当にいるんだ。
それ以来、下宿で一番仲のいい友人になった。
お互い下宿にはあまり帰ってこなかったから会うのはよくて週1回
会う度に久しぶりだなぁと言って呑んだ。
彼も下宿では一番気が合うと言ってくれた。

下宿の他の友人は呑んでも麻雀してもほどほどで切りあげた。
私だけは始めた瞬間から明日がなくなって最後までつき合った。
そこがいいんだと彼は言った。
お前は生まれるのが5年遅かったとも言われた。
昔はお前みたいなやつばっかりだったけどな
今は皆真面目になっちゃったなぁ・・・。

3年目に入った頃やっぱここ遠いわ、と言って出て行った。
その後、何回かは会って呑んだけど、そのうち疎遠になった。
そして消息もわからなくなった。


彼の連絡先わかるよ。
下宿の別の友人が教えてくれたのはそれから24年後の春先だった。
その年久々に下宿の集いをすることになり幹事をやってくれたのだ。
ワシは面識ないからあんた電話してみるかい?

覚えてないだろうなと思ったけど電話した。
24年ぶりの声は変わっていなかった。
よくわかったなぁ、覚えてるよ九州だったよな?
卒業して帰ったんだ。そっちも帰ってたんだね。
いろいろあったけどな。
京都で集まろうって話なんだけど、急すぎるよね?
ああちょっと厳しいなぁ。
また連絡するよ。

下宿の友人、歳上の人は基本さん付けで敬語だったけど、
この人にだけはため口だった。
敬語使ったら怒られそうだった。

電話があったのはその年の夏の終わりだった。
九州行くけどつき合えねぇか?


阿蘇に行くんだけどさ一晩くらい泊まれないか。
空港まで行くよ。
いや、嫁と二人で車なんだ。
新潟から?
いつもそうなんだよ。
わかった。

24年ぶりだった。
会った瞬間思わず笑った。
そして昨日の続きだった。

あれから10年
今入院してるらしい。
ふぁいとぉ!
伝わって欲しい・・・
by nomu376 | 2012-02-03 23:01 | なんやかんや | Comments(10)
Commented by まっちゃん at 2012-02-03 23:47 x
 男の友情、良いお話ですね。

ちょっと「ウルルン!」しちまった!
Commented by itsuki at 2012-02-04 01:01 x
ムムム・・・・いいお話ですね~~!

実は僕も似たような経験が・・・・・・・
今、頻繁に連絡してる”ボルネオの先輩” 大学在学中は年似一,2度はがきをくれて
居場所も判ってたけど 卒業の頃から音信不通になり 風の便りに地元の役場に居るらしいと・・・・
でも 特に用も無いので会えずに居たら 3年前の春 偶々ブログの友人から
「彼 もうすぐボルネオに行くらしいよ・・・」聞き 連絡先を聞いて電話したら
何と 出発の2日前でした・・・・36年ぶりの再開でした!
感動の再開でしたが 先輩の顔は昔と変わらず・・・やや白いのが増えただけでした

今では頻繁にメールのやり取りしていますよ
蝶への情熱は昔と変わらず熱い先輩ですよ~~~!
Commented by luehdorf at 2012-02-04 01:21 x
カト様の後輩K。
賀状によれば庭先まで津波が来たと…。
’69の夏、龍泉洞で出会って一緒に行動。卒業後はお互いに全く不明。
’95頃、某誌に載ったボクの報文を目にして104から我が家の電話番号を調べて連絡をくれました。驚きました。
前世紀末、帰郷するときに訪ね、30年も前の1泊2日の採集行を肴に延々6時間。彼の奥さんも我が飼育係も、「この2人、相当に濃い2日間を過ごしたんだ」って驚いてましたっけ…。

八戸へ帰ったという、グレていたころのコンビのHはどうしているのか…。
↑ を読み、消息を知りたくなりました。

↓ pieris様 “岸田さん”って、東農大昆研ご出身の岸田○則さんでしょうか?

馬場社長をサイドスープレックスですか…。マズイぞぉ~!誰なのか分からん(涙)。


Commented by nomusan at 2012-02-04 09:29 x
まっちゃんさん、10年振りでも20年振りでも・・・会った瞬間昨日の続きのように話が出来る・・・本当に不思議な感じがします。しかも彼は体型も変わってなかった(笑)。
Commented by nomusan at 2012-02-04 09:33 x
itsukiさん、なんと!出発の2日前に電話されたのですかぁ~!
それで36年振りに再会されて・・・まさに劇的な再会だったのですねぇ~。きっと”縁”があったのでしょうね。ええお話しです。
Commented by nomusan at 2012-02-04 09:38 x
luehdorfさん、”’69年夏の龍泉洞”、Kさんにとっても忘れがたい鮮烈な想い出として記憶に刻み込まれていたのでしょうね~(笑)。
皆さんも同じような事を経験なさってるのですね、これが”縁”ってやつなのでしょうね。

馬場さんをサイドスープレックス・・・ディック・スレーターさんでございますよ。何回かテレビで見たことあったかなぁ。
Commented by Rhetenor at 2012-02-04 12:05 x
時空を越えて語り合える友人、良いですねぇ。

nomusanの想いが通じて、
お友達が快気に向かわれますように。
Commented by mmerian at 2012-02-04 18:36
私も○年ぶりの友と、昨日の続きが始まっています。
昔と全然変わらないのが、おかしいくらい、昔のままです。
なんていうか、家族のような存在ですよね。
青春時代の友達って大切なので、
息子たちにもっと遊べ~とはっぱをかけてます。笑

早くよくなられますように!
Commented by nomusan at 2012-02-04 20:29 x
Rethenorさん、お心遣いありがとうございます。
京都にいたのは4年間だけなのに、あの当時知り合った人たちと今でも同じようにつき合えているのは本当に嬉しいことですね。
Commented by nomusan at 2012-02-04 20:34 x
mmerianさん、お心遣いありがとうございます。
本当にねぇ~・・・・もう卒業して30年以上経ってるんですけどねぇ~・・・
まぁ、あの当時は本当に全てをさらけ出してつきあってましたからね、今さら格好つけることもないし、見栄を張ることもないし・・・ね(笑)。
<< 梅一輪・・・ 企画倒れだったようぢゃ >>