と、言うことで・・・

今日は終日雨でした。
職場から一歩も出なかったので寒かったかどうかは???
週末にはまた雪マークがついておりましたが・・・
そのあと気温があがれば、ぼちぼちモンシロチョウも気になる頃です。

どうやら一昨日見たモンキチョウは新羽化の個体と思ってよさそうです。
ちょっと元気が出てきました(笑)。
と言うことで・・・・・今回の再掲シリーズはここで区切りをつけましょう。

最後はやっぱりタテハモドキ(笑)。これは2006年12月14日に佐賀市で羽化を確認した時の画像です。
11月4日に蛹を見つけ観察を続けたところ、12月10日に羽化前兆を認め、14日に羽化を確認しました。
(12日は羽化しておらず、13日は観察できず。で、14日に成虫を確認しました)。
まさか12月に羽化するとは思わず、羽化前兆が出たときは結構驚きましたね~。
c0065260_2153753.jpg

by nomu376 | 2012-02-13 21:07 | なんやかんや | Comments(10)
Commented by K.M at 2012-02-13 21:39 x
野外で羽化の観察って凄いですね。蛹見つけることはよくありますが、その後は脱皮殻をみてばかりですね~。
それか拉致しちゃうかですね~。

観察に通う根気に脱帽っす。
Commented by nomusan at 2012-02-13 22:09 x
K.Mさん、この時は多分にラッキーな面が多かったです。
時期的にこの近くで現場の仕事が入っていたので、昼休みなんかにちょっと覗きやすかったあり、この日は小雨混じりだったり・・・。で、翌日は行けず、翌々日に行ったら殻だけでしたよ(笑)。
Commented by OIGATO at 2012-02-14 09:16 x
吞むさん、お早う御座います。
今日もシトシト雨の一日、良い休養日です・・・(苦笑)

南方系の蝶なのに12月に羽化するとは?凄い!ですね~(それだけ温暖化してるんでしょうか? それとも繁殖力が強いのか?)
地道な観察の賜物だったんでしょう。ラッキーでしたね!!

週末にまた雪の予報が、今年は何時まで雪が降るんだろ~。

Commented by とるばどおる at 2012-02-14 10:06 x
羽化したての成虫の後に、蛹は隣接して2コあるのですか? もしそうなら、こんな風にくっついて蛹化することはよくあるのでしょうか?
Commented by nomusan at 2012-02-14 21:02 x
OIGATOさん、こんばんは~。
今日も雨でしたね。こんな日に出勤しなくていいなんて、なんと強運の持ち主(爆)。

タテハモドキ、この頃が一番執拗に追いかけていたような気がしますねぇ~(笑)。11月の頭に蛹を見つけて、いつ羽化するかなぁ・・・と思ってたら全然羽化せずに12月に・・・。蛹で越冬するのかな?と思ったら12月に羽化。びっくりしましたねぇ~。

週末、寒そうですねぇ~・・・・。劇的な天候の変化を祈りたいですね(笑)。
Commented by nomusan at 2012-02-14 21:10 x
とるばどおるさん、後ろにあるのは二つとも蛹の抜け殻ですが、多くの場合にこのように隣接して蛹になることはありません。ごく限られた種類の蝶以外、単独で産卵されても卵塊で産卵されても孵化したあとは単独行動になりまして、ばらばらです。たまに前蛹や蛹になったあとに別の幼虫が接近して触れあうくらいまで近づくといやいやをするように「あっっちに行って。」と身体を震わせます。
で、今回の場合は蛹化に時間差がありまして、画像の成虫が羽化したのは左の蛹からでしたが、この蛹になった幼虫がここにきたときはすでに右の蛹は抜け殻でありました。なので、こんなに近くに羽化殻が並んだ、と言うわけでございます。
Commented by luehdorf at 2012-02-14 23:22 x
9時ごろからしとしとと降り始めまして終日…。
まぁ、カラカラだったのでよいお湿りかななどと思っています。

ニュースを見ていたら沖縄・那覇では25℃とか…。内地の春一番はいつになるのでしょうか?
待ち遠しいです。

ハットンさんVSテーズさん、しかもハットンさんの“伝家の宝刀”コブラツイスト。
よだれたらたらの画像です!
Commented by nomusan at 2012-02-15 06:58 x
luehdorfさん、昨夜のニュースで東京はやたら火事が多いとか言ってましたので・・・くれぐれもご注意くださいませね。通勤には面倒でも多少のお湿りはええかもしれませんね。

こちらも昨日は10℃くらいまで気温があがったようです。週末はまた4~5℃くらいまで冷え込んで雪が降るらしいのですが、その寒波が去って気温があがれば・・・ぼちぼち・・・と期待したくなりますね(笑)。

4thのWLでの試合のようです。こりゃ動画が残っていたら何とも観てみたい試合ですねぇ~。ちなみにドローだったようですが・・・。
Commented by とるばどおる at 2012-02-15 14:19 x
触ってしまった幼虫ではなく、目も口も手足もない蛹の方が身を震わせるのですか? ということは、感覚は敏感に機能しているのですね。やっぱりね、生きているのだもの。それわじっと観察してきた吞むさんもすごい。
Commented by nomusan at 2012-02-15 19:40 x
とるばどおるさん、蝶を始めた中学生の頃は、近所で幼虫を見つけては飼育箱や小さなプラスチックケースなどで飼育していました。あの頃は幼虫が大きくなっていくのが楽しくてしょうがなかったですねぇ~(笑)。
ナガサキアゲハの終齢幼虫なんて、見事な食べっぷりでシャリシャリと葉っぱを食べていく様を飽きもせずに眺めていました。あとで聞くと親は多少?心配混じりにそんな私を観ていたようですが(爆)。
で、狭い場所で飼育してますと、前蛹や蛹のすぐ近くに蛹化場所を探す別の幼虫がきたりするのですが、なんせすでに動けない状態なので、なんとか追いやろうと懸命に身体を動かしていやいやをしていたのですよ。飼育してたから見れた光景かもしれませんね。
<< ネタがない日は想ひ出話し・・・。 完全休養日@自宅 >>