クロスジギンヤンマ@佐賀市

当初の予定では、意外なミッションを敢行して皆さまの意表を突きたかったのですが・・・
諸事情によって断念しました。
もっとも思いの外天気が良くなかったので断念して正解だったかも???

と言うことで、完全休養日にしようかとも思ったのですが、
折角の休みなので、お気に入り公園へクロスジギンヤンマを撮りに行きました。
子どもの頃はあまり見る機会もなく、またギンヤンマより地味な蜻蛉というイメージがあったのですが・・・
昨年間近で見たらかなり美しい。
で、何とか撮りたいと思っていたのですが・・・
どうやら私の技量では飛翔画像を撮るのはきわめて困難のようです。
かと言って、羽化に立ち会えるような強運もない(笑)。

けど、撮りたい・・・・。
と言うことで・・・・・捕って撮ることにいたしました。
名付けて『少年の夢生き生きと』大作戦(爆)。

しかし、ここで新たな問題が・・・・・
そう、果たして”飛んでるヤンマを捕ることができるのか?”です。
案の定、最初の機会は見事に空振り(笑)。
2回目の機会でようやく捕ることができました。
う~ん・・・・やっぱり格好良いし、綺麗だなぁ~。
充分に眺め回して、リリースしたのでありました~(笑)。
c0065260_169516.jpg
c0065260_1610351.jpg
c0065260_16101578.jpg

今日はさなえちゃんにも会えました。この角度では名前はわかりません。
はい、撮れるチャンスがある蜻蛉にはこの作戦は適用しません。
そこは私のこだわり(爆)。
c0065260_16103779.jpg

帰りにラーメンを食しました。
豚骨ラーメン発祥の地久留米で、最初に豚骨ラーメンを作ったお店だそうです。
実は初めて行ったのでありました(笑)。500円也。
c0065260_16111490.jpg
c0065260_161127100.jpg

by nomu376 | 2012-05-13 16:15 | 蜻蛉 | Comments(18)
Commented by K.M at 2012-05-13 19:56 x
クロスジギンヤンマかっこいいっす!
大きくて美しく、ミーハーで私的にはストライクのトンボっす。さらに仕留めがいもあるし。網のなかでバタバタしたときの満足感も重量感あるし…。
私のような採集派からみたらゲット画像も臨場感あっていいですよ。
息子には難敵で網に入れられず、現状たかねのトンボになっています。父親は指に複数のクロスジギンヤンマを挟んで、父親の威厳であります!
Commented by nomusan at 2012-05-13 20:51 x
K.Mさん、クロスジギンヤンマ、格好いいっすよねぇ~。
要するに、一度手にとってみたかったって事なんですよね(笑)。
蜻蛉を真剣にネットするのは何年振りかなぁ・・・・心地よい緊張感でしたわぁ。

確かに、ご子息の年齢ではヤンマは難敵でしょうねぇ・・・。
いずれ追いつかれるまで、威厳を保たれてくださいませ(笑)。
Commented by alchemy-ideal at 2012-05-13 21:39
私も大好きです。
でも、標本にしたら褐色になりました。
以来、トンボ全般採ってないです。
アカトンボの赤とか、サナエの黄色は残るのですが、ヤンマの青はなかなか残りません。
蝶の鱗粉、甲虫のキチン質とはどこがどう違うんでしょうか・・・・・。

サナエはダビドさん?かもです。←生息環境からのあてずっぽう。
Commented by nomusan at 2012-05-13 22:08 x
alchemy-idealさん、私も小学生の頃は夏休みの自主研究?で蜻蛉も標本にしてましたが、どうしても退色してしまって・・・中学に入って蝶を始めてからは蜻蛉は採っていません。

>蝶の鱗粉、甲虫のキチン質とはどこがどう違うんでしょうか・・・・・。
私に聞かないで・・・。これは某掲示板向きの質問ですね(笑)。

ダビドサナエかも?ですね。ありがとうございます。
Commented by OIGATO at 2012-05-13 22:37 x
呑むさん、こんばんは。
あ!この前お邪魔した時にトンボ屋さんとお話した時に、話題になったクロスジギンヤンマぢゃ
ギンヤンマよりボディがブラック&ブルー、精悍で格好ええ~です!

トンボ屋さん来られてませんでしたかぁ(笑)
Commented by nomusan at 2012-05-13 22:44 x
OIGATOさん、こんばんは~。
クロスジギンヤンマ、前は見れなかったのですが、昨年から見れるようになって結構嬉しい私です(笑)。
で、ここは背景からもおわかりかと思いますが、大きな池でなく、薬草園の奥の小さな池ですよん。
今日は同業の方はおられなかったような・・・(笑)。

(失礼ながら、私の判断で一分削除させていただきました。m(_ _)m。)
Commented by MatsuHimeji at 2012-05-13 23:04
クロスジギンヤンマ、良いですね~☆
やはり手に捕って見るのが一番!
青と黄緑と・・・・ん?・・・ピンク色?!?
クロスジギンヤンマがアッカンベー!してるように見えますが、
いったい何をどう見間違えているんでしょう?(爆)
Commented at 2012-05-14 01:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by OIGATO at 2012-05-14 06:12 x
再び、お手数お掛けしました。
m(__)m
Commented by nomusan at 2012-05-14 06:34 x
MatsuHimejiさん、お呼びだてしてしまいました~(笑)。
はい、昨年から撮りたかったクロスジギンヤンマでしたが、飛翔画像は自分には無理だと開き直りました(笑)。
アッカンベーは・・・やはり見間違いでございましょう。何か嫌なことでもありましたか(爆)?
Commented by nomusan at 2012-05-14 06:35 x
非公開コメントさん、ありがとうございます~。
ただ・・・早い時間なんですよね~?それも大きな問題・・・(笑)。
Commented by nomusan at 2012-05-14 06:37 x
再びのOIGATOさん、おはようございます。
いえいえ、まぁ、一応webなので・・・(笑)。
Commented by K.M at 2012-05-14 08:34 x
そうなんですよね~
トンボ特にヤンマはボディは褪色するから、わたしは羽根に模様のついたトンボが好きなんです。ヤンマのブルーは写真向きですね。
Commented by luehdorf at 2012-05-14 10:12 x
おはようございます。

山梨高地、標高1,500m辺りを境にして、上はまだ早春の様相でした。
途中で地元のチョウ屋さんの集団と遭遇、お話を聞くと、その方たちがやっと1つ…。
当然こちらは“null”でございました(笑)。
でも、よく知られている所以外にも結構ベタにいるようです。
今回のテーマ、「標高1,200m超の林道」は正解だったということで…。
詳しくは仕事から帰ってきてから…。

ヤンマと“勝負”なさいましたか…。
ギンは水面を低く翔ぶので、ネットをいかに濡らさずに振るかが課題でした。

さなえちゃん、“大学ノートの裏表紙”で、種名は消えてました(笑)。

ハンセンさんのパイルドライバーは見ることかないませんでした。
これはロビンソンさんのローリング・クレイドルからのエビでしょうか?
受け手のヒゲさん、えぇ~っと…(失念)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-05-14 12:02 x
クロスジギンヤンマの思い出は、山の中の小さな貯水池みたいなコンクリートの溜め池に幼虫が居て、掬って来て飼いました。当時はまだ水槽が5つも6つも並んでいた頃で、他にもシマドジョウとかヨシノボリとかが居ました。

ギンヤンマはもうここ何年も出会ってませんが、あれが一番カッコええトンボだと思います。オニヤンマももっと少ないと人気が出るんでしょうけどね。
Commented by nomusan at 2012-05-14 20:09 x
K.Mさん、御意にございますねぇ~。
高校生の頃に出た保○社の「原色生態図鑑」のトンボ編、実は結構欲しかったんですよね(笑)。
この公園にはあと何種類か撮れないヤンマがいるので続編あるかもです(笑)。
Commented by nomusan at 2012-05-14 20:41 x
luehdorfさん、おおっ、
>今回のテーマ、「標高1,200m超の林道」は正解だったということで…。
流石でございますね。後ほどゆっくりと楽しませて頂きたいと思います~。

はい、久々の”真剣勝負”でございましたが・・・やっぱり一振り目は見事に外してしまいましたよ~(笑)。
子どもの頃は30口径のナイロンネットで、今は60口径のメッシュネット・・・30口径だったら捕れてなかったかも・・ですねぇ(笑)。メッシュなら濡れても大丈夫ですし・・・。

ローリング・クレイドルはテリーさんでございますよん。この技も・・・従兄弟に掛けたけどよくわからない技でした(笑)。ちなみに受け手はアレックス・スミルノフさんとか・・・。
Commented by nomusan at 2012-05-14 20:45 x
カトカラおんつぁんさん、そう、オニヤンマって結構何処にでもいるって感じですよねぇ~。
小学生の頃は夏休みの林間学校で山に行った時にしか見れず、その大きさもあってどきどきもんでしたが、蝶を始めて山に行くと結構あちこちで見れてしまい・・・いささかありがたみが薄れてしまいましたよ(笑)。

私も子どもの頃はギンヤンマが一番好きでしたが・・・今はクロスジギンヤンマの方がええかな?って思ってます(笑)。
<< そうだ、耶馬渓へ行こう-201... そうだ、耶馬渓へ行こう-2012 >>