無題ぢゃ

週末に画像が撮れるまで今週はお休みするつもりだったのですが・・・
先ほど見たネットのニュースに一遍の訃報が・・・・・

その瞬間、走馬燈のようにあの頃の情景が頭の中をぐるぐると・・・・・・・
思わず予定外に更新です。
けど、まだ60歳だったのですねぇ・・・・・・・合掌です。

最初のを観たのは高校2年の秋?冬?
友人と福岡に映画を観に行こうといって出かけて・・・・・・
思い切ってこれを観ました。
もちろん、この手の映画は初めてだったし、何と言っても切符売り場で
「大人2枚」と言うまでにどれくらい時間がかかったか・・・(笑)。
で、帰宅して母親から「何を観たの?」と聞かれて、打ち合わせ通りに
「007。」と答えたんだけど、その後調べたら007はまだ封切り前だった(汗)。
ばれていたのかいなかったのか・・・。

『2』を観たのは大学受験で上京した高校3年の冬・・・・
兄の下宿に泊まった私は試験の前日に志望校の下見をしてその帰り・・・・・
まっすぐ兄の下宿に帰る気になれず、あれは新宿だったかなぁ・・・・・
「今さらじたばたしても仕方ない。」と思って思い切って「大人1枚」
そのせいかどうか、この時に受けた大学からは「来なくていいよ~。」の返事でした。
って、親には聞かせられない想い出話しですなぁ(爆)。

けど、この時「来なくていいよ。」って言われたので・・・・・・・
「そろそろ斜めの打ち合わせかな。」って水面下で動き出した私がここにいるわけで・・・
そう思うと、やっぱり観に行ってよかったのかなぁ(笑)。
by nomu376 | 2012-10-18 21:22 | なんやかんや | Comments(14)
Commented by pulala-2 at 2012-10-18 22:41
人生はどこでどう変わるのか・・
何処で方向が変わってもいつもいい方向に動いているものなんですよね。
今の自分がいるところも意味があるのですよね・・
上手く表現できないのですが・・わかっていただけますか?
秋なので哲学っぽくなってしまいました~(笑)

この映画のポスター、よく覚えていますよ。
フランス人ってセンスがいいなぁと思いました(^-^)☆
Commented by nomusan at 2012-10-18 22:49 x
pulalaさん、こんばんわ~。
まぁ・・・人生の場合、ある時点で右か左かを選んだらもうリセットはきかないわけで・・・その結果をどうするかは自分次第・・・・。

>何処で方向が変わってもいつもいい方向に動いているものなんですよね。
そう思えるのは、きっとpulalaさんご自身ががそう言う結果にもって行かれたのだろうなぁ・・・と思う私でございますよ。

思春期の少年には、あまりにも刺激が強すぎたポスターでございましたよん(笑)。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2012-10-18 23:43
椅子に座るポーズ。良かったなあ。まだ若いのに、エエ人亡くしましたね。映画館では見なかった記憶が。合掌。あの時のテーマ音楽を口ずさみながら、コメントを書いております。
Commented by maeda at 2012-10-19 05:47 x
甘酸っぱいものが有りますね。
呑むさん、来年の1月、よろしくお願いします。
Commented by K.M at 2012-10-19 06:21 x
私も東京を断られて今に至る経緯です。
たぶん、住む場所から仕事まで全部人生が違う方向…。

これは親に隠れて深夜に再放送を…
Commented by nomusan at 2012-10-19 06:58 x
nozomuさん、あの椅子に座ってるポーズは良かったですねぇ・・・。この日は最初からこの映画を観ると決めていたわけでなく、友人と二人で看板を観て思わず・・・って感じだったのですよ。「あんたたち高校生じゃないの?」って言われたらどうしよう?ってドキドキもんでした(笑)。
テーマ曲も良かったですねぇ・・・改めて合掌です。
Commented by nomusan at 2012-10-19 07:01 x
maedaさん、1月生の私はあの時16歳だったはず・・・甘酸っぱい想い出でございます(笑)。

おお、次回もご参加でございますね。これは嬉しい便りでございます~(笑)。
Commented by nomusan at 2012-10-19 07:04 x
K.Mさん、おお、そげな事でございましたかぁ~。
おそらく私もね・・・・もしあの時東京に行っていたら・・・って、実は生まれ故郷ではあるのですが(笑)・・・・多分蝶はやってなかったでしょうねぇ~(笑)。

あは、ちょっと世代がちがいますかなぇ(笑)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-10-19 19:41 x
今朝の電車の中で前の男性が開いていた新聞を見るともなしに見ていたら、目に飛び込んできた記事がそのかたの訃報でした。
もちろん、椅子に座った往時の写真もありました。

高校生のころは、その手の洋画ばかり見てたんですが、この方が出た映画のもう少し前の時代でしょうね。この映画は1も2も見てません。

私も東京の叔母の家に寄宿して、大学にと思っていたら、あっさり断れ、地元の国立に進みました。あの時、オッケーが出たらまた違う人生を歩むことになったんでしょうね。

いろいろ青い春を思い出させる訃報ではありました。合掌でっす。
Commented by nomusan at 2012-10-19 20:07 x
カトカラおんつぁんさん、正やん風に言うと、♪今朝、新聞の片隅に・・・♪ってとこでしょうかね~(笑)。

この映画は最初のが1974(S49年)、次のが1976年(S51年)だったと思いますので、おんつぁん先輩にすればもうすっかり”大人の世界”だったのでしょうねぇ~。私はまさに16~18歳の高校生、青い春の入り口でしたねぇ~(笑)。

う~ん・・・・この狭いブログの中でも3人も東京から「来なくていいよ。」って言われてるんですねぇ~・・・・。で、中にはルー様のように「おいでおいで。」をされた方も・・・・。本当に高校を卒業する時ってのは人生の大きな岐路なんでしょうねぇ~。
Commented by kenken at 2012-10-19 22:57 x
私もね、ほぼ同じような経験があったんですわ。
マイブログ、喪に服して貴ブログの記事を引用させていただきました。
Commented by Rhetenor at 2012-10-20 00:34 x
お会いした事はなかったのですが、
映像はフランスだったかで・・・お綺麗でしたぁ。

遠い空の下から        合掌        
Commented by nomusan at 2012-10-20 05:07 x
kenkenさん、まいどです。
何やら体調不良のご様子・・・くれぐれもご自愛の程を・・・。
おお、貴殿も同じような経験を・・・・・
まさに我々の青い春の・・・甘酸っぱい想ひ出の象徴なのかな(笑)。
Commented by nomusan at 2012-10-20 05:11 x
Rhetenorさん、はいな、おフランスの監督さんの作品でしたが、ご本人はオランダの方だったようですね。初めて知りました。綺麗でしたねぇ~。

近々、業務連絡が届くと思われます(笑)。
<< ちょっと早めの最終合宿だったの... 完全休養日@自宅 >>