特別合宿だったのぢゃ@南九州・The Final

暑かったですねぇ~・・・・。
毎日同じ事書いてますが・・・・
本日の職場がある佐賀市の最高気温は31~32℃!
真夏日でございましたよ。
とは言え、空調の効いた事務所でPCとにらめっこでございましたけどね(笑)。

さて・・・
”ああこりゃこりゃ”で夜は更けて・・・寝たのは日付が変わる頃だったような・・・。
で、起きると・・・・・雨!
しかも次第に本降りへと変わっていきました。
綺麗なお姉さん・・・・・こんな時だけきっちり当てんでも・・・バチあたらへんでぇ・・・(笑)。
と言うことで、この日の朝はゆったりだらだら、下宿モードでございました。

皆さん、朝風呂、二度寝・・・・・
そう、ここには温泉設備が備わっておりましてね、↓の五右衛門風呂がとっても好評でございましたよ(笑)。
c0065260_19571421.jpg

で、チェッククアウトの時間が迫ったので、やむなく出発したのでありました。
おそらく、九州兄弟だけだったらこの時点で解散していたでしょうね(笑)。

それでも午前中はシルビアシジミ探索、昼過ぎに少し小振りになったので再度カラスシジミポイントへ。
カラスシジミは雨天では見れない。改めて知った生態でございましたよん(笑)。
c0065260_19574018.jpg
c0065260_19575084.jpg
c0065260_1958015.jpg

と言うことで、今回の合宿はここで解散。
福岡組は雨の中を帰路に就いたのでありました。
c0065260_19581746.jpg

                                                             おしまい。
追記)
残った二人はその後しっかりシルビアシジミを見つけたそうです。流石やなー。
by nomu376 | 2013-05-23 20:00 | 合宿 | Comments(6)
Commented by OIGATO at 2013-05-23 23:16 x
呑むさん、こんばんは。
五右衛門風呂ぢゃ!懐かしい、日田の親戚のお風呂が昔五右衛門風呂でしたぁ
Commented by luehdorf at 2013-05-24 01:43
五右衛門風呂、3歳の頃だったでしょうか、弟が生まれるために父のお泊り仕事に連れていかれました。宿の風呂がまさにこれ。
薄暗い浴室で、しかも蓋を踏んで入るという『非日常』に驚きました。父と同行の『若い方』に抱えられて入ったのですが、思いっきり泣いた記憶が…。
数年前、実家で呑みながらこの話をすると、「お前、あの時のこと覚えてるのか」と驚いてました。そして、80近くになれどご健在の『若い方』に電話し、50ン年前の話に花を咲かせていましたっけ。

F様、2日目は不運なことでしたね。『ウラベニモンカラスシジミ』はおあずけみたいで…。
↓ いつも豪勢な酒と肴の数々、目の毒にございます。

ジョーさんのポーズはいつもきまってますね。
馬場社長をブレーンバスター、黒のロングタイツでもR.木村さんってことは…?
Commented by nomusan at 2013-05-24 05:53 x
OIGATOさん、おはようございます。
いつもなら”ああこりゃこりゃ”の前は皆で最寄りの温泉施設に行くのですが、今回はこれを見て「これでいいやん!」って事になって交代で入りましたよ(笑)。

私も滅茶苦茶久しぶり・・・。記憶に間違いがなければ中学2年の時、同じくラスの友人の糸島の親戚の家に連れて行ってもらった時にそこが古い農家ででっかい五右衛門風呂で・・・底に板を敷いて入るのに苦労した記憶があります(笑)。
Commented by nomusan at 2013-05-24 06:04 x
luehdorfさん、おはようございます。3歳の頃の五右衛門風呂の想いで・・・凄いですねぇ~よっぽど恐かったのでしょうねぇ(笑)。

↑にも書きましたが、中学2年の時に初めて見て「こんなの本当にあるんだ。」ってびっくりした記憶がありますねぇ~。そう、そして蓋を踏んで入るのが難しくて・・・・
それに比べると今回のは釜も小さかったし蛇口から適度な温度のお湯が出ましたので、蓋を踏まずに入れましたよ(笑)。

まぁ、赤いカラスはいつかの日の楽しみって事で・・・(笑)。

まさに、この画像の主役は樋口さんでございますよ。それまで見慣れていた沖さんとのギャップが・・・大きかったですねぇ(笑)。
ちなみにかけては木村さんでビンゴ!ですが・・・受け手はジャンボさんですよん(笑)。
Commented by カトカラおんつぁん at 2013-05-25 20:04 x
五右衛門風呂はさすがに入ったことが有りませんが、下駄を履いて入るとかふたを沈めて入るとか、昇天する前にいっぺん体験したいもんです。

コジャノメの最後の画像を見ると、裏面の下のはねの白い部分の広がりに注目でした。こんな風に白い部分が広いのは見たことがないような気がして興味津々です。

♀かんかのの特徴なんでしょうか。
こっちでも採って確かめてみますね。
Commented by nomusan at 2013-05-26 05:08 x
カトカラおんつぁんさん、まぁ、正確に言うと五右衛門風呂モドキとでも言うのでしょうか・・・。
上から湯をはるので、下駄を履く必要も桶を踏む必要もありませんでしたよ(笑)。

これはヒメジャノメのように見えました。確かに後翅外縁の内側が白いなぁとは思ったのですが、それが頻度的にどうなのか?はわかりません(汗)。
<< ベランダのオオムラサキ・5 特別合宿だったのぢゃ@南九州・その5 >>