ウラジロミドリシジミぢゃ

”ゼフの撮影は早朝が全て”・・・・・・
九州のゼフィルス(ミドリシジミの仲間)の中でも、
特にFavonius属やChrysozephyrus属の♂の開翅を撮りたければ・・・・・・
早朝にはポイントに着いておかなければ、その可能性はかなり低くなります。
特に!今日のような快晴の日には・・・・・・。

そう、だからして、前の晩に呑みすぎて早起きできないなんて言うのは・・・・あかんのだす(笑)。
けどねぇ~・・・・・せっかくの週末・・・・ゆっくり呑みたいやおまへんかぁ・・・・・。
ほんまに、この二つの楽しみを・・・・・両立させるのは永遠の課題やと・・・・思いますねぇ(笑)。

で、起きたら5時半。はい、ポイント着は8時を過ぎておりました。
と言うことで、今日は♂は撮れず。手も足も出ない高さで飛ばれてはどないもこないもなりまへん。
かろうじて♀の証拠画像だけでございますが・・・・・
この蝶に関しては、「裏しか撮れないなら♀の方がいいな。」と思っておりましたのでね、まぁよかったんちゃいますか(笑)。
c0065260_18225885.jpg
c0065260_1823753.jpg
c0065260_18231574.jpg
c0065260_18232442.jpg

高温多湿の中・・・結構真面目に長竿でペシペシ・・・・・。
かなり、消耗してしまいました。ちなみに水分補給は2.5㍑でございましたよん(笑)。
by nomu376 | 2013-06-16 18:27 | | Comments(16)
Commented by カトカラおんつぁん at 2013-06-16 19:14 x
いやあ、いいですねえ。
裏面だけで勝負出来るゼフは他にはあんまり無いと思うのですが、しっかり押さえているんで何よりです。

みちのく人としては、憧れのシルバーです。
世界的にもこんな銀白色なゼフは居ないようですから、もっと胸を張ってもおかしくないと思われます。
それを画像に納めることができたということは、凄いことですね。
リスペクトでっす。
Commented by nomusan at 2013-06-16 21:04 x
カトカラおんつぁんさん、過分なコメントありがとうございます。
この蝶の♀の裏面、ちょっと薄茶っぽいマイルドな感じがして、裏だけなら♂より好きです(笑)。

個人的にはこの蝶・・・・学生時代にあまりにも沢山飛んでたので、かなり過小評価してしまうきらいがありました。
兵庫県にヒロオビを採りに行ったときに、それこそ一叩き5~6頭飛び出して、こっちはヒロオビで行ってるので、「なんや、またウラジロばっかり・・・。」って(汗)。
で、個人的な感想では九州のウラジロ、ちょっと大きいし、♂は青みが深いような感じがして、かなり格好いいです。
今日は1回だけ♂を目線より下で見れて結構ドキッとしました。出来れば来年は♂の表も・・・って鬼も笑えない話しですね(笑)。
Commented by sagalabo at 2013-06-16 21:10 x
今晩は。暑い中お疲れ様でした。もうしっかりゼフの季節ですね。私も乗り遅れないように頑張らねば!
ご指導宜しくお願い致します^^)。

Commented by 6422j-nozomu2 at 2013-06-16 21:12
ウラジロの♀ですね。そうそう気合を入れるのなら、現地午前7時着。午前8時までの1時間が勝負でしょう。確かに、前日ゆっくり呑みたいし、複雑ですよね。私の場合、前日何時まで呑もうと、すっきりと時刻には出撃しますよ。(笑)
Commented by kumatyou at 2013-06-16 21:26
呑むさん,こんばんは.
今日は私もウラジロ狙いでした.呑むさんのおっしゃる通り,現地着が遅かったので,ウラジロは上へ上へ・・・.九州のゼフはしんどいですねぇ.
Commented by nomusan at 2013-06-16 21:27 x
sagalaboさん、こんばんは。
はい、まさに季節はゼフの季節ですよん。とは言ってもキリシマを除けばあと半月で・・・・終わってしまいますし、行ける日に何処に行くか?悩ましいですよね~(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-16 21:29 x
nozomuさん、そう、遅くとも7時はポイントには着きたいですよね~。
で、両立させるには・・・・前の晩にポイントに着いてそこで呑むって方法はあるんですけどね~・・・・(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-16 21:36 x
kumatyouさん、こんばんは~。
おお、今日は同じ蝶狙いだったようですね。
そう、時間が経つと、たたき出しても上へ上へと行ってしまいますよね~・・・。
本当に、九州のゼフは・・・・・・ですよねぇ(笑)。
Commented by fanseab at 2013-06-16 22:16
後ろの2枚の画像、暑い時のゼフの日よけパターンですね。
この絵を見るだけで高温多湿の撮影環境が伝わってきます。
上2枚のエノキに止まっているのもちょっと違和感がありますね。
画面左下隅に写っているクサキリ?の幼体も面白い組合せです。
Commented by nomusan at 2013-06-16 22:59 x
fanseabさん、はい、今日は本当に暑くて・・・・・・
昼前に一瞬、マジでやばいかな?って思いましたよ~・・・。
「熱中症って、こんな感じで具合悪くなるのかな?」って・・・(笑)。

上の個体はたまたまカシワの隣にエノキがあって、しばき出したのがエノキにとまったんですよ。
来週あたり、オオムラサキが飛んでるかも?って感じの場所でしたよ(笑)。

>画面左下隅に写っているクサキリ?の幼体も面白い組合せです。
ご指摘されるまで、全く気付きませんでした(汗)。確かに写ってますねぇ~(笑)。
Commented by まっちゃん at 2013-06-16 23:19 x
 今日は暑かったですね、お疲れさまでした~。
言ってくれれば4時だろうが3時だろうが起こしてあげるのに~。(??)
しっかり寝てました。(笑

現地着7時ですか?、えらい早い時間ですね。
今日は12時回ってました。
次回から、早朝釣竿持ってがんばってみよう~っと!

ご教授、いろいろありがとうございました。
Commented by まっちゃん at 2013-06-16 23:22 x
釣竿、たたき出しの道具です。

家にあるものを利用しなくては、散財になりますのでね。(笑
Commented by luehdorf at 2013-06-17 02:27 x
暑い中ご苦労様でした。汗っかきとしては、その大変さが想像に難くありません。
Favoの中で、このコだけはしっかりと識別できます(笑)。
ただ近場にカシワ林がないのでいかんともしがたく…。
岩泉の宇霊羅山のカシワ林が懐かしいです。

熱中症、熟練(?)のボクの場合、首筋(ちょうど延髄の辺り)の鈍い痛みとともに、思考力および判断力が低下します。そこで給水および日陰での休息をしっかりととることが肝要かと。そうしませんと、その後全く使いモノにならなくなってしまうんです。

これは猪木さんのWL初制覇のときでしょうか?
ずいぶんと馬場さんを挑発してましたっけ…。
Commented by nomusan at 2013-06-17 19:28 x
まっちゃんさん、あはは、まぁ前の晩呑んでる時点で半分「起きれないだろうなぁ。」って悟ってる私です。
そりゃかもう、何回も繰り返しますとね、自分でわかるんです(笑)。

細かく話すと、6地くらいに飛び出すやつもおりますけどね、ここは大雑把にまとめますとね、日中は高い梢にとまってることが多い蝶も、早朝の時間帯は下草に降りてることもあるのですよ。
で、朝日を浴びて羽を開いて・・・その後上に上がっていきますのでね、撮影に関しては早起きが特に大事なのですよ(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-17 19:31 x
まっちゃんさん、おお、釣り竿をシバキ棒としてお使いですかぁ。
ちなみに私たちは7~8mくらいのタモ網の竿を使ってますよん(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-17 19:46 x
luehdorfさん、はい、私もね、Favoの仲間ではこの蝶だけは目視で同定出来ますが・・・・・
♀と思って三角紙に入れたやつが・・・帰宅途中にミズイロに変身した・・・苦い思い出も・・・(爆)。

昨日は、最初はガンガンに汗をかいて、「これでお酒も抜けたかな。」って思っていたのですが・・・・・
妙に身体が・・・きつい(笑)。初めての経験でしたので慌てて水分とって日陰で休憩したのでした。夏のゼフについては採集も撮影もやる事は同じで・・・・なめたらあかんなぁ・・・と思いましたよ(笑)。

はい、これはS44年のWL、猪木さんが初優勝したときの場面ですね。まぁ・・・もともと馬場さんへの対抗心から東京プロレスへ行ったような人ですからね、これで抑えていたものがでたんでしょうね。
この2年後のWL終了時に正式に馬場さんに挑戦状叩きつけて・・・・この歳の冬に追放されたような・・・(笑)。
<< ミズイロオナガシジミぢゃ 雨の情景 >>