ジョウザンミドリシジミぢゃぁ!

今年になって、「ヒメシジミが撮りたい!」との思いが強くなり、
今日は広島県へ”ヒメシジミ&ゼフィルス五目撮り”目的で行って来ました。

昨夜出発して中国自動車道の鹿野SAで仮眠。
朝6時には某有名ポイントへ着いたのでありました。
ここで目的のゼフを撮影したあと、メインのヒメシジミのポイントへ移動です。
で、ヒメシジミですが当初はネットで調べた山口県某所へ行こうと思っていたのですが、
時間に余裕が出来たので、広島県の実績ポイントへ予定変更して行くことにしました。

そして、まさにヒメシジミのポイントまで数百メートル、と言うこところでいきなりゼフが飛んでます。
「あ、二個舞い(脚注1)や!」
慌てて車を停めて駆け寄ると、二個舞いが三個舞いになったり、単独でテリ張ったり・・・
そんな場所が車を停めた場所の前後で見られます。
で、何とか表は撮れますが、全く裏が見れない・・・・。
と言うことで、この時はなんだかはっっきり同定できません(汗)。

その後、ヒメシジミのポイントに行ってヒメシジミを撮っていると・・・・
何と、目の前にさっき見たのと同じゼフがぁ!
と言うことで、確認すると、ジョウザンミドリシジミのようです。

となると・・・・・
今日は16年振りに見たヒメシジミで更新するつもりだったのですが、ジョウザンミドリシジミとなると話しが違います(笑)。
はい、九州にはいないゼフですし、前に見たのは学生時代の1979年、なんと34年振りの再会です。
しかもしかも、”ジョウザンミドリシジミ”には生涯忘れられないであろう思い入れがぁ(爆)。
もちろん初撮影ですし、いや、これはマジでかなり・・・嬉しい(笑)。
と言うことで・・・・今日は予定を変更してジョウザンミドリシジミ。
ちなみに、今回はちゃんと手にとっても確認してますよん(笑)。
c0065260_17495826.jpg
c0065260_17501410.jpg
c0065260_17503243.jpg
c0065260_17505273.jpg
c0065260_1751795.jpg
c0065260_17512215.jpg
c0065260_17513915.jpg

脚注1)
”二個舞い”とは・・・・ゼフィルスやキマリンなど、テリトリーを張る♂が、自分のテリトリーに入ってきた別の♂と激しく絡み合うように飛ぶありさまをさす。
正式には”二個舞い舞い”といい、近畿一円では古くから蝶屋によって使われている由緒正しい表現方法である。
一般的には”卍巴飛翔”とも言う(爆)。
by nomu376 | 2013-06-29 17:56 | | Comments(12)
Commented by banyan10 at 2013-06-29 18:52
ジョウザン九州にはいないのですか。
関東では場所にもよりますが観察しやすい山地ゼフなので、所変わればですね。
二個舞い舞いも知りませんでしたが、脚注なくても分かります。(笑)
Commented by nomusan at 2013-06-29 20:17 x
banyanさん、はい、いないのですよ、ジョウザン、九州には・・・。
まぁ、同定に悩むときは選択肢が減っていいのですが(笑)。
学生時代、京都にいたことろは確かに関西や信州でそう珍しくもなく見てましたが・・・はい、所変われば・・・でございますよ(笑)。

二個舞い・・・そうですよね~(笑)。

ちなみに九州にいないゼフは6種類。ジョウザンミドリシジミ、ヒロオビミドリシジミ、
ウラナミアカシジミ、ムモンアカシジミ、キタアカシジミ、チョウセンアカシジミ
でございますよん(笑)。
Commented by Alchemy-ideal at 2013-06-29 20:48
おおお!
九州人には縁がないゼフです、今年はこれも視野に入れてるのですが
果たして会えるか!です。

本州はとっても刺激的です。
Commented by fanseab at 2013-06-29 21:18
ほぼ完全無傷の♂のオンパレードですね。
おめでとうございます。
ヒメシジミ「広島県の実績ポイント」ですが、小生も同じか
否かは不明ですが、同実績ポイントを訪問しようと思って
計画中、「岡山県のゼフ実績ポイント」で思わぬ時間を消費
して当日遠征を断念した思い出多き場所でもあります。
Commented by pulala-2 at 2013-06-29 21:25
わっ!ジョウザンミドリシジミ!
綺麗ですね!
この蝶を初めて見たとき翅の色があまりにも綺麗で
しばらくは信号の青色にもピクッと反応した私です(^-^)
こちらもそろそろかな・・楽しみです♪
”二個舞い舞い”由緒正しい表現方法なのですね、メモメモ・・(笑)
Commented by OIGATO at 2013-06-29 23:06 x
呑むさん、こんばんは。
海峡越えでしたかぁ~ 眩し過ぎる!
2枚目も好いけど、特に5枚目の逆光気味の妖艶な翅の煌き、ブルー~パープル~グリーンの『ぐらでぇ~しょん』好いなぁ、好いなぁ
Commented by nomusan at 2013-06-30 04:56 x
alchemy-idealさん、おはようございます。
そう、本州に行けば九州では見れない蝶がたくさんいますよね。
本州遠征、頑張られてるなぁ、って思いながらブログ拝見してますが、
気がつけば私も今月2回目の広島でした(笑)。

ただ、昨日のジョウザンミドリは全く頭になく、嬉しい不意打ちでしたよ(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-30 05:01 x
fanseabさん、ありがとうございます。
野外のゼフ♂の綺麗な個体にはなかなか出会えない私ですが、昨日は
幸運でした。ま、たまにはこんな事もないと・・・(笑)。

むむ、それはやはり、ヒメシジミと、ひょっとしてあの蝶もいるのかな?と思わせる「岡山県のゼフ実績ポイント」を比べれば・・・・そうなるのではないでしょうか(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-30 05:04 x
pulalaさん、おはようございます。
そちらでもそろそろ・・・ゼフの季節でしょうか?楽しみですね。

ジョウザンミドリは九州にはいないし、久々に見れたので凄く嬉しかったですよ。
けど、ジョウザンってわかったのは家に帰ってからなので、撮ってるときは何だろなぁ~?でしたが(笑)。

あは、由緒正しき・・・は私的評価が強いですが(笑)。
Commented by nomusan at 2013-06-30 05:11 x
OIGATOさん、おはようございます。
はい、気が付けば今月2回目の海峡越え・・・・行っちゃいました(笑)。
久々の車内での仮眠と朝6時からの長竿ペシペシ・・・心地よい疲労感に昨夜はスーパー早寝でございましたよ(笑)。

画像は全て結果オーライ(笑)。それでもこの場面はいつもの私ではなく結構撮りまくりましたよ~。その中のたまたまの一枚ですね(笑)。

ちなみに・・・3枚目以降の画像の周辺がぼけているのは・・・なんと、レンズの内側が曇ってしまっていたからでした(爆)。
Commented by luehdorf at 2013-06-30 11:24 x
広島までの遠征って、東京からですと長野あるいは群馬あたりの感覚なのでしょうか。途中に関門海峡があるため、とっても遠いような気がしてしまって…。
昔はchrysoの鮮やかな緑が好みだったのですが、年をとったせいでしょうか、favoの青味を帯びた妖しい緑に惹かれるようになりました。

猪木さんと金一さん、このお二方も入門同期として少なからぬ因縁があったみたいですね。
↓ 吉原社長、お気に入りのG.草津さんの戴冠に我を忘れて…。先日の画像と言い、冷静沈着なイメージのこの方に、こんな熱い一面があったとは…。
Commented by nomusan at 2013-06-30 16:33 x
luehdorfさん、大雑把な距離で言いますと、広島は久留米からざっと300kmくらいですね。で、山口までがざっと200km、宮崎・鹿児島までがざっと220kmくらい・・・の距離になります。東京から長野ってどのくらいなんでしょ?

今年は先日のエゾや今回のジョウザンと目の前で見ることが出来て・・・favoってこんなに青みが強かったっけ?と言うのが私の感想です(笑)。
私はまだまだ・・・・chrysoのこれでもか!のキラキラに憧れておりますよん(爆)。

自分から頼み込んで入門させてもらった金さんにすれば、スカウトされて入った馬場さんや猪木さんには凄い敵愾心があったようですね。セメントなら負けないって気持ちもあったんでしょうねぇ~・・・。
この場面、記憶に間違いないなら・・・とあるシリーズで当時杉山さんと持ってた虎の子のIWAタッグを獲られて、シリーズの最終戦で血みどろになって取り返した場面のようで・・・もちろん社長ですからベルトの流出を防いだってのもあるのでしょうが・・・草津さんの頑張りが嬉しかったのかも・・・ですねぇ。
<< クロミドリシジミぢゃ ベランダのオオムラサキ・13 >>