節分ぢゃ

少しずつではありますが、明らかに日が長くなってきましたね。
流石にこのまま春が来るとは思えませんが・・・・
それでも”三寒四温”を繰り返し・・・着実に春は近づいてるんですよね。
と思いたい(笑)。

今日は、お気に入り某ブログのコメント欄でお見かけした・・・・
”シアンクレール”と”二十歳の原点”に思いっきり反応してしまいました(笑)。

もう何回も書きましたが、私の学生生活を決定づけた『5月8日』・・・・
本当にこの日の前後でここまで生活が変わるとは・・・・
入学して1ヶ月・・・私は本当に真面目な学生だったのですよ。
ちゃんと授業に出てましたし(爆)、授業の合間は図書館に行って本を読んだり探したり・・・
あるいは学生会館で母校出身の作家の講演会を聞きに行った記憶もあります。
授業が終わればまっすぐ下宿に帰り、お酒も呑まずに読書にいそしみ・・・
友人たちと話しをするときもコーヒーにビスケットって感じでしたしねぇ(笑)。

”3種の神器”をものにせねばと言う気持ちはあったのですが、まだまだ一人で呑むような事はなく・・・
そう、当時、下宿の友人たちはほとんどお酒を呑まなかったのですよ。
しばらくして一番仲良くなった飲み助の友人とはその当時まだあまり話しをせず・・・
と言うか、彼は最初からあまり下宿に帰ってこなかった(笑)。
そして日曜日は皆で疎水や近くの天皇陵でランニングしたりキャッチボールしたり・・・
いや、これネタでなくほんまの話しなんですよ(笑)。

って、誰かさんのブログのように話しがそれてしまった。
というような生活を過ごしてるときに読んだのが”二十歳の原点”でした。
本自体は前から知っていたのですが、書いた人がR大の学生だったとしって読んでみようかな・・・と。
で、その中に出てきたのが”シアンクレール”と言うことで・・・・・
はいな、行きましたがな、影響受けまして・・・・
だってそれはあなた、私にもね、あったんですよ十八歳って多感な頃が(笑)。
ブラックコーヒー(私ね、高校まではミルクと砂糖いれてましてん(笑))飲んで、煙草の煙をくゆらせて・・・
ジャズの喧噪(結構音量大きかったんちゃうかなぁ~)の中に身を委ねながら、”孤独を追求してみよう”と・・・

でね、やっぱりそう言う学生生活は・・・・・
私には向かなかったようでございましてね、2回くらいだったかな、行ったのは。
そして迎えた『5月8日』・・・・・
やっぱりあの”偶然”は・・・・
私にとっては”偶然という名の必然”だったとしか思えませんねぇ~(笑)。
けど、シアンクレール・・・あったらもう一回行ってみたかったな・・・。

と言うことで・・・節分ぢゃ(笑)。
c0065260_19534946.jpg

by nomu376 | 2014-02-03 20:00 | なんやかんや | Comments(2)
Commented by kenken at 2014-02-03 21:58 x
恵方巻きに金麦、節分でございますな。
「大人になるという事は、夢を捨て、現実を見つめる事」?
「自分の子供時代を、今の自分よりよいと思うということは、今の自分を否定すること」?
「誰にでもある青春 いつか忘れて記憶の中で死んでしまっても あの日僕らが信じたもの それはまぼろしじゃない」
Commented by nomusan at 2014-02-03 22:36 x
kenkenさん、まいどでございます。
今夜は思いっきりお呼びだてしてしまいました~(笑)。

おおっ! かゆいぞかゆいぞ!思いっきり背中がむずがゆいぞ(爆)!
いやぁ~・・・・あの頃は・・・・酒も呑まずに・・・・自分を掘り下げておりましたねぇ(爆)。
>・・・・あの日僕らが信じたもの それはまぼろしじゃない
ええなぁ、ええなぁ。

金麦、糖質70%オフが泣かせますやろ(笑)。
<< 立春ぢゃ 梅が咲いた >>