第3位ぢゃ

え~・・・
粛々と業務に邁進する日々でございます(笑)。
まぁ、12月なので寒いのはしょうがないんでしょうがねぇ・・・
やっぱり雨が降ると・・・身も心も凍えてしまいそうになりますねぇ~・・・
それでも、季節の移ろいを感じながらの外の仕事は・・・
一日部屋の中でPCに向かって過ごすより・・・性に合ってるのかもしれませんねぇ・・・。

と言うことで、ペースが速すぎますが、ネタがないのでしょうがない・・・
今年の第3位です。
これはもう、説明の言葉もありませんね。
撮影を始めた頃からめちゃくちゃ撮りたかった、ダイセンシジミの開翅画像。
とにかく、思いっきり嬉しかった。ただその一言でございますよん(笑)。
c0065260_20525457.jpg

by nomu376 | 2014-12-11 20:54 | なんやかんや | Comments(8)
Commented by ダンダラ at 2014-12-12 10:05 x
素晴らしいですね。
なかなか出会えない蝶だし、開翅自体もなかなか見ることができませんね。
手元のストックでもワンチャンスのものしかありませんでした。
2位、1位は何だろう。
Commented by MatsuHimeji at 2014-12-12 22:32
nomusanさま、ご本懐を遂げられて良かったですね!
くっきりと美しい~☆☆☆

>これはもう、説明の言葉もありませんね。

と仰らずに~どうかご説明を!(爆)
仕方ないからフィールドガイド日本のチョウを紐解いて、その有難味を認識致しました。
ウラミスジシジミともいうんですね。
「ダイセン」はかの中国山地の大山に由来するのでしょうか?
だったらうれしいなぁ~♪

Commented by kenken at 2014-12-13 02:04 x
青斑の大きさと腹部をあげる仕草から、♀と拝見しました。
たまらなく良いです。これは1位でもよろしいかと。
Commented by カトカラおんつぁん at 2014-12-13 19:53 x
こんなど完ピンのダイセンは見たこと無いです。
すばらしいですね。
Commented by nomu376 at 2014-12-13 21:14
ダンダラさん、過分なコメントありがとうございます。
素直に嬉しく思っております(笑)。

ダイセン、九州のゼフの中でも結構”珍”の部類に入ると思いますしね、
過去1/3開は撮れましたが、今回は正直かなり嬉しかったです(笑)。

で、2位と1位ですが・・・そこはマイブログって事で・・・
ご期待に応えられない自信満々でっす(笑)。
Commented by nomu376 at 2014-12-13 21:20
おお、MatsuHimejiさま、心の友よ(笑)、コメントおおきにです。

はいな、正式な和名はウラミスジシジミなのですが・・・・
言いにくいし、蝶を始めたころ、皆さん”ダイセン”って呼んでたし・・・
私自身、”ダイセン”の方がしっくりくるので、ここでは”ダイセン”で通してます(笑)。

お調べ頂き、恐縮です。その通りでございます(爆)。
で、はい、これはおそらく”伯耆大山”のダイセンだと思いますよ~。
Commented by nomu376 at 2014-12-13 21:25
kenkenさん、まいどでございます。
はいな、正直言いまして、撮影の背景(状況)を考慮せず、純粋に”蝶画像”で考えたら文句なし、私の今年1番のお気に入りでございますよん。
いや、本当に・・・・私にしては気が遠くなるような15分・・・粘った甲斐がありましたよん(爆)。
Commented by nomu376 at 2014-12-13 21:29
カトカラおんつぁんさん、過分なコメントありがとうございます。
はい、あまり採集&撮影経験のないダイセンですが・・・
これは野外で見た中では1番の完品だと思います。
まさに、この日に羽化したような・・・・
たまにこんな事があるからやめられまへんのですよね~(笑)。
<< 今朝の耳納連山 ウラナミシジミぢゃ >>