初めてのミドリシジミ

某お気に入りブログのミドリシジミ画像・・・何回見直しただろう・・・。
この蝶は、とっても思い出深い蝶のひとつなんですよね~・・・。

”記録”と言う言葉はとっても重たい言葉であることは承知したうえで、
ここではあえて”記録”と言う表現を使わせて頂きましょう。
はい、ブログでの報告はあくまで私的なもので、公的な意味はなしません(笑)。

まずはこの標本画像ですが・・・不細工ですねぇ・・・。
しかも、正確な日付が記載されておりません。
あ、あまりに不細工なので、もちろん明日には削除しますよん(笑)。
で、これが私の”初めてのミドリシジミ”なんです。
羽化したのは1976年6月です。はい、飼育羽化です。
ただ、展翅したのはおそらくこの年の夏以降だと思われます。

で、私の記録では、”初めてのゼフィルス”は1976年7月3日に採集したミズイロオナガシジミ
そして、記録上の”初めてのミドリシジミ”は1977年8月2日、夏合宿で訪れた北海道某所です。
そう、このミドリシジミの標本は・・・私の中で記録には残らないけど記憶には残る・・・標本なんですねぇ・・・。

蝶を採るつもりなんか全くなくて入会した生物同好会・・・。
そしてT先輩のお人柄に感激して”蝶屋になるんだ”、と決意した1976年9月25日・・・
その間、T先輩は決して私を放置されていたのではありませんでした(笑)。

1976年5月13日、この日もそうでした。
この日、部室で何人かでたむろしておりますと、Y先輩とT先輩が部室に来られ、私を見つけるや
「おい、今からミドリシジミの幼虫取り行くけど、自分も来るか?」と誘われました。
当時は怖くて口もきけないT先輩、断れるわけもありません(笑)。
さらに、私の頭の中はパニック状態です。
『え?ミドリシジミ??? ってあの図鑑に載ってる金緑色に輝く、キリシマミドリシジミの仲間の?』
おそらく私には一生縁がない蝶の仲間・・・
それを、まるで喫茶店にコーヒー飲みに行くみたいにあっさりと???

で、もちろん二つ返事で行くといったものの、実はちょっとした躊躇もありました。
そう、実はその時その部室には・・・当時私が密かに想いを寄せていた・・・とある同期の女の子がぁ(笑)。
けど、そこはそれ、男には冷たく女性には優しい我がクラブ・・・
車の席が一つ余ってるので、おそらく多分きっとY先輩が「暇やったら来えへん?」って彼女に声かけて・・・
1回生としては当時院生の大先輩にはあらがえるわけもなく・・・一緒に来てくれることになりましてね、大いに嬉しかった私です(笑)。
はい、これも明日には削除しましょう、その日の証拠画像です。

で、この日は採った幼虫のいくつかを貰い受けて飼育したのでありました。
なので、私が初めて接したゼフィルスは・・・ミドリシジミである事に間違いはないのですが・・・
ただ・・・自分で見つけられた記憶がないのですよ。
おそらく自分では一つも見つけられなかったけど、一緒に行ったからってことで分けてもらえたんだと思います。
もちろん、真面目に飼育しましたよ。なんせ”ミドリシジミ”ですからね。
羽化の瞬間も見ました。
ある朝起きて蛹見てたら目の前で・・・
最初は紫色に光っていたその羽が次第に伸びて、乾いて開いた時のあの輝く金緑色・・・
あの感激は今でも忘れられるものではありません。
はいな、その日はそのために授業に遅刻しそうだったので学校休みましたけどね(笑)。

記憶に残るミドリシジミ・・・今年も撮りに行けるといいな。
で、おまけで、ミドリシジミの名誉のために、九州産の画像を載せておきましょう(笑)。
c0065260_1494397.jpg

by nomu376 | 2015-06-06 14:09 | | Comments(12)
Commented by banyan10 at 2015-06-06 19:15
モザイクなしが見たい!(笑)
手にもっているのは何?
Commented by himeji555 at 2015-06-06 20:43
なんちゅ~レモン味なメモリーでっしゃろか~
魚拓を取っておきたいような・・・^m^
Commented by nomu376 at 2015-06-06 21:53
banyanさん、まいどでございます。
いやぁ・・・出来ることなら私もね・・・
”どや、めっちゃ可愛いやろ!!”って・・貼りたいけど・・・ねぇ(笑)。

で、持ってるというか多分持たされてるのは・・・
ミドリシジミの幼虫付きハンノキの枝ですよん(笑)。
Commented by nomu376 at 2015-06-06 21:57
おお、Matsuさま、心の友よ(笑)。
ええ話でっしゃろ〜(爆)。

初恋の味はレモンの味・・・・昭和のかほりですなぁ(笑)。
ま、初恋ではなかったんですけどね・・・
今頃どこでどないしてんやろ・・・元気にしてるかなぁ・・・。
Commented by K.M at 2015-06-06 22:25 x
この画像付きの話つーか、ブログっつーか、記録には残らないけど記憶に残りそうだなー。
Commented by OIGATO at 2015-06-06 22:58 x
呑むさん、こんばんは。
>ただ・・・自分で見つけられた記憶がないのですよ。
ミドリシジミより!?彼女の方がぁ~.....いや!当時は怖くて口もきけないT先輩の方が気になっていて、採集どころではなかったのでしょうね~ (笑)

今年も出会えないかなぁ~ 一生出会えないかも!(撃沈)

↓京王も東急も行き先表示器(方向幕)が、フルカラーLEDになっているのですね。
九州ではJR九州(在来線)の筑肥線用の305系がやっと導入したばかりでけど.....
Commented by luehdorf at 2015-06-07 02:11
'76…、“ベルボトム”がまだ隆盛の頃ですよね。
何とも言えぬ懐かしさを感じてしまいました。

“一夜限り画像”の出るとき、近くにいるならグラスを傾けながらいろいろと聞いてあげられるのだが…、と考えてしまうのは、「行間の読み過ぎ」でしょうか?(笑)

A.濱口さんとM.井上さん、国際でのタッグ戴冠の画像でしょうか?
真ん中のミスター珍さん、好きでしたねえ。
寺西さんらの顔も分かりましたけど、左から2人目(木村さんの右)は、先日亡くなった原さんでしょうか?
Commented by kirishimamidori1 at 2015-06-07 07:27
itsuki

やっぱりミドリシジミには特別の思い入れがありますね
キラっと輝くこの蝶を葉上で見つけたときはバクバクものでした
ボクが始めて採ったのはオオミドリでしたが それでも感動しました
先日 近くの産地に出かけましたが沢山見られましたよ
Commented by nomu376 at 2015-06-07 12:04
K.Mさん、まいどです。
ふむ・・・ここは素直に、行間を読まずにありがとうございます
と返しておきましょう(笑)。
Commented by nomu376 at 2015-06-07 12:10
OIGATOさん、こんにちは~。
いや、あの時はいきなりミドリシジミって事でかなり驚いたものでした、一生縁がない蝶だと思ってましたからねぇ~。
それなりに真剣に探したはずなですけどねぇ~・・・(笑)。

>京王も東急も行き先表示器(方向幕)が、フルカラーLEDになっているのですね。
おお、やっぱり見てる場所が違うなぁ(笑)
Commented by nomu376 at 2015-06-07 12:15
luehdorfさん、まいどでございます。
はいな、ベルボトムのGパンに肩までの長髪・・・・まさに全盛のころでしたねぇ。
私の髪もこれからかなり伸びたものでした(笑)。

おお、行間を読まれましたかぁ、お気遣いありがとうございます~。
次回の逢瀬を楽しみにしておりますよ~(笑)。

ミスター珍さんは私も好きでしたねぇ~。なかなかTVにはうつりませんでしたが(笑)。
そうですね、原さんのように思えますね。
Commented by nomu376 at 2015-06-07 12:19
itsukiさん、まいどです。
はい、貴ブログのミドリシジミ、ROMで失礼しておりますが、何度となく拝見しておりますよ~。
やっぱり初めての”ミドリ”は感激ものですよねぇ~。
私の野外のお初はメスアカミドリでしたよ。あれも忘れられないときめきですねぇ~。
<< 完全休養日@自宅 ほりでぃ いん とうきょう・番外編 >>