こんな夜もある

どうやら、夕方更新した後寝てしまったようである。
で、普段なら「さぁ、そろそろ寝ようか・・・。」と言うこんな時間に、
今日は妙に目が冴えて、呑み直し始めたところである。
まぁ、こんな夜も・・・たまにはよかろう、明日も休みだし。

昨夜は珍しく、シーズン中なのに蝶の夢を見た。
今月末に計画している合宿で、撮りたいと思っている蝶の夢である。
これは極めて珍しい事である。今まで、蝶の夢を見るのはシーズンオフだと決まっていたのに・・何故?
で、夢の中では撮りたい蝶を撮ることが出来た(ただし、実物とは違っていたが・・・)。
さぁて、これは正夢となるのか?あるいは逆夢となるのか?
答えは合宿が終わってみないとわからない。
もちろん、正夢となって欲しいと素直に祈るばかりである。

で、ここで、改めて考える。
”合宿”の定義とは何ぞや?
とりあえず、私の中では
”複数の人数で、現地あるいはベース地で1泊以上の宿泊をして複数日蝶の活動を行う”
との認識を持っている。
なので、例えばF君が仕事を終えて九州に来て、そのまま民宿呑むさんに宿泊をして翌日活動して
帰って行くのは、”合宿”にはあたらないのである。
さらには、昔々、P君が金曜日に仕事で九州に来て、仕事をさぼって蝶の採集をしその晩民宿呑むさんに泊まり、
翌日一緒に採集して帰って行ったパターンでも・・・金曜日に一緒に活動してないので・・・
これもまた”合宿”には該当しないのである。

だからどうした? 要するに何が言いたい?
と言う声が聞こえてくる。
確かに、これでは某ブログの展開と同じである。
しかし、K君は先輩である私には「早よ言わんかい!」とは言わない。
そう、例え卒業して何十年経っても、1年上であれば”先輩は先輩”、”鴉は白い”のが我がクラブの伝統だからである。
それにしても、彼も丸くなったものである。もう眼鏡を外すこともないのであろう。
話しがそれた。これも某ブログのようでいけない。

で、そろそろ結論を述べよう。
と言うことで・・・
歴史ある”九州合宿”、その原点は・・・
1992年10月末から11月初旬にかけての・・・
T先輩による”九州を急襲‘@海&山のクロツ”だったのである。あの数日は、本当に楽しかった。
もう、何回も書いたような記憶があるが、この年の6月の信州蝶班OB会で蘇りかけた蝶への想いが、
この”合宿”によって完全に蘇ったのであった。

本当に、蝶をやってて良かった、と思う今日この頃・・・
改めてクラブの先輩・同輩・後輩に感謝しながら今宵このお酒を呑んでいる私である。
言うまでもないが、かなり美味しい。
c0065260_22431892.jpg

おまけでアザミ。
やっぱりアザミには何でもいいから蝶が来てて欲しいと思う。
アザミだけってのは・・・何かが・・・足りない・・・と思う私である。
c0065260_22433321.jpg
c0065260_22434254.jpg

by nomu376 | 2016-05-07 22:43 | なんやかんや | Comments(2)
Commented by ミーハー at 2016-05-08 09:40 x
おおっ…
アルビノのアザミだっ!
合宿楽しいっすよね~
Commented by nomu376 at 2016-05-08 16:33
ミーハーさん、白いアザミ、この一角に3〜4株ありました。
珍しいんすかね?

>合宿楽しいっすよね~
楽しかったようですね(笑)。
<< 週末は終わったのぢゃ こんな日もある >>