”初めてのアオタテハモドキ”

暑い。
正直、バテ気味です。
週末、何処かへ行く元気でるかなぁ・・・。

と言うことで、ひょっとしたらこの展開はバレバレ?
でも、思いついたのは昨日なんだけどな(笑)。

今ではと〜っても大好きなこの蝶ですが、実はそうなったのは採った後からなんですね。
正直、実物を手に取るまではトップクラスまでは・・・でございました(笑)。
で、”初めての・・・”は1995年8月13日の石垣島でございました。
この時は、”初めての夏のやいま”でございまして、狙いは”南方ムラサキ御三家”でございました。
そう、メスアカムラサキ、リュウキュウムラサキ、ヤエヤマムラサキ”でございます。
いずれも採ったことなく、何とかこの三種をゲットしたい。が最大目的でございました。
で、アオタテハモドキは、もちろん見たこともなかったし採りたい蝶ではありましたが、最大目的ではなかった。

で、この時の最大目的地は与那国島でして、13日の一便で入る予定でした。
で、出発までの時間調整で港の近所の集落へ行ったのですが・・・
多分、小学校かなんだかの校庭みたいな広い平地へ行きますと・・・
何やら小さなタテハっぽい蝶が地表におりまして、近づくと飛んでまたとまります。
「? なにこれ?」
と思いながらなんとかネットすると・・・・これがアオタテハモドキの♂でした(笑)。
で、かなりスレてまして、感激と言うよりは驚きって感じでございまして・・・
「え!これってアオタテハモドキ? ちっちゃ!」
そう、私ね、それまでこの蝶タテハモドキと同じくらいの大きさだと思っていたのですよ(笑)。
それにかなりスレてたので、ほとんど感激しなかったんですねぇ〜。

それでもこの時は見た個体は意地汚く全て採集・・・
その後渡った与那国島では同じ日付なのに新鮮な♂も結構おりまして・・・
この時も、
「新鮮な個体は結構綺麗だな。」
くらいには思っていたのですが・・・。
多分、”初めてのリュウキュウムラサキ”に脳みそがとろけてたんでしょうね〜(笑)。
で、帰って展翅しようとして新鮮な個体の羽を広げてまじまじと見ると・・・・
「ええっ!、この蝶、こんなに綺麗やったんか? このブルーたまらんちや!」でございました(笑)。
さらに、♀も個体変異が大きくて中には結構青い♀も・・・・
この瞬間、私の中での”お気に入りランキング”が一気に急上昇したのでございましたよ(笑)。

そんな蝶をもう9年も見ていない・・・。
これはあきまへん。ほんまにどないかせなあかん。それも出来れば九州島で見たいもんです(笑)。
c0065260_19565548.jpg

by nomu376 | 2016-08-04 19:57 | なんやかんや | Comments(0)
<< 花火ぢゃ 暑い! >>