最終合宿だったのぢゃ@南九州・その6

初めてこの蝶を採ったのは、”初めてのやいま”の1977年春でした。
で、カミングアウトしますとね、現地で採った時はウラナミシロチョウと思ってましてね、
京都に帰って展翅して・・・・「あれ?これってギンモンウスキ?」って・・・(汗)。

そう、当時はこの蝶、ギンモンウスキチョウとムモンウスキチョウと別種扱いだったのですよ。
なので、1978年の夏合宿・屋久島でムモン型採った時は・・・一瞬、一種類増えたのでありました(笑)。
で、1979年に買った図鑑でこの2種が”ウスキシロチョウ”の1種になったのは・・・
ただ、1種類減ったからではなく、なんか、悲しかったなぁ・・・。
そう、私ね、”ギンモンウスキチョウ”っていう名前が・・・好きだったんですよねぇ〜。
なんか、恰好良くないっすか?この名前(爆)。

と言うことで、この合宿では同じ場所で全てのステージが観察できましたよん。

c0065260_22174121.jpg

幼虫
c0065260_2218321.jpg

前蛹
c0065260_22181512.jpg

蛹(褐色型と緑色型?)
c0065260_22183128.jpg

成虫(ギンモン型とムモン型)
c0065260_22185143.jpg

c0065260_2219347.jpg

さぁて、明日は休みぢゃ!
by nomu376 | 2016-11-04 22:19 | 合宿 | Comments(2)
Commented by itsuki at 2016-11-05 07:38 x
懐かしい・・・
このチョウは高2の秋(72年)、ボルネオの先輩が地元で採集した
当時はギンモンウスキチョウでしたね
先輩が南の島に夢を馳せた原因のチョウです
「ボルネオ病」はこのときから発症したようですよ~~
Commented by nomu376 at 2016-11-05 16:17
itsukiさん、まいどでございます。
”迷蝶はラベルが命”、本州におけるギンモンウスキ、凄いっすね。
若木日のボルネオ先輩のときめき、伝わってくるようでございますよ。
今年は失礼しましたが、来年こそはまたお会いしてお話し聞きたいです。
<< 最終合宿だったのぢゃ@南九州・その7 最終合宿だったのぢゃ@南九州・その5 >>