気が付けばジャノメチョウ科@佐賀市

え~、耶馬溪の画像で一週間引っ張れるかと思っていたのですが、思いのほか貼れる画像が少なく、そういえばタテハモドキを撮った日に何種類か撮っていたはず・・・と思って見直してみると・・・何と撮った蝶は全てジャノメチョウ科の蝶ばかりでした。ジャノメ、セセリは大人のしるしでしょうか(笑)?。
c0065260_12232621.jpg

c0065260_12242680.jpg
c0065260_1225266.jpg

おまけです。これはこの日の帰りに立ち寄った神崎市の公園にて。何かいびつな開翅だな?と思って近寄ると・・・でした。
c0065260_12264731.jpg

by nomu376 | 2007-05-18 12:33 | | Comments(6)
Commented by kmkurobe at 2007-05-18 19:48
うーむこれもハナグモの種類なのですかね・・・・・
カンアオイに止まっていたのは同型ですが、緑色でした。
最近のプロレスファンにとってブルーザーとはこの方の方が有名なのでしょうね・・・・・
私はヤッパリ、シカゴのディックさんですが・・・・・
Commented by luehdorf at 2007-05-19 00:41 x
「眼状紋」は魅力的です。今も、ツマジロやウラジャノメでときめきますし、ベニは…ねっ!
萎えたのは、ヒメヒカゲの根性のない翔び方を見たときでした。「風がちょっと強いぐらいで負けんじゃないよ!」って思わず檄を飛ばしてました。(高ボッチにて)
ブルーザーさんのダブルニードロップ、結構本気で落としてませんでしたか?効きますよね?それにしてもカリブ海周辺は怖い所です。(バミューダトライアングルはあるし…)(?)→(合掌)
↑確かに「ブルーザー」だとボクもディックさんです。(古~っ!) フルネームだと、「ディック・ブルーザー・アフィルス」でしたっけ…?
Commented at 2007-05-19 00:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nomusan at 2007-05-19 08:24 x
kmkurobeさん、私蜘蛛については全くの無知でございまして、検討もつきません(汗)。何でしょね?
いえいえ、何といっても「ブルーザー」と言えばluehdorfさんも同意していただいておられますが、ディック”ザ・ブルーザー”アフィルスさんでしょう!ブロディさんも好きですが、やはり貫禄が違うと私は思います。
Commented by nomusan at 2007-05-19 08:28 x
luehdorfさん、ジャノメの眼状紋、エエですよね~。けど、引き合いに出された3種、いずれも九州にいない蝶ですね・・・。偶然かなぁ・・・(笑)。
はいはい、ブルーザーさんのお名前はディック・アフィルスさんですよ。記憶があいまいですが、二人で「ブルーザー」争いをして、ディックさんが勝ったので、その後ブロディさんはキングコングになったとか?
Commented by nomusan at 2007-05-19 08:34 x
ご丁寧にありがとうございます。
<< 仏の顔も三度まで@佐賀市 そうだ、耶馬溪へ行こう! その3 >>