一昨日の佐賀平野

今日は夕方少し崩れましたが、それまではええ天気でした。気温も30℃、真夏日でした。全くあの週末の二日間は何だったの?って感じですね(笑)。今日も佐賀平野は霞んでおりましたが、これは多分に野焼きの影響のようにも思えました。麦秋も終わりつつある感じです。

さて、画像は先週末に撮ったものをちまちまと小出しにして引っ張ります。
麦が刈り取られた畑に耕耘機が入り出しました。土と一緒にほじくり出された虫などを目当てにサギたちが耕耘機を追いかけています。私にとってはこの時期の「季節の風物詩」って感じで好きな光景です。アマサギも来ておりました。私この栗色が大好きなんですよ。
c0065260_1953506.jpg
c0065260_19535848.jpg

で、こんな光景を隣の畑でアオサギがぼんやりと?眺めておりました。「君たちとは生き方が違うんだよね。」ってまぁ、そんな事思うわけもないのでしょうが・・・(笑)。
c0065260_1955999.jpg


お気に入りブログを1件追加しました。pulalaさんの「野に咲く北国の花」です。北海道の植物が中心の素敵なブログです。北の大地は憧れです。

(業務連絡:やっぱりこの手の画像が落ち着きますな(爆)。)
by nomu376 | 2007-06-04 19:57 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by pulala-2 at 2007-06-04 22:22
こんばんわ♪
『野に咲く北国の花』を紹介してくださってありがとうございます。

アマサギ、耕耘機のそばまで近づいてますね、逃げないのですね。
まだアマサギの実物は見たことはないのですが、頭と羽の栗色は
確かに素敵ですね(^-^)☆
Commented by nomusan at 2007-06-05 05:56 x
pulalaさん、いえいえ、こちらこそ拙ブログのリンク恐縮です(汗)。
普段はそれなりに敏感なのですが、この時ばかりは逃げませんね。耕耘機とともに移動して行く姿はなかなかユーモラスですよ~(笑)。

Commented by chochoensis at 2007-06-05 07:23 x
呑むさん、耕運機とアマサギ、似合いますね・・・自宅周辺でも耕運機がやってくると、野鳥が集まってきて面白いです。↓チョウトンボの静止画像、未だに撮影できないで居ます・・・そうか!枝をソロソロ引っ張ればいいんだ!!!
Commented by luehdorf at 2007-06-05 17:59 x
あ~ぁ、安心した。小沢さんへの延髄切り!まぁ、あのがんじがらめにされたアリ戦でひねり出したローキックの延長上にこの技があるんでしょうね。
そういえば、山本小鉄さんの書いた文庫本に、G.アントニオのことが書いてあって、風呂に入らない、洗濯しないだから臭いもんで、下になるとすぐにギブアップしたそうです。(笑)
チョウトンボ、枝を引っ張る前の3枚目もボク好きです。あの翅の青みが…。
Commented by kmkurobe at 2007-06-05 19:46
このお相手だれだかわからなかったですよ。キラー・カーンかと思った。
Commented by nomusan at 2007-06-05 19:49 x
chochoensisさん、今日も帰宅途中、耕耘機と追いかけるサギの光景を見かけました(笑)。チョウトンボも低いところにとまってくれると撮影しやすいのですが、この日はなかなか・・・。そうです、引っ張って近づければ良いのですが、左手で枝を引っ張って右手だけでカメラ操作しないといけないので、この方法は片手で操作できるコンデジでしか使えないかも?です(爆)。
Commented by nomusan at 2007-06-05 19:55 x
luehdorfさん、どうも・・・(爆)。やっぱりこのブログはこちらの画像の方が落ち着くようですね。もう迷いません(爆)。あの試合、下宿にテレビがなかった私は部室近くのテレビがある喫茶店に有志と見に行きました。あの当時は「何たる凡戦」と思ったものですが、なかなか奥が深い試合だったようですね。
チョウトンボ、多分あと何回か登場すると思います(笑)。
Commented by nomusan at 2007-06-05 19:58 x
おお、kmkurobeさんらしからぬ・・・? 小沢さんとキラー・カーンさんは同一人物ですよ~。うむ、何か嬉しいコメントです(爆)。
<< 証拠写真的翡翠画像於神埼市 チョウトンボ@神埼市 >>