ミドリヒョウモン@九重町

今日は南九州ではひどい雨だったようです。災害が心配です。北部九州は今日は雨も降らず曇りがちではありましたが、まあまあの天気でした。が、明日はまた「大雨」との予報です。なかなか貯水池周辺だけ沢山降るってわけにはいかないですね・・・。

さて、週末の画像で引っ張ります。ミドリヒョウモンです。まだ♂しか見ませんでした。
c0065260_2119533.jpg
c0065260_2120197.jpg
c0065260_2120998.jpg

おまけでシロスジカミキリ。
子どもの頃の憧れ中の憧れのカミキリです。今でも見つけると必ず手にとってしまいますね(爆)。
c0065260_21212777.jpg


(業務連絡です。
 ①kenkenさん、レスに書き忘れました。確かにフライング・クロス・チョップは見せ技的な要素  が強いですね。効き目からすれば頭から行った方が効きそうです(笑)。)
 ②今日からこの技で引っ張ります。)
by nomu376 | 2007-07-03 21:21 | | Comments(16)
Commented by kmkurobe at 2007-07-03 21:29
うーむこの技は割合に新しいと思っていましたが受け手がデスさんとは・・・・個人的には古典的なフライング・ヘッドシザースのリバースだと思っております。ルー・テーズなどは後頭部から落としてかなり危険でありましたね・・・・・
Commented by cactuss at 2007-07-03 21:45
ミドリヒョウモン、群馬県でも出始めです。
九州とあまり変わらない様ですね。
Commented by luehdorf at 2007-07-03 22:37 x
片腕を相手の腋下に入れた状態からいくんじゃなく、いわゆる「コーク・スクリュー型」に近いですね。受け手のセンスが試される技では…。デスさんなら間違いないでしょ~。
古典的な方の使い手では、華麗さのペドロ・モラレス、馬場さんにダメージを与えたアルバート・トーレスなんかが思い出されます。
Commented by nomusan at 2007-07-03 22:51 x
kmkurobeさん、この画像は多分昭和40~42年頃のものだと思いますが・・・。私的にはやはり昭和の技って印象ですね。テーズさん、結構何させても危険な感じがします(笑)。
Commented by nomusan at 2007-07-03 22:53 x
cactussさん、こちらではやや山地性のこの蝶、6月下旬からって感じなので同じような感じですかね。数年前、新潟県内では6月中旬頃見たような気もしますが・・・。
Commented by nomusan at 2007-07-03 22:55 x
luehdorfさん、画像のバスチェンさんはとにかく見せようって感じですね。そうですね、上手く受けないと危ないですね。へへ、明日はトーレスさん行きまっせ~(笑)。
Commented by chochoensis at 2007-07-03 23:05
呑むさん、東北でもミドリヒョウモンが出始めていました・・・それにしても綺麗な写真ですね・・・素敵です。
Commented by 虫林 at 2007-07-03 23:23 x
九州では大雨の被害がかなり出ているようですが、大丈夫ですか?
そちらはなんともないと良いのですが------。
ミドリヒョウモンはとても綺麗ですね。丁寧に撮影されているので、感心してしまいました。
Commented by nomusan at 2007-07-03 23:43 x
chochoensisさん、いつも過分なお言葉ありがとうございます。ミドリヒョウモンは全国同じ頃にでるみたいですね。東北ツアー素晴らしい成果でしたね。私も学生時代(関西におりました)は何回か、夜行急行で信州に行きました。期待と不安で眠れない・・・懐かしく思い出させてもらいましたよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2007-07-03 23:47 x
虫林さん、はい、山間では土砂崩れ、平野部でも床下浸水と一部被害が出ておりますが、幸いにも市街地の外れの集合住宅の上階におりますので、何とか無事に過ごしております。
 いえいえ、過分なお言葉ありがとうございます。今、貴ブログから帰ってきたところでして、いまだに興奮醒めやらぬ状態です(笑)。
Commented by shimabito3 at 2007-07-04 03:15
シロスジカミキリ、私も憧れの天牛でした。標本だと白い斑紋が生きていると黄色いなんて知らなかったので、初めて見たときは、なんじゃー、と思いました。
でかいミドリヒョウモンもええもんです。小さいときは近所の山近くでも見たのですが、最近はどうなんでしょうね。近くの山は行かなくなってしまったのでようわかりません。
Commented by nomusan at 2007-07-04 06:37 x
shimabitoさん、
>標本だと白い斑紋が生きていると黄色いなんて知らなかったので・・・
ですです!私も知らなかったので異常(色)形?って思っちゃいましたよ(爆)。
でかいミドリは・・・どうなんでしょう? う~ん、この蝶の場合はいる奴を見てるって感じなので、そこまで注意して見てないようです。すみません。
Commented by anbow at 2007-07-04 19:19 x
対馬産のヒョウモン類では,一番好きな蝶です。10年ぐらい前は行くべきとこにいけば必ずいたんですが… そのころ採卵・飼育に挑戦し,冬越しさせられなくて悔しい思いをしたことがあります。残念!!
Commented by nomusan at 2007-07-04 20:16 x
anbowさん、対馬のミドリヒョウモン、見たいものです。他にもいろいろ、「島」の蝶は面白いですよね~。11年振りの対馬今年こそ(笑)!
Commented by ダンダラ at 2007-07-04 21:43 x
夏の高原でヒョウモン類を追いかけていると何となく幸せな気分になりますけど、ミドリヒョウモンはその中でもいかにもヒョウモンと言った感じで好きな蝶です。
新鮮な個体がきれいに撮影されていると思います。
Commented by nomusan at 2007-07-04 22:21 x
ダンダラさん、ありがとうございます。誰が言ったか「ヒョウモンの夏、日本の夏。」・・・いや、本当に夏の高原はヒョウモンですね(笑)。私はこのッヒョウモンを見ると本格的に夏がやっていた気がいたします。私も大好きなヒョウモンです。
<< ゴマダラカミキリ@神埼市 ウラギンヒョウモン@九重町 >>