彼岸花見っけ@佐賀市

今日は暑かった! やっぱり昨日が特別だったのでしょうね。
佐賀市郊外の国道沿いの温度標示は34℃。まだまだ暑い。

けど・・・
道沿いの畦を見やれば・・・
まだまだ背も低くぽつんぽつんとでありましたが・・・
彼岸花が、何株か・・・!
秋は近づいておるようです。

で・・・
タイトルから彼岸花画像を想像された方には申し訳ありませんが
画像はありません(笑)。

画像は先週末のワンツ♂の証拠写真です・・・。
c0065260_2143510.jpg

c0065260_21124151.jpg

c0065260_21264775.jpg

シバハギの花は初めて見たように思います。綺麗だった。
c0065260_21511100.jpg

おまけで同じ草原で見た蝶たち。キマダラセセリとウラナミシジミ
c0065260_21271654.jpg

c0065260_2153460.jpg

正確な名前はわからない百合。綺麗だった。
c0065260_2154535.jpg

by nomu376 | 2007-09-04 21:08 | | Comments(10)
Commented by nephila at 2007-09-04 21:52 x
>タイトルから彼岸花画像を想像された方には申し訳ありませんが
画像はありません(笑)。
無かったぁ。読み返したら上記コメントが・・・・(笑)
最後のユリは高砂百合タカサゴユリです。移入種です。
鉄砲百合と非常に良く似ているのに、遺伝的にはちょっと遠いそうです。
Commented by nomusan at 2007-09-04 22:49 x
nephilaさん、ありがとうございます。タカサゴユリですかぁ。テッポウユリを検索して見てみましたが、違いはわかりませんでした(爆)。百合も奥が深いですね。
 彼岸花はまた日を改めて・・・(爆)。
Commented by shimabito3 at 2007-09-04 23:11
彼岸花ですか。夏の終わり?、秋の始まり?
この時期増えるアゲハとの組み合わせが良く、今シーズン最後の花火のような感じです。暑くてもやっぱり、夏は終わって欲しくありません。
Commented by luehdorf at 2007-09-05 01:36 x
そうか、荒川の土手に真っ赤な絨毯が敷きつめられる季節になったんだ…。
タイワンツバメシジミって、ん~ん、可愛いもんですね。北の育ちのボクには縁遠いもんで…。
猪木さんが一時使ってた、「フロント・ネック・チャンスリー・ドロップ」ですね。この掛け手はどなたでしょう?
Commented by kmkurobe at 2007-09-05 19:53
おひさしぶりです。これニック・ボックウィンクルではないかな・・・・・
ちょっと自信ありませんが。
Commented by maeda at 2007-09-05 21:27 x
♂がほぼ完全に開いておるではないですか。
この蝶、ツバメよりやや小降りでかわいいですね。
シバハキ以外では産卵記録が少ないようですね。
生態と言い興味深い蝶です。
Commented by nomusan at 2007-09-05 23:01 x
shimabitoさん、彼岸花ですわぁ・・・。そうですね、私的にはこの花の出現は「秋の始まり」ですね・・・。嫌やなぁ・・・。
 そうですね、満開の彼岸花に黒い大きなアゲハチョウ・・・。これからの楽しみですね。個人的にはモンキやナガサキの♀が好みですね。光り物よりもこの組み合わせがエエなぁ・・・。
Commented by nomusan at 2007-09-05 23:06 x
luehdorfさん、そうですね、ワンツは確かに関東の方には縁遠い蝶のひとつでしょうね。けど、これね、極めて個人的な意見ですが、ツバメとは全く雰囲気違うんですよ。その分気難しいような気もいたしますが(笑)。
 これは↓でkmkurobeさんご指摘のとおりニックさんです。初めて見たのはS45年の秋で、この時の事前の注目はE・ラッド&R・ジョンソンさんだったのですが、始まってみるとこの人がピカ一でしたね。
Commented by nomusan at 2007-09-05 23:08 x
kmkurobeさん、ご無沙汰です。タイトル画像変えてもコメントないと寂しいですよ~(笑)。はい、ご指摘の通りニック・ボックウィンクルさんです。
これからもお待ちしておりますよ~(笑)。
Commented by nomusan at 2007-09-05 23:12 x
maedaさん、この日はお昼前になってかぁっと陽が射しだしまして、ありらこちらで開きだしました。喜んだわりにはまともに撮れておりません(汗)。個体によってはツバメより小さかったり同じくらいだったり・・・。けど、感じは全然ちゃいいますよね。仰るとおり興味深い蝶です。
<< 苦紛反則的再掲画像達・彼岸花編 証拠写真的台湾燕蜆雌開翅画像達 >>