ほりでぃ いん かんとう その2

今日から日常生活に戻りました。流石に朝夕は涼しくなりましたね。日の暮れも早くなりました。まぁ、考えればあと一週間もしないうちに10月なんですよね~・・・。いよいよ私の一番嫌いな秋が近づいてきたようです・・・(爆)。

さて、続きです。シルビアは時期的にはやや遅めでスレた個体が多かったようです。とりあえず証拠画像を撮ったあと、一応「蛭の心配がない場所でルーミスを・・・」を試みましたが時間も遅く、雲も出てきたのであっさり諦めました。で、走行中何気なく黒いアゲハを眺めて「お~ナガサキかぁ・・・。」と思った瞬間、「ちょっと待て!、ここは千葉だよね!?」(爆)。う~む・・・。普通に飛んでるんですね~・・・。

この日の晩もK君宅にお世話になりました。この日は泡盛で祝宴です。「美味しい泡盛見つけましたよ。『やいま』って言うんですけど、名前も良いでしょう。」と言うので「わしは泡盛は請福が好きなんぢゃが・・・。」と言うと、「へへ、これは請福酒造ですよ。」と返されました。流石です(笑)。
c0065260_20463384.jpg

う~ん、美味し! で、しばらく呑んでると「せっかくだからこれ開けちゃいましょうか。」と持ってきたのが10年ものの泡盛の古酒(くーすー)。断る理由は何一つありません(爆)。10年ものをさらに10年以上放置していたそうで、いやこれも美味でしたぁ・・・。そのかわり・・・すっごく効きました(爆)。この日は0時過ぎには寝付いたようです。
c0065260_20465613.jpg

翌23日(日)、この日は今回のメインの冠婚葬祭的催事に出席するため朝のうちゆっくりして、お昼過ぎに横浜へ向かいました。で翌日の午後まで会食&横浜市内をあちらこちら回りました。お泊りはこちら。
c0065260_20472781.jpg

一棟7000円(3人)のバンガローを借りて「セレブぢゃ!」の私にはちょこっと?非日常の宿泊地でしたね(爆)。ちなみにこの日は乾杯のシャンパンと赤白のグラスワインそれぞれ一杯だけ。翌日を考えてセーブいたしました(笑)。
c0065260_20475177.jpg
c0065260_2048054.jpg

to be continued・・・
by nomu376 | 2007-09-26 20:49 | お酒 | Comments(12)
Commented by 空飛ぶhaha at 2007-09-26 21:21 x
呑むさん、呑むさん!野菜食べていますか?(笑)
思いっきり男の食卓なので、ちょっと心配になりました。
でも本当は、お酒を飲みながら食べてしゃべって寝る!っていうのが羨ましいです。
Commented by luehdorf at 2007-09-26 21:46 x
2枚目、かまぼこの左にあるのは「魚河岸揚げ」とかいうネーミングでは…。
ボクはスキットルの脇のメンソレータムが気になります。そしてその奥の瓶はキャベジン(錠剤の色が違うか)ですか?
>翌日を考えてセーブ~
お気遣い有難うございます。

そうこの体勢だと絶対にバックドロップでは返せません。吉村さんかわいそう。
Commented by nomusan at 2007-09-26 22:24 x
空飛ぶhahaさん、どうもです。ご心配をおかけしまして申しわけありません(汗)。はい、ちゃんと翌朝「野菜ジュース」呑みましたよ~(爆)。
>思いっきり男の食卓・・・  うう、するどい・・・(笑)。
Commented by nomusan at 2007-09-26 22:29 x
2枚目のluehdorfさん」どうもです~(爆)。
>かまぼこの左にあるのは「魚河岸揚げ・・・
 御意でございます。擂り身を揚げた、はんぺんみたいな食感でした。
すごいですね、確かにメンソレータムとキャベジンです。これは今回の宴会とは関係なくK君の常備薬のようです。

ですです。このまま低い体勢で首をロックしたまま・・・です(笑)。
Commented by chochoensis at 2007-09-26 22:32
呑むさん、関東お疲れ様です・・・お酒の後の=ドイツ箱=の方が気になります・・・関東の「シルビア」良かったですね・・・。
Commented by nomusan at 2007-09-26 22:37 x
chochoensisさん、どうもです。ここ何年か、「冠婚葬祭的催事」がなければ来れない関東です(笑)。この後輩君はバリバリの蝶屋さんで採集もしますが、今はかなり採卵、採幼からの飼育にはまっております。
 ありがとうございます。関東のシルビア、最初で最後かもしれません・・・。
Commented by maeda at 2007-09-27 06:22 x
酒も気になりますが、後ろの箱にゴマらしき姿が見えます。
何処のやろうか?なんて思ってしまいます。
宴会テーブルは緒と狭めにぎっしりと置かれるのが、好みですね。
Commented by MatsuHimeji at 2007-09-27 18:21
箱入り娘や息子を見ながらの一献は、さぞや美味でしょう。
きっと一匹、一匹に鮮明な目くるめく思い出があるんでしょうね!
で、夜を徹しての蝶談義・・・、
これのカメ・バージョンならやったことがあります。(^^ゞ
Commented by nomusan at 2007-09-27 19:30 x
maedaさん、へへ、お目にとまりましたか(笑)。後ろのゴマはおそらく下北半島のゴマだったように思いますが・・・。何処のか聞いた記憶はあるのですが、その後のアルコホルで・・・(笑)。
 家で呑むときは、どんなに呑んでも絶対に足りなくなる事はないという安心感も必要ですよね(爆)。
Commented by nomusan at 2007-09-27 19:35 x
MatsuHimejiさん、そうなんですよ。標本の一頭一頭に忘れられない想い出がつまっておりまして・・・。けど、撮影を始めたら、自分で撮った画像の一枚一枚にも標本と同じような思い入れが出来るものなんだって気づきましたよ~。
 カメ・バージョンですかぁ。きっと名前を入れ替えるだけで同じような会話をされているのでしょうね(爆)。
Commented by kenken at 2007-09-27 20:36 x
ひゃあ~ロイヤルサルートに続いて請福シリーズですかっ!
これは、凄いぞ、凄いぞ!
古酒の後ろにあるメンタムがなんともいえない趣を醸し出していますなぁ~
Commented by nomusan at 2007-09-27 21:47 x
kenkenさん、行く前に「ええ酒ありますよ~。」って聞いてたもんでね、これは二晩くらい泊まらなくてはって思ったのですよ(爆)。で、実は左の「やいま」、この時に封が開かなかったので、もらって帰りましてね、今これ呑んでいるのですよ。もつべきはエエ後輩ですなぁ(爆)。
う~ん、メンソレータム印象強いですなぁ。
<< ほりでぃ いん かんとう その3 ほりでぃ いん かんとう その1 >>