呑むさんの九州の蝶図鑑・1

え~・・・この週末ものんびりしております。いよいよブログのピンチですね。先週末に振られたムラツへ行こうかな~とは思っていたのですが、どうにも気分が乗りませんでした。

と言うことで・・・。苦し紛れ企画です。標本画像がお好きでない方には申し訳ありません。
大分県九重町のメスアカミドリシジミです。生態画像は2005年7月3日、標本画像は1996年7月6日です。
c0065260_12464898.jpg
c0065260_1247164.jpg

♀は3頭とも同じ日に同じ場所で採ったものです。はい、メスアカですよ~(笑)。
c0065260_1247948.jpg

この週末はこのお酒でやっています。昔仕事で定期的に壱岐に行ってまして、壱岐の焼酎はひととおり呑みましたが、これが一番お気に入りです。画像のは22℃です。33℃のもあるのですが、こちらはなかなか久留米周辺では見つかりません・・・。
c0065260_125046.jpg

by nomu376 | 2007-12-02 12:51 | | Comments(8)
Commented by luehdorf at 2007-12-02 14:05 x
扉が「噛みついてるブラッシーさん」→「ネルソンさんのキャメルクラッチ」と移っているのはチェックしてました。レフェリーは若き日のジョー・樋口さんでしょうか?この人の裁きはきっちりしてて好きでした。

メスアカ、いつ頃の採集ですか?最近、小さいのの展翅が辛くって…。触角の整形もしっかりしてる「カッコいい」展翅ですね。
しかし、メスアカのメスもこんなに黒くなるのがいるんですか…。メスアカメスのO型ってことですよね。それなら「メスクロミドリシジミ」なぁ~んちゃって…。

(これは一番乗りだろう…)
Commented by nomusan at 2007-12-02 15:20 x
lluehdorfさん、一番乗りありがとうございます。実は私も誰?樋口さんかなぁ?って思っておりました。私もこの人は好きでしたね。

標本は1996年の採集品です。私の展翅、もう少し前翅を上げた方が良かったかなぁ~・・・といつも後から思うのですよ~(涙)。私も、老眼を認識したのは展翅の時でした(笑)。
Commented by maeda at 2007-12-02 15:25 x
九州のメスアカはいいですよね。
その♀は収集家にとってたまりませんね。単なるブラックですが、これが良い。
しかし絵にはなり辛いかな。
その焼酎、なぜか北海道の師匠宅に何本か有りました。何でやろうと思っています。
Commented by kenken at 2007-12-02 17:10 x
標本画像もたまにはえぇもんです。
A斑の退化する九州メスアカは渋いねぇ~
O型っぽいのもあるじゃないですかっ!
(J・樋口さんの頭も黒化型か・・・いや、若き日の映像ですな)
Commented by nomusan at 2007-12-02 17:23 x
maedaさん、九州のゼフ、ちょっと違いますよね。裏面の色調も違うような・・・。見た目にはA班の大きなやつの方がええかもですが、これはこれで個人的には好きです。
 ふむふむ、この焼酎の美味しさが全国区だと言うことでしょう(爆)。
Commented by nomusan at 2007-12-02 17:27 x
kenkenさん、いや、あの・・・しばらく続くかも?・・・です(汗)・・・。
A班、これだけ違いがあると面白いですよね。下段左の個体、メスアカとは思えないでしょ(笑)?
(若き日の樋口さん、誰かな~・・・?って思いました・・・。)
Commented by kmkurobe at 2007-12-03 21:37 x
ネルソン初来日ですね。テキサスブロンコ・バックブリーカーと名付けてましたね。レフはジョー樋口です。このころは沖レフリーも健在だったかもしれませんね。
Commented by nomusan at 2007-12-03 22:28 x
kmkurobeさん、ネルソン・ロイヤルさん、小気味よい感じがして好きでした。メインを張ることは少なかったようですが、画像の小鉄さんとの試合は面白かった記憶が残っています。私が見始めたS44年頃はメインが沖さん、セミがトルコさん、って感じでしたね~。
<< 呑むさんの九州の蝶図鑑・2 仏の顔も三度まで・・・ >>