ツバメも早いか?

今日も20℃! 午後から雲は出てきましたが、暖かいと言うよりは暑ささえ感じる一日でした。
こうなるとお昼休みにカメラははずせません。で、午前中の打ち合わせが終わってふと建物の横を流れる川を見るとツバメが飛んでおります。

何とか証拠画像が撮れないかなぁ・・・・・と思って近づいてみると・・・水溜まりに集まっておりました。で・・・イワツバメ・・・ですよね?
c0065260_2213351.jpg
c0065260_2214661.jpg
c0065260_221557.jpg
c0065260_222824.jpg
c0065260_2221949.jpg


業務連絡、画像が粗くてすみません。けど、「二人とも’60年代のNWAチャンプ」ってヒントでもうおわかりでしょうね?
by nomu376 | 2008-03-13 22:10 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by luehdorf at 2008-03-13 23:04 x
暖かな陽気に落ち着かない気分にさせられています。
サクラの枝先も心なしか膨らんできてるし…。
今月末に「始動」かな? と…。

そうすると、ロープに飛んでる人はバディ・ロジャースとしか思えません。結局、来日しませんでしたね…。
マットに倒れてる人は…、まだ分かりません。
Commented by nomusan at 2008-03-13 23:15 x
luehdorfさん、3月に入った頃は平年並み・・・って感じだったのですがここ数日で一気に季節が進みそうな・・・??? どうなるんでしょうね?

はい、ショルダータックルで倒したのはロジャースさんです。で、実は今回の技は倒された方の得意技なんですよ~(笑)。ちなみにこちらは来日してます。
Commented by 空飛ぶhaha at 2008-03-14 08:30 x
イワツバメ、羽の青が綺麗ですね。9羽も一度に撮影できていいな~!山口にもツバメが来たとニュースで見たので散歩中探していたんです。それにしても、いつも流行は呑むさんから始まりますね~。(笑)
昨日からアゲハチョウも秘かに探したりしてますのよ。ほほほほ~。(爆)
Commented by EM@67 at 2008-03-14 20:30 x
とてもイワツバメらしい素敵な画像ですね。この群れは渡ってきたばかりなんでしょうか?ひょっとしたら何処かで越冬していた群れかもしれません。関西でも南紀では越冬群が居ます。というのは水溜りで水飲みというより土を咥えている様にも見えますので近くの橋桁などの下で営巣するのかもしれません。ツバメの語源はい諸説ありますが「土を食べる」の意から「つちはみ」が「つばめ」に変化したとも言われています。水溜りの泥はツバメの巣作りには欠かせません。兵庫県にやってくるイワツバメは田植えの前くらいですから水田に水も張られていますので楽かもしれません。ただ今年の夏鳥の移動は早そうですね。キビタキ、クロツグミ、南紀ではノビタキまで観察されています。蝶の方は如何でしょうか?
Commented by kmkurobe at 2008-03-14 21:30
うーんということはG・キニスキーということになるのでしょうかね・・・・
ほかにタックル得意のチャンプいたっけ??????
Commented by nomusan at 2008-03-14 22:03 x
空飛ぶhahaさん、イワツバメですね、ありがとうございます。山口にももうツバメ来ているのですね。
>いつも流行は呑むさんから始まりますね~。(笑)
 へへへ、まぁ、一応南国九州におりますので・・・(笑)。

・・・・・・普通、海苔巻きにオクラはないっすよね~(汗)。
Commented by nomusan at 2008-03-14 22:08 x
EM@67先輩、ありがとうございます。疑問がとけました。今回観察したのはまさに橋桁あたりに20羽くらい舞っているところでした。で、そのすぐ近所の水溜まりに集まっていたのですが、水を飲むと言うより土をはんでました。海に近い所だったので、「何かミネラルでもあるのかな?」って思っていたのでした。
 蝶は・・・これからですね(笑)。
Commented by nomusan at 2008-03-14 22:10 x
kmkurobeさん、う~む・・・・・テーズさん、ロジャースさん、キニスキーさんと名前を並べて・・・・確かに派手な存在ではなかったかも知れませんが、どなたか、お忘れではありませんかぁ~(笑)。
Commented by nomusan at 2008-03-15 06:39 x
EM@67先輩、昨夜は魂が解き放たれた状態で読んでしまい(いつもですか?)、ちょっとピンボケのレスになってしまいました(汗)。イワツバメ、観察場所は佐賀県鹿島市です。橋桁の下あたりを飛んでました。ご教示の通り巣作りのために土をとってたのでしょうね。虫もいないだろうに何をしてるんだろう?って感じで見てました。ちなみに久留米では見た記憶がありません。とは言っても自宅周辺だけですが・・・。
 蝶は今のところモンシロチョウ、モンキチョウやアゲハなどは早めに出てるように思います。ただ、ここ数年12月末までモンシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ(1月にすでにみてます)が見れますので、『越冬』と言う表現が不似合いになってきてる感じの九州であります。
Commented by chochoensis at 2008-03-15 07:24 x
呑むサン、もう=イワツバメ=がやって来たのですか・・・早いですね。自宅周辺に来るのは、未だ先の事ですが良い写真を拝見しました。素敵です・・・。
Commented by nomusan at 2008-03-15 10:01 x
chochoensisさん、ありがとうございます。やっぱり早いのですよね? ツバメについては初見をはっきりと書き留めてないので、感覚的に早いのかな~と思ってました。
Commented by EM@67 at 2008-03-15 13:04 x
のむさん、こちらこそ楽しませて貰ってます。チョウ、プロレスの画像だけでなく野鳥もどんどんアップして下さい。優秀な後輩の皆さんのお陰で最近またチョウにも目が行く様になりました。イワツバメは興味深い鳥で、越冬ツバメの中でも多い方だと思っています。のむさんの画像見て感じたのは渡ってきて直ぐのイワツバメのイメージが湧かなかったのです。初見の野鳥の群れは大抵通過して行きます。夏鳥ならもっと北へ行く様に見えます。何番目かの群れがその地で落ち着くというか繁殖もするのではないかと・・・。そう遠くない場所(あるいは地方)で越冬していたのかな?とふと感じただけです。自然と言うのは「何でもあり」の部分がありますので断言は出来ませんが・・・。
<< この桜は早咲きか? ナミアゲハ初見@小城市・佐賀県 >>