昼休画像於佐賀市某公園其二

今日は気温もそこそこあがり、蒸し暑かったですね。今日は空調効いた室内でお仕事してたので、さほどこたえませんでしたが、宮崎県の某所では35℃あったそうです。現地特派員から「梅雨明けのような暑さぢゃ!」とのレポートが入りました(笑)。どうやら週末は何とかなりそうですね。

画像は昨日の昼休み画像です。シオカラトンボの産卵、♀を見守る♂。「仲良きことは美しき哉」・・・。今回は感情移入なしです(笑)。
c0065260_202855100.jpg
c0065260_2029572.jpg
c0065260_20291512.jpg

おまけ。
c0065260_20293495.jpg

by nomu376 | 2008-07-03 20:30 | 蜻蛉 | Comments(10)
Commented by clossiana at 2008-07-03 21:23
nomusan,トンボは詳しくありませんが、あれは見守っているのではなくて、見張っているのではないでしようか?他のオスにメスを取られないように。勿論、自信はありませんが。
Commented by imai at 2008-07-03 21:31 x
今日は本当に蒸し暑かったですね。シオカラトンボは2匹繋がっては産卵しないのですね。トンボはみんな繋がるものと思ってました。週末は天気良さそうなので楽しみですね。クロツも、ゼフもオオウラギンも行きたいで悩んでおります(笑)
Commented by nomusan at 2008-07-03 21:57 x
clossianaさん、ありがとうございます。きっとそうだと思います。ちょっと適当に書いてしまいました(汗)。これからもご教示よろしくお願いいたします~。
Commented by nomusan at 2008-07-03 22:01 x
imaiさん、からっとした暑さならまだ良いですが、湿度が高いときついですね~・・・。産卵する♀を見張る♂、この場面はコシアキトンボ、オオシオカラトンボに次いで3種目の観察でした。私も蜻蛉はよくわかりません。
 さて、今週末は何とかなりそうですね。いよいよ九州では一番エエ季節を迎えますね。これはこれで悩ましいですね~(笑)。
Commented by 空飛ぶ父 at 2008-07-03 22:26 x
トンボの産卵は面白いですよね。
つながって、♀がツンツン水を叩くように産卵したり、メスが水の深いところまで潜って産卵し♂が引き揚げたりしますよね。

今週末は文句なしの晴天のようですね。梅雨明けですかね?
Commented by luehdorf at 2008-07-04 01:08 x
連結産卵じゃないと、他のオスに「精子掻き出し」をやられてしまうことがあるそうですよね。
ギフのオスもスフラギスを外そうとするのがいるとか…。
厳しい世界です。

このいい男、知りません。名前を聞けば分かるかなぁ…。タップです。
Commented by nomusan at 2008-07-04 06:07 x
空飛ぶ父さん、♀が完全に水中に潜った状態での産卵、あれは「凄いなぁ~」って思いますよね(笑)。

>梅雨明けですかね?
 昨日、通勤途中で聴いてたラジオでは気象予報士さんが「悩ましいところだ。」と言ってましたよ(笑)。
Commented by nomusan at 2008-07-04 06:15 x
luehdorfさん、げに厳しい世界ですねぇ・・・。いつかみたTVではタガメか何かの水棲昆虫が、別の♀が産み付けた卵塊を引っ剥がしてそこに産卵してる場面が出てました。厳しい世界ですね・・・。

おお、これはこれは嬉しいコメントを(爆)。掛けてはバロン・シクルナさん、受け手はサンマルチノさんです。キャプションでは「マルタ式バックブリーカー」とありました。ちなみにこれでブルーノさんはKOされたそうですが、『手が喉にかかっていた。』とかで反則負けになったそうです・・・。
Commented by mmerian at 2008-07-04 07:23 x
先日、同じシーンの撮影に失敗しました。
私が見たところは、田圃脇の水路でした。
近くにでっかい蛇もいましたよ。

宮崎、35度とは!
汗が噴き出すはずです~(汗、汗、)
Commented by nomusan at 2008-07-04 19:39 x
mmerianさん、ここは佐賀市の真ん中にある公園でして、もともとは弘化3年(1846年)に造られた佐賀藩主鍋島直正公の別邸です。今は市民の憩いの場となっております。って何佐賀のPRしてるんでしょうね(笑)。私、シオカラトンボのこの光景は初めてみました。初めて見る光景ってわけもなく嬉しいですね(笑)。
<< 昼休画像於佐賀市某公園其三 昼休画像於佐賀市某公園其一 >>