2012年 01月 26日 ( 1 )

ドージリコーノコーベンケン

今日も寒かった。
けど、天気は良かったので、午後から車に乗っているとなにやらええ感じ・・・
それでも、蝶が飛ぶ気温ではなかったでしょうね~(笑)。

画像は今朝7時20分頃の脊振山です。
c0065260_20181289.jpg

で、これだけではあんまりなので、今日は唐突ですが下宿での思い出話を・・・。
と言うのも、ここ10年くらい行われていなかった『山科下宿の集い』が、今年の秋か冬に久々に開催される事になりましてね、今年に入って友人たちと連絡を取り合うようになりました。
で、ここ数日はあれやこれや、下宿生活で起こった出来事が思い出されてきているのですよ(笑)。

さて、1年生の終わり頃、「試験が終わったら打ち上げでもやろうや。」と言うことで、私は同じ下宿の1年生の友人3人で下宿で呑んでいたのですが、そこへ法学部3年のYさんと4年のNさんが血相を変えてなだれ込んできまして、私に向かって話しかけてきました。

Nさん「呑む、お前は法学部だったよな。ドージリコーノコーベンケンについてどう思う?」
私「は?リコー・・・ですか?(リコーがどうしたって?何のこっちゃ?)」
Nさん「馬鹿!お前勉強してないな!『同時履行の抗弁権』だよ。」
私「は?同時・・・(知らんで、そんなん)???」
Nさん「もういい。よし、お前ら、俺たちの話しを聞いて、どっちの解釈が正しいか判断してくれ。」
私達「はぁ・・・(面倒くせーなー。)」
と言うことで、我々3人は二人のそれぞれの解釈について聞かされたのですが、どうやらYさんの解釈の方が納得できそうだ、と3人とも思って恐る恐るそう言うと、明らかにNさんの機嫌が悪くなり、さらに強引な解釈に走り、そしていきなり「Y、大体お前が付き合ってる女はなぁ・・・。」とか、「お前が女に振られるのはお前の人間性がそもそも・・・」などとYさんの個人攻撃に走ってしまいました(爆)。

で、このあとYさんとNさんは取っ組み合いの喧嘩になってしまったのですが(爆)、その時とっさに取った我々3人の行動が、夫々の性格をよく現している、としばらく下宿内での笑い話になりました(笑)。

A「おっと、こりゃ危ない。」と部屋の隅に移動して見物。
B「おっと、(自分の)皿やコップが割れたらかなわん。」と食器を二人から遠ざけて見物。
C「やめてください。」と仲裁に入る・・・。さて、私はどれだったでしょうか(笑)?
by nomu376 | 2012-01-26 20:21 | なんやかんや | Comments(14)