カテゴリ:蝶( 987 )

初めてのシロウラナミシジミ

ふぅ〜・・・
明日までお仕事。
そして、5日間の年末年始休暇。
とにかく、今は心身ともにゆっくり休みたい・・・気分ぢゃ。

と言うことで、”南国通信”も今宵でフィナーレ。
画像を提供してくれたM君に感謝!です。
正直、ようこれだけ撮って来たなぁ~って感じ、流石ですな。

で、フィナーレを飾るのはシロウラナミシジミ。
この蝶も憧れの蝶で、”お初”で採れた時は嬉しかったなぁ〜!
お初は2000年10月のやいまでございました。

この頃は今のようにリアルタイムで情報が飛び交う頃ではありませんでね、
ある程度は行ってみないと、何がいるかわからない側面もあったように思います。
で、この時は特定の蝶と言うよりは「与那国に行きたい。」がメインだったように思います。
そこで「自分には無理かな?」と思ってたコモンタイマイをゲット! これは嬉しかった。
そして翌日は石垣への移動日だったのですが、朝から結構な強風雨。
「飛行機、飛ぶか???」マジで真っ青になりました。
そう、この日のうちに石垣へ戻らないと、その次の日は福岡へ帰る予定なのです。
「3度目は・・・・ないぞ・・・。」
で、民宿の人に聞いてみたら、「さぁ・・・どうかなぁ・・・。」
ますます不安になりながら、ふと「フェリーは?」と思って確認すると、
「あぁ、今日は船がでるね。船は余程の事がない限り出るよ。このくらいなら大丈夫だね。」
と言うことで、急遽飛行機をキャンセル、港へ行ってフェリーに乗って石垣へ戻ったのでした。
与那国から石垣まで確か4時間くらいだったかなぁ・・・。
もう、かなり揺れましたけどね、我慢すれば石垣へ戻れる。それはそのまま予定通り家へ帰れる。
って事ですからね、なんてことはありませんでしたよ(笑)。
無事石垣港へ着いた時は嬉しかった、というかホッとしましたねぇ〜・・・。

で、この頃の石垣でのお宿はN荘が定番でございました。
とりあえず明日は昼過ぎの飛行機で帰るだけ・・・
と言うことで、夕食後にN荘の食堂?居間?サロン?でくつろいでいると、同宿の蝶屋さんと一緒になり・・・
どうやらシロウラナミが発生してるらしい・・・とのこと。
で、話してるうちに翌日レンタカーに同乗させてもらって一緒に行くことになって・・・
そう、あの時は午前中しか時間なかったので、レンタカーは借りずにタクシーで目的地まで行って、
帰る時間にまたタクシーに迎えに来てもらうってパターンが多かったのですよ。

で、この時は素直にこの方々のご厚意に甘えることにして、採集後は空港まで送ってもらったのでありましたよ。
話しが前後しましたね、
目の前に飛び出したシジミをネット! 取り出してみると見たことのない斑紋・・・。
隣にいた方が一言「お、シロウラナミですよ。」
はいな、結構ラッキーそのもの&おんぶにだっこの”初めてのシロウラナミシジミ”でございましたよ(笑)。
c0065260_19510122.jpg
で、おまけで前の晩の同宿の方々とママさんとの1枚。
c0065260_19511022.jpg
何であの時カメラ(使い捨て)持ってたんだろう???今でも不思議です。
懐かしいでしょ(笑)?

by nomu376 | 2017-12-28 19:51 | | Comments(2)

気分を変えて

はいな、まだ引きずっておりますが・・・、
こういうことは、切り替えようと思って変えられるもんじゃないし
また、無理矢理変えるべきものでもないんじゃないかって思いますしね、
そのまま、引きずったままでの更新といたしましょう。

で、タイトルの”気分を変えて”でございますが、
これはもう、ご存じ山崎ハコさんの歌でございます。
「ん? 切り替えられないって言っておいてなんでこの歌?」
と思われるかもしれませんが、
実は今、購読してる地元新聞紙にハコさんの随筆が連載されておりましてね、
そのタイトルが、まさに”気分を変えて”なんでございますよ。

で、実はこの随筆を読むまで、少し上の世代の人だと思っていたのですが、
どうも読んでると結構・・・近い世代?
かなと思いましてね、とりあえず確認しようとさっきググッってみると・・・
なんと! 学年で言ったら同学年、いわゆる”同期”ではあ〜りませんかぁ・・・
う〜ん・・・・ますます引きずりそうな・・・

と言うことで、今日の南国通信はナミエシロチョウ。
お初は1977年3月のやいまでしたが・・・。
その時のイメージはやたら高いところをビュンビュン飛び回るって感じで・・・
とてもこんな感じで静止するイメージではなかったなぁ・・・。
c0065260_20193007.jpg

by nomu376 | 2017-12-27 20:22 | | Comments(0)

無題ぢゃ

ふぅ〜・・・
今夜も重い気分ぢゃ。

なんやかんやで週末を過ごし、昨夜はお気楽能天気ブログを更新しようかな、
と思いながら帰宅したのですが・・・
郵便受けに入っていた、一枚の”喪中挨拶状”にそんな気分は吹き飛ばされました。
う〜ん・・・。
はいな、これがマイブログ、「何のこっちゃ?」と思われても、いいんです。

で、しばし”喪中挨拶状”を眺めているうちに・・・
「やっぱ、ある特定の仲間内には知らせてあげんと・・・」
う〜ん・・・。
これ以上は、書けない・・・。

と言うことで、気分を変えて”南国通信”。
後にも先にも1回だけの出会いのタイワンキマダラ。
1977年3月の時点では、西表島のとあるエリアだけにいた記憶がるのですが・・・
今でもそうなのかな?
c0065260_19200937.jpg

by nomu376 | 2017-12-26 19:21 | | Comments(2)

あと2日・・・

はいな、”冬至”までのカウントダウンでございます。
この時期、心の支えはこれしかありませんな(笑)。

と言うことで、今夜の”南国通信”はホリイコシジミ。
”お初”は1996年11月のやいまですが・・・これっきりかなぁ(笑)。

でね、この時のやいまはシロオビヒカゲの時にも書きましたが、
「栄光の蝶屋」達成がかかったツアーでございましてね、このホリイコシジミも目的の一種だったのでありましたよ。
そして、この蝶は・・・・・・
「生展翅しないと絶対標本にできない。」、と確信できる蝶でございましたのでね、
このツアーのために、以前ブログにも掲載した、”ふ〇みや特製・小型携帯展翅板”を”時価”で購入したのでございましたよ(笑)。

そして、このシジミを採った日とシロオビヒカゲを採った日が同じ日だったので・・・
一秒でも早くシャワー浴びて祝杯あげたいのを我慢して、
はやる気持ちで展翅したのがこの蝶の想い出でございますねぇ(笑)。
c0065260_19493394.jpg

by nomu376 | 2017-12-20 19:49 | | Comments(0)

ウスアオオナガウラナミシジミぢゃ

今日も寒かった。
けど、ここ数日の中では少し?寒が緩んだ感じだったかな。
とにかく寒い、今年の冬ですが・・・
”冬至”まであと4日、人間辛抱ぢゃ(笑)。

と言うことで、今夜の”南国通信”はウスアオオナガウラナミシジミ。
好きな蝶なんですけどね〜・・・・縁がありません。
1998年10月に石垣島で、2000年10月に与那国島で、それぞれ1♂のみ。
この蝶にはまだまだ採集意欲が湧きますのでね、一度でいいから”グワシッ!”と採ってみたいもんです(笑)。
c0065260_19132810.jpg
c0065260_19134207.jpg


by nomu376 | 2017-12-18 19:15 | | Comments(0)

なんやかんや@週末

と言うことで、なんやかんや、あれやこれやの週末になりそうです。
天気が良ければベニシジミでも?と思っておりましたがね、今日の天気では・・・あかんやろう。
と言うことで、今日は早めに魂を風に解放しそうな予感です(笑)。

さて、画像は残り少なくなってきた”南国通信”ですが・・・
イワカワシジミ。
これも”お初”の時は嬉しかったなぁ・・・。
この時の事は、以前に”初めてのイワカワシジミ”で書いたような記憶がありますのでね、
今日は省略させて頂きましょうかね(笑)。
c0065260_17162087.jpg

by nomu376 | 2017-12-16 17:17 | | Comments(0)

ヤエヤマイチモンジ!

22日、だそうです。
はいな、今年の”冬至”でございます。
ただただ、今は”冬至”が待ち遠しい(笑)。

と言うことで、今夜の”南国通信”はヤエヤマイチモンジです。
好きです!この蝶。
ただただ、恰好ええですよねぇ〜。
あ、もちろん、♂の話しです(笑)。

”お初”は1977年3月のやいま。
何が採りたい、というわけでなく、
と言うか、何が採れるのか全くわからなかったこの時のやいま(笑)。
何日か過ぎる中で、この蝶はたくさん採りたい!と思うようになりました。
とにかく、初めて手にした♂が恰好良くて格好良くて・・・。
ただ、2週間弱滞在したやいまで、♂は1頭しか採れませんでした。
蝶屋としてのスタートに大満足だったこの時のやいま、これだけは残念な思いをしましたね(笑)。

その後のやいまでも、この蝶が採れたらかなり嬉しかったですね。
メインの狙いではなかったけど、副産物と言うには良すぎる存在・・・
プロレスで言うと、メインイベントは張れないけど、セミファイナルには必要不可欠な存在のレスラー・・・
って言ったらこの蝶に失礼かなぁ(笑)。
c0065260_20175765.jpg

by nomu376 | 2017-12-14 20:19 | | Comments(0)

初めてのコノハチョウ

寒かった!
通勤途中に見た脊振山系の山々は、中腹以上が雪化粧。
ほんまに寒かった。
外勤中には一瞬だけど、粉雪も・・・
あ~・・・早く春が来ないかなぁ(笑)。

と言うことで、まだまだ続く”南国通信”、今日の画像はコノハチョウ。
初めてこの蝶見たのは、”初めてのやいま”の1977年3月でございました。

忘れもしない3月16日。とある滝へ向かう林道だったと記憶しておりますが・・・
この時はT先輩と、T先輩のご友人の方々数名と行動を共にしておりまして、
どなたかが、「お、コノハや。」(関西弁だったかどうかは定かでない(笑))
と言われたのでそちらを見ると・・・数メートルの高さの梢に全開したコノハチョウがぁ!
当時は自分の目でこの蝶が見れるとは夢にも思ってなく、本当にびっくりしましたねぇ(笑)。
冗談抜きに、「コノハチョウってほんまにおるんや。」って感じでございましたよ(爆)。

で、この時の出来事は詳細には記載しにくく、おそらく今回の更新を読んで、
「あははは、そうやったなぁ。おもろかったなぁ。」とわかってくださるのはT先輩だけだと思うのですが・・・
ま、そこはほれ、”マイ・ブログ”って事でご容赦頂きたく・・・(笑)。
この時の「コノハチョウ事件」、「ミスターピブ事件」・・・・
失礼を顧みずに書かせて頂くと、今でいう”いじられキャラ”の方だったんでしょうねぇ(笑)。
いつの日か改めて御礼を・・・と思いながら40年経ってしまいましたねぇ(笑)。
c0065260_19132444.jpg
c0065260_19133427.jpg

by nomu376 | 2017-12-12 19:13 | | Comments(0)

とある週末

一昨日の夜は職場全体の忘年会でした。
ここ数年、ノンアルコールで終盤しれっと抜け出して帰っていたのですが、
今年は何故か?法人のお偉いさんが同じテーブルにおられ・・・
最後までお付き合いして、久々の深夜帰宅でございましたよ。
あ、もちろん今年もノンアルコールでしたのでね・・・長かった(笑)。

で、昨日は午前中に定例の内科受診。
早めに済んだらマイ・フィールドにでも行こうかな?
とも思っておりましたが、とっても寒く・・・
これは飛ばんわ、と思ってそのまま帰宅、でございました。

さぁて、今日ですが・・・天気もイマイチ、さむそうなやなぁ・・・。

と言うことで、画像はヒメアサギマダラ。
お初は休眠から覚めた、1993年3月の2回目のやいま。
当時は与那国島だけで発生していて、この時のメインのひとつでございましたよ。
で、とある集落から林道へ入ったあたりで、明らかに見たことなさそうな白っぽいマダラを発見。
手に取ってみるとこの蝶でございました。
復活して初めての”お初”でしたのでね、結構嬉しかったこともあり、誰もいないと思ってたので、
「やったぁ!」の大声を出したら、林の中から人が出て来て(多分甲虫屋さんだと思う)、
かなり恥ずかしかったことを憶えておりますねぇ(笑)。
c0065260_08392683.jpg

by nomu376 | 2017-12-10 08:39 | | Comments(0)

昨日の続き

今日は二十四節気の”大雪”にあたるとか・・・
寒くない冬だったらいいのになぁ・・・(笑)。

と言うことで、昨日の続きです。
で、シロオビヒカゲですが、初めて身近に名前を聞いたのは実は蝶屋としてのスタートを切った、
1977年3月の”初めてのやいま”だったのですよ。
連れて行ってもらったT先輩と、現地でお会いしたT先輩のお知り合いの方々と行動を共にさせて頂いていたのですが、
お話を聞いていると、「竹藪の中にいて、いきなり飛び出してきてめちゃくちゃな動きで飛び回り、えらく採りにくい」ようです。
この時点で、当時の私には「無理」と思わざるを得ませんでした。
さらに、ヒカゲだし、ハブも怖いし(笑)。
なので、この時は全く対象には出来なかったのでございますよ。

そして20年の後・・・
この蝶狙いで19年振りに西表を訪れたのですが、やはり上記の理由からかなり不安を持ってました。
そう、私ね、運動神経と反射神経は無いに等しいほど鈍い方でして・・・
「見れることは見れるだろうけど、果たしてネットに入れることが出来るのか?」
期待と不安で震えながらポイントの竹藪へ・・・
そして、その瞬間は突然やってきました。なにやら黒っぽい蝶?が突然目の前に!
「出た!」と思った瞬間、ネットを振ると・・・「おお!、入ってるやん!」
そう、「採った」と言うよりは、明らかに「入った」と言う感じ(笑)。
で、心臓バクバクさせながらネットの中の個体を確認すると・・・♂でした。
とにもかくにも、シロオビヒカゲ、嬉しかったですねぇ~。

ところが・・・
人間、欲が出るもんですねぇ・・・この蝶はやっぱり♀が欲しい(爆)。
と言うことで、”♂だけどシロオビヒカゲ”と言う気持ちと、”シロオビヒカゲだけど♂”と言う気持ちが心の中で入り交じり・・・
何となくもやもやした気持ちで竹藪の外縁を歩いていると・・・
何と!明らかに♀とわかる個体が、ヘロヘロっと出て来て目の前の梢にとまったではあ~りませんかぁ!
これはもう、本当に信じられない光景でした。こんなことって・・・あるんや。
もちろん、流石の私もこれを逃すことはありません(笑)。

で、この夜は西表の民宿で独り祝杯をあげたのですが・・・
これにはもう一つ、大きな意味がありましてね、実はこれが”自己成虫採集200種目”の蝶だったかもしれなかったんです。
”蝶屋”になるんだ、と心に決めたあの日、自分には無理だろうとは思ったのですが、
我がクラブの内規である「自己採集200種をもって”栄光の蝶屋”と称す。」
に一歩でも近づきたいと思ったのでありましたよ。
それから20年・・・この時のやいまで、それが達成目前まで来ていたのでありました。

で、実はこの時前日に採った1頭のシジミが現地では同定不能で、もしこれが”お初”だったらこれが、
そしてもしこれが採ったことある蝶だったならば、この日のシロオビヒカゲが200種目だったのです。
なので、いずれにしても、これで間違いなく200種達成!が確定した日だったのでね、
この夜の泡盛の味は・・・しみじみ心に染み渡る・・・感慨深いものだったのでございましたよ~。

で、帰宅後に確認すると、このシジミはルリウラナミシジミの♀でしてね、
結果的には200種類目はルリウラナミシジミでございましたよん。

と言うことで、画像は内容とは関係なくイワサキタテハモドキ。
この蝶は見たことないのでね、コメントはありません(笑)。
c0065260_19530161.jpg
c0065260_19531826.jpg


by nomu376 | 2017-12-07 19:53 | | Comments(2)