タグ:書籍 ( 85 ) タグの人気記事

第6位ぢゃ

寒い一日でした。
夕方、今宵の肴は何にしよう?
と買い物にでると、小雪が舞っておりました。

日中はそれなりに天気も良かったので、散歩がてら筑後川へ行こうかな?
と思わないでもなかったのですが、この寒さではねぇ・・・・
と言う事で、完全休養日でございましたよん。

で、画像がないので、今年の第6位。10月の最終合宿で撮ったリュウキュウムラサキ。
初めて撮れた”大陸型の特徴を持った個体”・・・・
いつもは翅表の”とろ~りと脳味噌がとろけるような妖しい紫”を撮りたいと思っているのですが、
裏面で嬉しかったのは初めてです(笑)。
c0065260_18572474.jpg

ところで、ひょっとしたら一番好きな蝶かもしれないリュウキュウムラサキ・・・・。
その亜種分類などについて、最近は南方新社の『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』を参考にしておりますが
復活してしばらくは↓を参考にしておりました。
c0065260_18574578.jpg

某博物館が、1998年に『チョウとガ』と言う展示会を開催したときに発刊したようで、この中で、
『迷蝶リュウキュウムラサキの話題』として、亜種の分類や別亜種同の交配個体を多くの標本画像で詳しく説明されています。
私にとってはこの蝶についてのバイブルのような文献で、何度となく読み直したものでしたよ~。

で、何でこの書籍を知ったかと言うと、インターネットを始めた頃、何かの蝶に関する掲示板に「リュウキュウムラサキの亜種分類について何か書籍がありませんか?」と尋ねたところ、どなたかからこの書籍を教えて頂いたのですよ。で、この博物館に電話して送っていただいたのでありましたよ。
今でも教えてくださった方と博物館の方には感謝している私でございますよ。
by nomu376 | 2012-12-23 19:01 | なんやかんや | Comments(2)

週末の夜、魂は解放されるのぢゃ

ふぅ~・・・・・
今週は・・・長かった・・・・
そして、妙に・・・・疲れた・・・。

明日は所用があって活動は出来ず。
こんな週末の夜は・・・・呑むしかないですねぇ~(笑)。

で、書くことがないので、思い切りはしょった1977年のクモマベニヒカゲについて、補足しておきましょう(笑)。前述のように、この時は学生時代所属していた生物同好会の合宿で訪れました。で、この時の蝶班のメンバーの中で、“利尻島のクモマベニヒカゲ”について、一番その意味がわかっていなかったのが私だったでしょう(笑)。この年の3月から本格的に蝶を始めた私・・・、そもそもクモマベニヒカゲについてほとんど知識がありませんでした。しかも当時はジャノメチョウ科にはあまり関心もなく、ベニヒカゲも見たことがありませんでした。ただ、何となく「響きが格好良い蝶だなぁ・・・クモマってついてるから高山にしかいないんだろうなぁ・・・。」ってなもんでしたよ(笑)。

ただ、もちろん、この時は真剣に狙いましたよ。移動日を除いて丸5日間滞在したうち、3日間をクモマベニヒカゲ狙いにあてました。しかし、1頭も見れませんでした。で、私の結果だけでは説得力がないと思いますが、この時同行した、当時からすでに私よりはるかに上級者だった1年後輩の蝶班3バカ、もとい3羽烏(この時はまだ黒かったかなぁ(爆))のF君、P君、K君も全く見れず。なので、この年のこの時は・・・いなかった・・・としか思えないのですね~。ちなみに、彼らはその2年後の夏合宿でも再度チャレンジしたようですが、↓を拝見すると、この年も見れなかったようです。珍なり、利尻島のクモマベニヒカゲ・・・なのでしょうか(笑)?。

で、ぼちぼち魂が解放されかけてきたついでに書いちゃいましょう。過去のノートを見て感じたことは、「合宿に入ると見た蝶がかなり少なくなってるなぁ・・・。」でございました。もちろん、これには理由がありまして、それは私も納得していることなのですが・・・。

何回も書いてますが、この時はクラブの合宿でございまして、蝶屋だけのツアーではありません。当時の班構成は蝶班・鳥班・植物班・魚班の4班構成でした。そして、班員の入会した動機もかなりばらばら、それぞれの対象に対する接し方もかなりばらばら・・・。そんな人間が40人くらい、同じクラブの部員として一つ屋根の下で寝起きして活動を行うのです。当然そこには個人の我が儘は制約される面が出て参ります。あくまでも「クラブ全体の調和の中での班活動。」が求められる姿になってきます。なので、私としても個人としての蝶屋の活動は抑えめにして、日頃あまり接する事のない他班の人間との親睦に重きをおいた結果、どうしても見れる蝶が少なかった・・・と言うことなのです。

って、言葉にしたらえらい格好ええやん(爆)。けどまぁ、実のところは・・・・・植物班の女の子たちと一緒にいる方が、男だけで蝶々追いかけてるよりも楽しかった・・・ってとこなんでしょうかねぇ~(笑)。そして、我がクラブの精神、“合宿の目的は活動より親睦”は卒業後も脈々と生き続け・・・現在の九州合宿の、“合宿の大目的はああこりゃこりゃ”に受け継がれているのですよ~ん(爆)。
c0065260_20224995.jpg

追記)
私とクモマベニヒカゲの初の出逢いは、この年から19年後の・・・1996年のことでありました~。

おまけで一夜限りの・・・青春画像in北海道夏合宿でございます(笑)。
by nomu376 | 2012-11-09 20:29 | なんやかんや | Comments(16)

こんなん出てきた

今朝は寒かったですねぇ~・・・・
で・・・夜も結構・・・気温下がってる?
やれやれ・・・

昨日で週末のネタも切れたので、今日と明日はお休みしようと思っていたのですが・・・
ちょっと捜し物をしていたら、こんなものが出てきました。
今から11年前に買った時刻表です。
私、インターネットを始めたのが記憶が正しければ2000年からなので・・・
おそらくこれが最後に買った時刻表になるのでしょうねぇ~・・・・。

JRでも何でも、今はネットで簡単に調べられますが、蝶を始めたあの頃は・・・・・
移動はほとんど国鉄だったし・・・・
特に信州行きの時は時刻表読みまくって計画立てるのもツアーの楽しみのひとつでしたよね~・・・・。
京都の片隅で時刻表見て予定組んで、信州行って・・・・
無人駅のような小さな駅で待っていると、時刻表通りに汽車がホームに入ってくる・・・
私ね、「これって凄い事じゃないの?」ってえらく感動したのをよく覚えてるんですよね~(笑)。
う~ん・・・・・・・楽しかったなぁ・・・・・・。
c0065260_22181481.jpg

と言うことで、週末ではないけど久々に一夜限りの青春画像(笑)。
by nomu376 | 2012-11-01 22:21 | なんやかんや | Comments(18)

今日の筑後川

台風16号、福岡県筑後地区では大きな被害はないようでした。
けど、それなりに風雨は強く、ほとんど自宅で”完全休養日”って感じでしたね。

で、ぼんやりと窓の外を眺めておりますと・・・・・
やっぱり思い出すのは1997年のこの時期に九州を襲った台風15号・・・。
もう15年も前のことになるのですねぇ~・・・・・。
あんな事もあったなぁ・・・
と思い出話に出来てる今を・・・・大切にしないといけませんねぇ(爆)

画像はちょいとのぞきに行った筑後川。流石に河原の駐車場には進入出来ないようになってました。
c0065260_17143324.jpg

それと、今日はこんな本を読んでおりましたよん。
c0065260_17151175.jpg

by nomu376 | 2012-09-17 17:18 | 風景 | Comments(8)

『散歩で見かける 街路樹公園樹庭木図鑑』

今朝もいきなり大分県と熊本県での大雨による災害のニュースが・・・・・
本当に・・・・これ以上被害が広がらないように祈るだけの私です。
も~・・・そろそろ、ええ加減にしたらんかい!って感じですねぇ~・・・。

職場のある佐賀市では日射しも出ておりまして、今朝クマゼミをこの夏初めて聴きました。
もう、そろそろ・・・梅雨明けしてもええんでないかい・・・。

さて、今日は『散歩で見かける 街路樹公園樹庭木図鑑』をご紹介いたしましょう。
はい、私の親愛なる後輩のpekeさんことpekeyamaくんが昨日彼のブログで紹介していた図鑑です。
私も早速書店で購入いたしました。
この内容で税込み1,365円は嬉しいですね。しかもポケットサイズで使い勝手もよさそうです。
先日の『フィールドガイド 日本の」チョウ』と一緒に、「出かける時は忘れずに」になりそうです(笑)。
c0065260_20113544.jpg

え?いえいえ、決してネタ切れだからではなく、内容でご紹介してますよん(爆)。
by nomu376 | 2012-07-12 20:14 | 書籍 | Comments(12)

昨日の朝の耳納連山

週末の天気予報がなかなか好転しません。
とっても悩ましいです。

今日は暑かった。
職場は今月からク-ルビズで半袖ノーネクタイ。
とは言え、外勤する身としては訪問先によってはネクタイだけは締めますけどね。

って、どーでもいいこと書いてますが・・・
そうです、ネタがないんです(笑)。

画像は昨日の朝撮った耳納連山。
本当は昨日この画像で更新するつもりだったのですが、帰宅したときにはいい天気で・・・
昨日は更新できなかったのでありましたよ(笑)。
c0065260_2010576.jpg

これだけではあんまりなので最近読んだ漫画です。
c0065260_20112399.jpg

by nomu376 | 2012-06-06 20:12 | 風景 | Comments(10)

『フィールドガイド 日本のチョウ』が届きました。

すでにkenkenさんmaedaさんfanseabさんがご紹介されておられる
『フィールドガイド 日本のチョウ』が届きました。
(技量不足で、maedaさんの記事をリンク出来ません。4月20日の記事をご覧ください。)

いや、これは素晴らしい内容です。
私の拙い言葉で説明するよりも皆さまのブログをご覧ください。
「よくこんなガイドブックが作れたもんだ。」と言うのが私の率直な感想です。
これは必携の一冊と言えるでしょう。
すでに大反響で予約しても入荷待ちとの話しも聞いておりますが、これはお勧めです。
けど・・このガイドブック・・・・ほんまに1,890円で買えていいの?って感じですよ~(笑)。
c0065260_20273091.jpg
c0065260_20275178.jpg

by nomu376 | 2012-05-03 22:02 | 書籍 | Comments(27)

画像はないけど桜開花ぢゃ

今日は暖かかったですねぇ~。
職場がある佐賀市でも気温は20℃を越えていたようです。
で、外勤中に桜を見ると、何本かでちらほらと咲いてるのが確認できました。
すると聴いていたラジオからも、「佐賀市内で開花宣言が出ました。」と。
さぁ、一気に蝶が出るかなぁ?
週末の予報・・・変わって欲しい(笑)。

と言うことで、今夜もミルクティーにクッキーなんぞをつまみながら過ごしております。
体調が悪いわけでも大それた願掛けをしてるわけではありません。何となく、です(笑)。

ふむふむ、こんな過ごし方もええもんですねぇ。
それに・・・あたりまえですが、呑まないとお酒が減りませんねぇ(爆)。

画像がいよいよないので、一番最近読んだ小説なぞ・・・。
c0065260_20522392.jpg

by nomu376 | 2012-03-28 20:54 | なんやかんや | Comments(10)

今日の筑後川

おそるべし、とろとろズブロッカ・・・。
昨夜はお気に入り音楽を聴きながら、ショットグラスでちびちびやっていたのですが・・・
朝起きたらかなり揮発しておりまして・・・・今朝は久々にかなり・・・堪えました・・・。
と言うことで、午前中はほとんど二度寝&お昼寝でございましたよ。

で、午後から散歩方々筑後川へ行って来ましたが・・・
冷たい風がめちゃくちゃ吹きまくっておりました。
帽子は飛ばされるわ、足元から飛び出した蝶も、あっという間に遠くへ流されてしまいます(笑)。
本日目撃した蝶はモンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ルリシジミでございました。
c0065260_1631264.jpg

本日のソメイヨシノ。だいぶ色づいてきましたね。
c0065260_1633054.jpg
c0065260_1634185.jpg

帰宅すると、『ギフチョウ特集号』が届いておりました。
昨年は見れなかったギフチョウ・・・。今年は何とか見たいもんです(笑)。
c0065260_164343.jpg

by nomu376 | 2012-03-24 16:05 | 風景 | Comments(14)

ネタがない日は想ひ出話し・・・。

今日もすっきりしない天気でしたが、寒さはあまり感じなかった。
が・・・・
楽しみな週末はやたら寒そうです。どうやら雪マークは消えそうにない・・・ですねぇ。
う~ん、マンダム(笑)。

訃報が続きます。あの頃のK-1は・・・・面白かったなぁ・・・。合掌です。

さて、再掲をやめたら早速ネタ切れで更新できない状況になりました(笑)。
と言うことで、こんな夜には思いで話しを・・・・・。

                           初めてのイワカワシジミ

「蝶屋になるんだ。」と心に決めたある秋の日から、私は様々な蝶との出会いを妄想して翌年の春を待ったのですが、中には「多分自分なんかには採れないだろうな。」と思える蝶が何種類かありまして、イワカワシジミがその一つでした。まず奄美大島より南に行かないといないし、しかも何処にでもいるような蝶ではなさそうです。そのエキゾチックな色彩や特異な生態とともに、私にとっては多分縁がない『珍蝶』の象徴的な存在でありました。

1992年秋、10年近い休眠から覚めた私は翌年の春が近づいた頃「そうだ、八重山へ行こう。」と思いつきました。と言うのも、たまたまその年度は当時在籍していた職場で『永年勤続のご褒美』として『3日間の連続休暇と6万円の旅行クーポン券』を貰っており、休暇はその年度内に使わないと無くなってしまうのでした。土日に繋げれば5連休になるのでこれなら何とか行けそうです。で、出来るだけ暖かくなってからと思い、年度末ぎりぎりに復活戦の16年振りの八重山ツアーを計画したのでありました。

で、早速T先輩に電話したところ、「ほんまか、ええなぁ。行っておいで行っておいで。」と言われたのですが、それから数日後、○研出版なる会社から郵便物が届きました。「?」全く心あたりもなく開けてみると、そこには『スーパー○○ガイド』と言うガイドブックがぁ! そして『京都のT様から呑むさんに送ってくれとのことでご注文頂きました。』との同封のお手紙が! 実は、行くことにはしたけれど、学生時代に買った昭和40年代に発行された”採集地案内”の本しか情報が無く「さぁて、具体的にはどう計画立てたらええんやろ?」と思っていた私は、そのお心遣いが嬉しくて嬉しくて、その晩は涙で枕をしとどに濡らしたのでありましたよ。その日からずっとその本を読みふけり、まずは一度は行ってみたかった与那国島へ行き、その後石垣島を何ヶ所か廻る計画を立てました。

1993年3月26日
いよいよ出発です。まずは朝一便で福岡空港から那覇空港へ。その後夕方の便で石垣島へ渡る予定でした。何でこんな中途半端なの時間設定にしたかは今ではよく覚えていません(笑)。で、まずは空港前のソテツチェック。そう、実はこの年の前年(1992年)に初めてクロマダラソテツシジミが沖縄県で発生したのでした。実物も画像を見たことなく、とにかくソテツにいる蝶がそうなんだろうと思って探してみましたが何もいませんでした。その後、とある公園へ。ここでシロオビアゲハを見て「ああ、ここは沖縄なんだ。」と実感したのをよく覚えてますね~。で、情報によるとこの公園ではイワカワシジミがいるかも?という事だったのですが、この時点では一応行ってみようとは思ったのですが、採れるとは思えませんでした。で、クチナシがある一角へ行きましたが全くおらず。「やっぱりね。そう簡単に採れるわけない。」と思っていたら、そこに真っ白な大型の蝶が飛んで来ました。「!」ナガサキアゲハの♀と瞬時にわかりナイロン白ネット一閃。初めての本島産のナガサキ♀、画像で見たことある『西表のナガサキ♀』に比べればかなり黒いのですが、九州産に比べれば明らかに白く、本当に飛んでるときは真っ白に見えたのですよ。と言うことで、この日はこれで大満足して早めに空港に戻りまして、久々のオリオンビールと沖縄ソバでささやかな祝杯をあげたのでありました。その後夕方の便で石垣島へ。お宿はこれまた久々の『な○さ荘』。そういえば昨年で閉じてしまったようで・・・残念ぢゃ。


3月27日
さて、この日の1便でいよいよ与那国島へ。狙いは当時安定して発生していたヒメアサギマダラと当時はこの島にしかいなかったシロミスジがメインで、後は何でもいいからとにかくいろんな蝶が見たい、でした。で、空港に降り立ったのはいいのですが、何せ復活したばかりで交通事情が全くわかりません。今ならレンタカーやレンタバイクを予め予約しておくのですが、当時はレンタカーを使うと言う考えがありませんでした。で、とにかく一度民宿へ行って荷物を置いてと思うのですが、待つ人に対してタクシーの数が少なくなかなか乗れません。民宿から迎えに来てもらえないのかなと思い、民宿に電話しますが誰も出ません。流石に能天気な私も「こりゃいつになるかわからん。」と心配になり、当時の私としては勇気を出して、前に並んでいたカップルにお願いして集落(民宿がかたまってる集落までは一緒だろうと思って)まで割り勘で一緒に乗せてもらいようやく民宿にたどり着きました。ところが、民宿に誰もいません。「どないなってるの?」と思いながらも時間が惜しいので、とりあえず荷物を玄関に置いて目的地へと歩き出したのでありました。

だらだらと長くなったので、今日はここまで。
c0065260_20362171.jpg

by nomu376 | 2012-02-15 20:39 | なんやかんや | Comments(4)