初めてのキベリタテハ

午前中は所用にてなんやかんや。
で、お昼過ぎには解放されたけど、何処に行くこともなく帰宅。
と言うことで、今日はキベリタテハについてぼんやり考えておりました。
そう、この時期お気に入りブログのあちこちで・・・拝見しますしね(笑)。

かなり好きな蝶ですが、今まであまり良い思いをしたことがないってのが正直な印象です(笑)。
やっつけの標本画像、これが過去採った全てのキベリタテハ。
そのうち2頭がいわゆる”シロヘリタテハ”、そう、越冬個体です。
時系列で言うと、”初めて”と”2回目”のキベリタテハ”はシロヘリでして、
1977年6月と1994年5月、いずれも別の蝶狙いの副産物でした。
で・・・正直言って、ほとんど感激はありませんでしたねぇ〜(笑)。

で、初めて見た”キベリタテハ”は忘れもしない1996年8月、これも別の蝶狙いで全く予期せぬ出会いでしたが・・・
この時の”痛恨振り逃がし”は、過去の”痛恨振り逃がし”のベスト5には間違いなく入りますね〜(笑)。
で、この時の悔しさから、翌1997年にはキベリ狙いで”週末信州”実行しましたが、まさかの目撃もなし。
で、餅をついて翌1998年にも行って、ここでようやく”ほんまの初めてのキベリタテハ”。
この時は本当に嬉しかった。
で、翌年は行けず、最後に採集したのが2年後の2000年。標本は全てこの時までのものです。

その後なかなか行くことすら出来ず、次に行ったのが2009年。
この時は撮影目的でしたが、この時も1頭いただけなんですよねぇ〜・・・。
そして、その次が一番最近の2015年ですが・・・・雨。
そう、何故か?私が行く年はたくさんいてくれない・・・。
う〜ん・・・・一度でいいから・・・・
思いっきりたくさんとまでは言いませんが、それなりのキベリタテハに・・・・出会いたいなぁ(笑)。
c0065260_17245514.jpg
c0065260_17250720.jpg

by nomu376 | 2018-08-25 17:25 | なんやかんや | Comments(6)
Commented by pekeyama at 2018-08-26 22:31
PEKEはこの蝶を
密かに「晩夏の貴婦人」と呼ぶのですが
避暑地の恋は
なかなか実らぬものですなぁ~(爆)

N峠・・・

来年こそは行きましょう!
Commented by nomu376 at 2018-08-27 19:32
pekeさん、まいど。
確かに、画像では表現できてませんが、この蝶の上品な色調はまさに”貴婦人”という雰囲気ですなぁ。
ってね、言えるほど会えておりませんが(笑)。
そして・・・なかなか実らぬ”避暑地の恋”・・・
まぁ、だからこそまた行きたくなるんでしょうけどね。
また来年・・・ですな。
Commented by kenken at 2018-08-27 19:33 x
↑同行&現地での「あ~、こりゃこりゃ」参加希望(笑)
Commented by nomu376 at 2018-08-27 19:48
おっと、kenkenさん、まいどでございます。
はいな、それでは次回の”ミッションK”、お誘いいたしますねぇ〜(笑)。
Commented by clossiana at 2018-08-28 08:43
北海道出身ですが、この蝶に出会うと今でも心がときめきますね。個人的には白ベリの方が好きですが。。故鳩山邦夫氏などは、この蝶に特別な思い入れがあったようで著書の中では「キベリ狩り」と言っていました。ところが、この2~3年、こちらの方では極端に個体数が減っていると皆さん、話されています。どうしたのだろう?暑過ぎるのかな?
Commented by nomu376 at 2018-08-28 19:22
clossianaさん、こんばんは。
そうですねぇ・・・九州人の私がこの蝶について語るのも・・・
ですが、耳に入ってくる(最近は目にする、かな?)情報としては、
この蝶って結構年によって多かったり少なかったりして・・・
今年は多いってのは聞いてたんですが・・・
<< 完全休養日@自宅 週末あれやこれや >>