洛中のキマリン

”週末の画像で翌週を引っ張る”のがマイブログ。
なので、週末に画像が撮れないと翌週の更新は非常に難儀する。
と言うことで、今週はお休みするつもりだったのだが・・・
某お気に入りブログやホームページで、”洛中のアサギマダラ”がテーマになっているのを見ると、
何とか”いっちょかみ”したくなってしまうのである(笑)。
しかし、私には”洛中のアサギマダラ”の画像もなければ標本もない。

で、そもそも”洛中”とは?
とある京都人の後輩に聞くと、
「ほんまの意味での京都とは”洛中”であり、”洛外”は京都ではない。」と言う。
となると、私が下宿時代を過ごした山科は、当然のことながら京都ではない、らしい。

話しがそれた。
「何が言いたかったの?」
と聞かれそうだが、私は聞かれたことはない(笑)。
そして、この更新にもオチはなく、ただ、更新したくなったから更新しただけなのである。
そう、私は関西人ではないので、これで〜いいのだ〜♪(笑)。

と言うことで、私にとって唯一撮影したことがある”洛中の蝶”を再掲するだけである。
T先輩に撮らせてもらったキマリン、ここは間違いなく”洛中”ですよね(笑)?
c0065260_20262733.jpg
ちなみに私、入学前に下宿を探しに母と”初めての上洛(笑)”した時に新島会館に宿泊した記憶がある。
あの時、何であそこに泊ったのか?泊まれたのか?いまだに不思議ではある。



by nomu376 | 2018-10-16 20:26 | なんやかんや | Comments(8)
Commented by ふしみや at 2018-10-17 07:56 x

一般に、秀吉の作った「御土居」の内側が「洛中」という認識でございます。
この御土居の範囲ですが、東は鴨川(加茂川)西は紙屋川(天神川)まで、そして北は鷹峯・大宮・紫竹のライン、これの内側が洛中になります。

この線引きでいくと、意外なことに平野神社も洛外になります。
ですから、洛中のキマというのは、とーっても珍。って言うか、存在してないのではないかと…。
Commented by Rhetenor at 2018-10-17 10:45 x
敵は本能寺・・・じゃなくて、
キマは二条城に居り・・・でしょうか?
Commented by nomu376 at 2018-10-17 19:36
ふしみやくん、まいどです。
”洛中”に関する詳しいご教示、ありがとうございます。
そうなんや・・・
となると、この画像は”洛中のキマリン”ではないんやなぁ・・・。

となると・・・
今日は別のキマリン画像で、”洛外のキマリン”って事でもう一日引っ張れると目論んでいたのですが・・・
あきまへんなぁ(笑)。
Commented by nomu376 at 2018-10-17 19:39
Rhetenorさん、まいどです。
おお、二条城であれば文句なし、
”洛中のキマリン”でございますねぇ(笑)。
Commented by pekeyama at 2018-10-17 21:30
洛中のキマリンの生息地・・・
ひょっとして・・・
先の戦で・・・
(注:応仁の乱)
焼けてしもた???

平野神社は・・・
京都人は肥満体形の人を
影で「平野神社」って指差すらしいです・・・
心は・・・
洛中の「北野天満宮」よりも・・・
北に位置する洛外の「平野神社」ですから・・・
「北野を越えて」
つまり・・・
「汚のぉ肥えて・・・」
って事らしいです・・・

あの・・・
嫁ハンよりもお付き合いの長い先輩ですから・・・
決して喧嘩を売ってるつもりはは・・・(汗)
Commented by nomu376 at 2018-10-18 06:13
pekeさん、まいど。
>「汚のぉ肥えて・・・」
強烈やなぁ。
けど、京都の人は・・・言ってはるんやろなぁ・・・陰で(笑)。
ふと、”京のぶぶ漬け”の話しをを想い出してしまった・・・。

目指せ!”洛中腹”(笑)!
Commented by Ted at 2018-10-19 09:32 x
初めまして。呑むさんとほぼ同世代、昭和50年代に百万遍周辺に生息していました。鴨川より東ですので、洛外ということになりますでしょうか。当時はもっぱら北山の方に採集に行っていました。京都ネタ、懐かしく楽しみにしています。
Commented by nomu376 at 2018-10-19 19:26
Tedさん、お初のコメントありがとうございます。
拙ブログへようこそです(笑)。

鴨川より東は洛外だったのですねぇ〜・・・。
思っていたより範囲が狭いのには正直驚きましたよ。
ほぼ同世代で北山で採集を・・・
何処かでニアミスされていたかも?ですね(笑)。
これからもよろしくお願い致します。
<< 洛外のキマリン 完全休養日@自宅 >>