こんな日もある それからの続き

今日は二十四節気の”立春”。
暦のうえでは今日から春です。
で、思ったよりは風が冷たく、体感的には実際の気温よりは寒かったけど…
明るい陽射しは、やっぱり春が近いことを知らせてくれるような・・・気がしましたね。
さぁ、もう少しの我慢ぢゃ(笑)。

と言うことで、土曜日の続きです。
やっぱりこんなコーナーが・・・楽しみですねぇ〜(笑)。
c0065260_19454114.jpg
c0065260_19455098.jpg
c0065260_19461371.jpg
c0065260_19455983.jpg
c0065260_19460630.jpg
と言うことで・・・
最近ほとんど蝶の事書いてないので・・・久々に想い出話など(笑)・・・

                  初めてと二回目のオオムラサキ


「蝶屋になるんだ!」と心に決めた1976年のとある秋の日の翌日、T先輩のご自宅から下宿に帰る途中、
私は三条京阪近くの駸々堂で『山渓カラーガイド 日本の蝶』と『山渓カラーガイド 続・日本の蝶』を購入し、
春が来るまでそれはもうバイブルのように読み耽りました(笑)。
その中でも、特に「この蝶だけは何として採りたいものだ!」と思った蝶の中に、当然オオムラサキもありました。
そして迎えた1977年7月、初めてその蝶を狙いに行ったのでありましたが・・・とにかく学生時代はT先輩におんぶにだっこ。
私「この蝶、採りたいんですけど。」
T先輩「そうか、ほんだらあっこ行ってみいな。地図書いたるし。」
私「いつ行ったらええでしょうか?」
T先輩「そやな、〇月×日くらいがええんちゃうか。」
はいな、当時は自分で探して採れるなんて思ってもみませんでしたからね、
そして、教えて頂いた通りに行くと、教えて頂いた通りに採れました(笑)。

で、”初めてのオオムラサキ”は1977年7月21日。S県某所の超有名ポイントでありました。
この年はクラブの夏合宿が”利尻・サロベツ”と言うことで、私は同期のS君と二人で合宿前に信州を経由して北海道に入る計画を立てたのでありましたよ。


                                         疲れたので早速続く(笑)


追記)
嗚呼・・・
昭和のかほりのレスラーがまた一人・・・
私的にはS45の国際が記憶に・・・
合掌ぢゃ。

by nomu376 | 2019-02-04 19:38 | なんやかんや | Comments(0)
<< モンシロチョウ初見@久留米市 こんな日もある それから >>