タグ:標本 ( 115 ) タグの人気記事

さぁ、週末ぢゃ!

はいな、週末でございます。
そう、”3連休にあらず”でございます。
今回ばかりはね、何とか3連休にしたかったのですが・・・
調整かなわず、月曜日はお仕事で・・・ございます。
あ〜あ・・・けどまぁ・・・しゃあないっすね・・・。
という事で、水面下の調整も夕方までに完了し・・・
なんやかんや、あれやこれや・・・結構、テンションあがってます(笑)。

という事で、今夜の画像ネタですが・・・
昨夜、更新した後にふと閃きました。
大好きなリュウキュウムラサキ、採集オンリーの時は見た個体は全部採りました。
で、沖縄や九州で見れるこの蝶、いろんな”型”が混じりあって?かなり個体によって変異があります。
ならば、それらの標本を小出しすることによって、結構画像ネタとして引っ張れるのでは?
という事で、”困った時のリュウキュウムラサキ”、早速第2弾ぢゃ(笑)。
さぁ、週末ぢゃ!_c0065260_20105329.jpg
1998.10.31 沖縄県八重山郡竹富町(黒島)

by nomu376 | 2020-01-10 20:11 | なんやかんや | Comments(0)

無題ぢゃ

え〜・・・
生きてます(爆)。

いやね、こんな私でもね、しばらくブログ更新しないとね、
「倒れとんちゃうか?」ってね、
心配してくれる人もいてくださるのでね(爆)、
はいな、生存確認的更新でございますよん(笑)。

という事で、なんで更新出来ないかと言うと、ネタがないからにつきます。
という事で、無理矢理のやっつけ標本画像で今夜はしのぎましょう。
おそらく、一番好きな蝶、リュウキュウムラサキでございます。
持ってる標本の中でも、この個体はお気に入りのかなり上位になるかなぁ?
けど・・・全然色が出てないなぁ〜・・・。
けど・・・やっつけやし、しゃあないよな。
無題ぢゃ_c0065260_20105910.jpg
1996.11.3 沖縄県八重山郡竹富町(竹富島)

by nomu376 | 2020-01-09 20:11 | なんやかんや | Comments(0)

便乗ネタぢゃ

今日は寒かった!
なにより風が強く、冷たかった!
気温はそれなりに上がってたようなんですけどね、
とにかく体感的に・・・寒かった!
だから、この季節は・・・(笑)。

という事で、ネタもなくブログの更新にも気が乗らないここ数日・・・
便乗できるネタが出来るのは、正直言ってありがたいもんですわ(笑)。

私の”初めてのヒメヒカゲ”も信濃追分でございます(笑)。
F君から遅れる事5年、1979年7月25日でございました。
大学4回生の夏、学生時代最後の信州でございましたが・・・
この時はT先輩と二人、もう、ほんまに”おんぶにだっこ”のツアーでございましたね。
とにかく行くところ、狙う蝶はT先輩にお任せ。
私はただただ、あの名車”青色のサニー号”の助手席に座っていただけでございましたよん(笑)。

で、このヒメヒカゲも・・・
「ここ、ヒメヒカゲおるし。」
「ここ、何処ですか?」
まぁ、全てがこんな感じでございましたねぇ(笑)。

ただ・・・
実はこの日の事で、いまだに後悔してることが一つありまして・・・
この後、T先輩がちょっと遠くをさして、
「あの白い花、ミヤマカラスシジミおるかもしれんで。」
と言ってくれたのですが、この日の私暑さで結構ヘロヘロになってまして・・・
「う〜ん・・・ええですわ。」
もちろん、まだ見たことなかった蝶なんですが・・・
「しんどいし、そんなに綺麗な蝶でもないし。」と思ったことを白状しましょう(笑)。

そして・・・賢明なる読者の方々はすでにお察しの事かと思いますが・・・
本日現在、私、いまだにミヤマカラスシジミを見たことありません。
嗚呼!あの時行っていれば(爆)!
便乗ネタぢゃ_c0065260_20091127.jpg
ってね、「”たら”は北海道~♪(by田辺聖子さん)」ですなぁ(笑)。


by nomu376 | 2019-11-14 20:09 | なんやかんや | Comments(6)

君は”キスリング”を憶えているか。

もちろん、ポーランド出身のあの画家の事ではない。
登山に用いるあのキスリングである。
一応、一夜限りの青春画像にてその現物を掲示するが、一夜限りなので、明朝には消える。
なので、その後訪問してくれた方におかれましては、面倒ながらネットで検索をお願いしたい(笑)。

何故、唐突にキスリングなのか?
そのわけは極めて単純明快英和辞典(昭和のギャグぢゃ)、
現在鋭意連載中の紀行文、当時合宿やツアー時に活用していたのがキスリングなのぢゃ。
で、これが上手な方が詰めると”バシッ”と形が決まって惚れ惚れするのぢゃが、
私は下手で下手で、いつもみっともなくも不細工な形に・・・情けない思いをしていたのちゃった・・・。
と言うことで、現物画像ぢゃ。
右に写っている、う〇こ色の固まりがキスリングぢゃ(笑)。
青春画像を嫌がるF君も写っているが、まぁ、今宵限り、許してもらおう(笑)。
それにしてもP君・・・別人ぢゃな(爆)。




と言うことで、連載ぢゃ。
ここまで来たら脱線しついでに・・・(笑)。

この日の夜は某キャンプ場でテント泊でした。
で、翌日の活動後に上田駅から直江津駅へ行ったのですが、
直江津駅での接続が良くなく、深夜と言うか真夜中、ひたすら汽車を待ってた記憶があります。
と言うことで、23日はひたすら移動日、青森からは憧れの青函連絡船に乗る予定だったのですが・・・
これはね、”初めての北海道”と言うこともあり、結構わくわくしていたのでありますよ(笑)。
で、実はこの時「奇跡か?」と思えるような出来事が・・・。

そう、青森駅に着いて連絡船の待合室に行こうとして移動していたら、なんと!ここでT先輩にお会いしてびっくり!!
この時4回生のT先輩は、クラブの合宿には参加されず個人的に北海道へ行かれたのですが、
行動予定は全く知らず、しかもちょっと構内で歩くルートを変えていたらお会いすることもなく・・・
奇跡ぢゃ!と思ったのでありましたよん(笑)。

で、青函連絡船に乗って青森から函館へ・・・。
一人、♪ああああぁ〜津軽海峡夏景色・・・”と感慨にふけりながら函館上陸。
そして、そのままこの日の夜行で札幌へ向かう予定・・・。
と言うことで、”初めての北海道”でまず向かったのは・・・銭湯でございましたよん(笑)。
そう、19日の夜行で大阪を出て以来・・・4日振りのお風呂でございましてねぇ〜・・・・本当に気持ちよかった!!。
あ、もちろんそれまでも毎晩・・・濡れタオルで身体は拭いておりましたけど・・・臭ってだたろうなぁ(笑)。


で、青春画像は一夜で消えるので、何の脈絡もなく標本画像。
そう、やっぱりね、画像が一枚もないってのは寂しいのでね(笑)。
君は”キスリング”を憶えているか。_c0065260_19285202.jpg

by nomu376 | 2019-02-09 19:29 | なんやかんや | Comments(6)

こんな日もある それからの続き

今日は二十四節気の”立春”。
暦のうえでは今日から春です。
で、思ったよりは風が冷たく、体感的には実際の気温よりは寒かったけど…
明るい陽射しは、やっぱり春が近いことを知らせてくれるような・・・気がしましたね。
さぁ、もう少しの我慢ぢゃ(笑)。

と言うことで、土曜日の続きです。
やっぱりこんなコーナーが・・・楽しみですねぇ〜(笑)。
こんな日もある それからの続き_c0065260_19454114.jpg
こんな日もある それからの続き_c0065260_19455098.jpg
こんな日もある それからの続き_c0065260_19461371.jpg
こんな日もある それからの続き_c0065260_19455983.jpg
こんな日もある それからの続き_c0065260_19460630.jpg
と言うことで・・・
最近ほとんど蝶の事書いてないので・・・久々に想い出話など(笑)・・・

                  初めてと二回目のオオムラサキ


「蝶屋になるんだ!」と心に決めた1976年のとある秋の日の翌日、T先輩のご自宅から下宿に帰る途中、
私は三条京阪近くの駸々堂で『山渓カラーガイド 日本の蝶』と『山渓カラーガイド 続・日本の蝶』を購入し、
春が来るまでそれはもうバイブルのように読み耽りました(笑)。
その中でも、特に「この蝶だけは何として採りたいものだ!」と思った蝶の中に、当然オオムラサキもありました。
そして迎えた1977年7月、初めてその蝶を狙いに行ったのでありましたが・・・とにかく学生時代はT先輩におんぶにだっこ。
私「この蝶、採りたいんですけど。」
T先輩「そうか、ほんだらあっこ行ってみいな。地図書いたるし。」
私「いつ行ったらええでしょうか?」
T先輩「そやな、〇月×日くらいがええんちゃうか。」
はいな、当時は自分で探して採れるなんて思ってもみませんでしたからね、
そして、教えて頂いた通りに行くと、教えて頂いた通りに採れました(笑)。

で、”初めてのオオムラサキ”は1977年7月21日。S県某所の超有名ポイントでありました。
この年はクラブの夏合宿が”利尻・サロベツ”と言うことで、私は同期のS君と二人で合宿前に信州を経由して北海道に入る計画を立てたのでありましたよ。


                                         疲れたので早速続く(笑)


追記)
嗚呼・・・
昭和のかほりのレスラーがまた一人・・・
私的にはS45の国際が記憶に・・・
合掌ぢゃ。

by nomu376 | 2019-02-04 19:38 | なんやかんや | Comments(0)

追記)はじめてのやいま

私の場合は、3月5日の夕方5時頃大阪南港出発でした。
ちなみに、2学年上のSK先輩と2人で、フェリーは”さんふらわぁ”でしたね。
で、船中2泊して3月7日の朝那覇港着。
ここで同期のNT君と合流し、3人でこの日(7日)の夕方の便で石垣へ向かいました。
画像によると、フェリーは”玉龍”のようですな。
なので、3日続けての船中泊、石垣についたのは8日の午後だったように記憶しています。
で、同じく途中で宮古島に寄り、停泊時間中に島に降りましたが、巨大オムライスを食べたことしか記憶にありません(笑)。

で、翌9日から、彼らは別行動でそれぞれ”青春を謳歌”するために先島の島々へ。
私はここでようやくT先輩と合流することが出来、”栄光の蝶屋”への第一歩を切ったのでありましたよ(笑)。
画像は平良港にて。これは一夜限りじゃなくていいかな(笑)?

それにしても、やっぱり出来た後輩君とはありがたいものですな。
ネタを振ってくれると,何とか更新できますわ(笑)。

やっぱり青春画像は削除しておこうかな(数日は残ってるかも?)。
代わりにやっつけ画像でも・・・
追記)はじめてのやいま_c0065260_19020790.jpg

by nomu376 | 2019-01-07 19:22 | なんやかんや | Comments(0)

ほぼ完全休養日@自宅

まぁ、何もしなかったわけではないが、
特に何かをしたという日でもなかった一日。
それなりに、なんやかんや、あれやこれや・・・
はいな、自分にしかわからない内容でもこれがマイ・ブログ(笑)。

と言うことで、画像がないのでやっつけの標本箱画像。
真面目に撮ってる人たちからは怒られそうですが・・・
ま、これもマイ・ブログって事でお見逃し頂きたく・・・(笑)。
ほぼ完全休養日@自宅_c0065260_18364856.jpg

by nomu376 | 2019-01-06 18:37 | なんやかんや | Comments(0)

いまだにオオゴマダラ

う〜ん・・・
”とりあえずオオゴマダラ”も懐かしかったけど・・・
”漂うオオゴマダラ”も・・・懐かしいなぁ(笑)。

そう、まだブログを始める前、と言うかかなり前?
一時期、年賀状のテーマにしていたんですよね〜・・・オオゴマダラ。
確か最初が
”漂うオオゴマダラ”
あと、
”さまようオオゴマダラ”
”あすなろオオゴマダラ”
”まだまだオオゴマダラ”
あとは???
で、確か
”不惑のオオゴマダラ”
ってのもあったような気がするので、もう20年くらい前になるのかなぁ?
で、
何でやめたのかな?
思いつかなくなったからかな(笑)?

ちなみに、”初めてのオオゴマダラ”は1977年3月9日のはじめてのやいま。
石垣島の白保だったかな。
歩いてたら目の前をふ〜わふ〜わ飛んでまして・・・
「でか! この蝶ほんまにおるんや!」と思ったことだけ覚えてますな(笑)。
いまだにオオゴマダラ_c0065260_17194630.jpg

by nomu376 | 2019-01-05 17:20 | なんやかんや | Comments(2)

初めての展翅

蝶を始めたのは中学1年。
1970(昭和45)年の春でございました。
この年入学した中学で、たまたま同級になった友人に影響されての事でしたが、
この時は飼育から入りました。
と言うか、本格的に採集を始めたのは大学に入ってからの事でした。
記憶が正しければ、中学〜高校時代に採集したのは、
たまたま道端で見つけて採れた、クロアゲハとツマキチョウの2頭のみだと思います。
ちなみにクロアゲハは手掴み、ツマキチョウは帽子(笑)。

で、この頃は生活エリアで見つけた幼虫を飼育して成虫になると放しておりました。
最初の何頭かは、羽化した後展翅して標本にした記憶もあるのですが、そのうち放すようになりました。
あの頃は、羽化を見るのが楽しみで飼育してたような気がします。
ちなみに”初めての飼育”はアゲハだったと記憶しています(笑)。

そして、表題の”初めての展翅”ですが、絶対の確信はないのですが、おそらく画像のヒオドシチョウ。
で、実はこれ自分で採った個体ではなく、仲の良い従兄弟が家の近所の公園で見つけた蛹をもらったのが羽化した個体なのですよ。
で、実は当時はラベル作ってなかったので、羽化の日付が明記されていません(笑)。
ただ、1970年と言うことだけは間違いなく記憶に残っており、この蝶の発生時期から推察するに・・・
おそらくこれがほぼ間違いなく私にとって、”初めての展翅”標本だと思います。
初めての展翅_c0065260_07050084.jpg
ちなみに、採集地は福岡市中央区白金町付近の某公園。今でもおるんかなぁ?

追加)
初めての展翅_c0065260_09112406.jpg

by nomu376 | 2018-12-01 07:08 | なんやかんや | Comments(8)

初めてのキベリタテハ

午前中は所用にてなんやかんや。
で、お昼過ぎには解放されたけど、何処に行くこともなく帰宅。
と言うことで、今日はキベリタテハについてぼんやり考えておりました。
そう、この時期お気に入りブログのあちこちで・・・拝見しますしね(笑)。

かなり好きな蝶ですが、今まであまり良い思いをしたことがないってのが正直な印象です(笑)。
やっつけの標本画像、これが過去採った全てのキベリタテハ。
そのうち2頭がいわゆる”シロヘリタテハ”、そう、越冬個体です。
時系列で言うと、”初めて”と”2回目”のキベリタテハ”はシロヘリでして、
1977年6月と1994年5月、いずれも別の蝶狙いの副産物でした。
で・・・正直言って、ほとんど感激はありませんでしたねぇ〜(笑)。

で、初めて見た”キベリタテハ”は忘れもしない1996年8月、これも別の蝶狙いで全く予期せぬ出会いでしたが・・・
この時の”痛恨振り逃がし”は、過去の”痛恨振り逃がし”のベスト5には間違いなく入りますね〜(笑)。
で、この時の悔しさから、翌1997年にはキベリ狙いで”週末信州”実行しましたが、まさかの目撃もなし。
で、餅をついて翌1998年にも行って、ここでようやく”ほんまの初めてのキベリタテハ”。
この時は本当に嬉しかった。
で、翌年は行けず、最後に採集したのが2年後の2000年。標本は全てこの時までのものです。

その後なかなか行くことすら出来ず、次に行ったのが2009年。
この時は撮影目的でしたが、この時も1頭いただけなんですよねぇ〜・・・。
そして、その次が一番最近の2015年ですが・・・・雨。
そう、何故か?私が行く年はたくさんいてくれない・・・。
う〜ん・・・・一度でいいから・・・・
思いっきりたくさんとまでは言いませんが、それなりのキベリタテハに・・・・出会いたいなぁ(笑)。
初めてのキベリタテハ_c0065260_17245514.jpg
初めてのキベリタテハ_c0065260_17250720.jpg

by nomu376 | 2018-08-25 17:25 | なんやかんや | Comments(8)